FC2ブログ

寝台特急「オケアン号」

寝台特急「オケアン号」 に関する記事です。
ウラジオストクでの仕事を無事に終えて、次の目的地ハバロフスクまで時間を合理的に使い夜行列車で移動しました。
鉄道1
「オケアン号」は、通常14両編成で約11時間の列車の旅が楽しめます。
前回2年前には、一人旅でしたからゆったりとレストラン車輌で食事をして、VODKAの酔いを頼りに熟睡してハバロフスクに到着しましたが、今回は団体行動のため夕食後に乗り込みました。
鉄道2
グループの皆様は、それぞれのコンパートメントにおさまりくつろいでいるかと思っていたら、何とあちこちから何時の間に買出ししたのか、ビール+VODKA+様々なおつまみを持って、あたかも修学旅行列車を再現する光景になっていました。
正直いって全員がそんなに長いお付き合いではないはずですが、もうすでに親しい友人同士の宴会が繰り広げられていました。
そこには、注意する引率の教師もいませんでしたが、さすがに近くのロシア人があきれた顔で「シーッ」と注意。
それでも宴会は、12時を回っても続けられました。
まさかハバロフスクんまでの距離が、こんなにも近く感じられたのは初めてでした。
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんばんは☆
sugiyamenkoさん、こんばんは☆
ウラジオストクはお天気よかったんですね。
宴会列車、めっちゃ楽しそうです(^o^)/
よっぱらってもすぐ寝れるし
夜行列車はやっぱり時間的にむだがないですよね(^o^)b
2009/10/30(金) 22:09 | URL | ミーシャ #qjB1hLsQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/808-8b552f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック