FC2ブログ

歴史

歴史 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝から降り出した雨は、途中からみぞれに変わり現在は
ベタ雪となりひたすら降り続いています。
ただこれから日本海岸南部をはじめ、明日にかけて同等の
各地へ暴風雪となり、荒れた天気になる見込みです。
すでに運航を取りやめてる交通機関もあり、直撃を受けること
を予想される地方の学校は、休校を決定している。
該当する地域の皆様ご注意ください。
HOTバスツァー 004
人気の朝ドラ「まっさん」も余市を舞台に戦時中の混乱を描いて、
いよいよ今月末に完結するようです。
工場を舞台にニシン御殿が出てきたりリンゴ園が映されたり、見たこと
のある馴染みの風景を含めて楽しんでいます。
HOTバスツァー 008
ウオトカや芋焼酎を飲むようになって、しばらくウ井スキーから遠のいて
いましたが、このドラマを機会に少量ですが戻りつつあります。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日曜日ふとスィッチ入れたBSテレビにジョン・ウエインのカウボーイ
姿を見た。懐かしさと相変わらず恰好よさに見入ってしまった。
「大列車強盗」というタイトルで、数人の仲間と旅をしているがやはり
あの体格とみなぎるオーラは、吐出していて爽やかに見える。
yjimage.jpg
ともかく私達の子供時代のテレビは、プロレスに相撲、正義の味方が
出て来るヒーロー物、アメリカ映画といえば西部劇と戦争もので、その後
映画のリメークが出てきたころにジョン・ウエインの「幌馬車」や騎兵隊もの
などで、その恰好よさのファンになった。
この俳優さんに関していえば、西部劇と戦争ものしか見たことがないくらい
役柄が決まっていた。
「アラモの砦」なんてまた見たくなりました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

雪まつりが来るたびにその会場で連動して行われるのが、北方領土
の返還運動キャンペーンと署名活動です。
丁度まつりの期間中に「北方領土の日」2月7日がダブルことからです。
DSCN8870.jpg
さすがに今朝の北海道新聞では、2面を使って特集記事が組まれていました。
ちょっと一言言いたいのは、これだけの紙面でこの記念日が今年で何回目か
意識的に捜したのだがmどこにも見当たらづ、独自に調べてみた。
この日が国会で決議され施行されたのが1980年だったことから、今年は
35回目と理解できた。
意外に古くないことに気が付いたのです。
DSCN8871.jpg
その間ビザなし交流も長く行われて来たし、長い歴史のなか期待が高まっり
その期待が落胆に変わったり、関係者の皆様にはまさに苦悩の70年間だった
と言えるでしょう。
色丹島を舞台に制作されたアニメーション映画は、両国民から評価を受けて
いるようですが、これらの島の問題についても良い解決方法が見つかること
期待したい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

42年前沖縄は、アメリカから返還されたのですが、その節目の今日
改めて考えてみて、完全に返還されていないという現状が悲しい気が
がする。様々な意見があり今外交上問題が有り過ぎる、中韓問題にも
議論が及んでしまいます。
DSCN1117.jpg
20代の前半のころ知り合った沖縄出身の友人は、そのころよく語っていたことは、
「同じ年代でも私たちの戦後はまだまだ遠い」ということでした。
確かに学生時代に旅行した復帰前の沖縄には、パスポートではないが
似たような総務省発行の身分証明書の携行が義務付けられました。
DSCN1120.jpg
特に外国的扱いを感じさせられたことは、検疫手続きの厳しさでした。
その後道路の走行ルールも本土並みになり、通貨も日本円に統一されたり
となっていますが、基地問題を中心に様々な矛盾が多く残されています。
全ての問題が解決されるまでには、想像がつかない時間がかかるのでしょうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

気温の低い朝でしたが、空は蒼く晴れています。
DSCN0799.jpg
昨夜のテレビ報道は、「秘密保護法」に関する国会中継に終始していて、結局
与党のシナリオの通り成立しました。
国会の中でもその外や全国各地で、多くの反対行動が繰り広げられていた最中でした。
DSCN0800.jpg
一夜明けて新聞の各紙面は、かなりの部分がこの関連記事でした。
さて、72年前の出来事を振り返ると、1941年12月08日の未明
(ハワイ時間07日)に真珠湾攻撃が決行された日でした。
「ニイタカヤマノボレ」という暗号電文が稚内の通信所から打電されたといいます。
そしてそのヤマは現在台湾にある玉山のことで、真珠湾を奇襲した日本艦隊が訓練を
して、出港した地は当時の択捉島の単一湾です。
その4年後我が国は敗戦という現実を受けとめて、戦後68年を過ごしてきました。
なによりも平和が一番です。
現在ある日本海や東シナ海で起きている領土や領海に関する問題を、それぞれの相手国
とどのように向き合うか、単純に自らの主張を繰り返すばかりではない、現実的な交渉
が出来ないのだろうか。
相変わらずアメリカ抜きの外交交渉とは行かないのでしょうか。
このような環境だからついつい考えてしまいます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。