やはり気になっていたこと・・・・

やはり気になっていたこと・・・・ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨夜から今朝にかけてのテレビ報道と新聞報道で、頭の中のモヤモヤが「やはり」と落ち着いた気になりました。
あの日は、朝から津波に関するテレビ報道を各社を見比べていた。
特にNHKが主体だったと思う。
第一波の時間が画面にでて、私も緊張してその時間を不安な気持ちで待ちました。
テレビ各社の画面は、港から各地の海を映し出していて、それぞれのレポーターも海水に変化が見られないことを伝えていました。
その時は、一時的にホットした気にもなりましたが、やはり第二波や第三波が更に高波に変わることも伝えられていました。ところが正直私でも感じたのは、だんだん緊張感が和らいで行くことでした。
当然、海辺に居られる方々はどうだろうかと、その時思いましたがやはり避難勧告や指示を無視して、非難しなかった人も解除されてもいないうちに帰宅した人が90%以上もいたという、結果が出たのでしょう。
もし3m以上の津波が来ていたら?、当然大きな被害と犠牲がでていたと考えると本当に恐ろしい!!。
何をどのように変える必要があるのでしょうか。
気象庁の初期の予報をリアルにするのか?
各都道府県や市町村が、もっと直接的な行動で避難を誘導するのか?
各報道体制の方法を考え直すのか?
なにせ、住民に避難を伝えることさえ行わなかった自治体まで出てくる始末。
みんなで、反省しなければなりませんね。
そのためには、まず国の危機管理体制が態度を表明して、地方自治体に呼びかけして報道機関にも報道の方法を検討してもらい、国民にも災害に対する強い呼びかけを徹底する構えを伝えてください。
例えば、避難指示が避難勧告よりも拘束力があることを・・・・・・。
グジェリ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/918-525a4526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。