ビザなし交流・ロシア側の考え方?

ビザなし交流・ロシア側の考え方? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝も寒い!そして風が強く吹いて冷たい!
手稲山
手稲山が霞んで見えていますが、麓の部分に雲がかかり頂上部分が浮いて見えます。
この景色も珍しいのですが、画像がボケているのか霞んでいるのか?
ともかく出勤時の風は冷たかった。
さて、現在ユジノサハリンスクで行われている今年のビザなし渡航の計画を話し合う日ロ代表者会議で、
ロシア側が交流の内容や手続きに対して今までにはない強硬な態度にでてきて、会議が難航しているという。
例えば対話集会で領土問題を出すなとか、日本から来る船に入港税をかけるとか、税関申告書・入国カードの記入など
今まで求めなかった通常の手続を要求しているようです。
わたしの知る限りわが国は、この事業に多額の国家予算を投入して、北方四島へ行く人にも向こうから来る人達に対しても莫大な金額を使ってきています。
今回の会議のロシア側の要求がこのように強行なものなら、この事業は長年どのような結果を期待して行われてきたのか?。長年行われているのだから、途中途中で事業の成果や見直しができなかったのだろうか?。
そして、現在のロシア側がどのような目的でこのような提案を出してきているのか、知るための努力が必要ですね。
それでなければ、安易な妥協でこの事業を進めていけば、ただ無駄と思われる出費がこれからも出てゆくばかりのような気がします。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/926-1cc3b053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。