今も残る日本の面影

今も残る日本の面影 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

生まれ故郷を訊ねてサハリンを旅する方達と同行することが多く在ります。
期待と不安を持ちながら行かれる方の、その時の緊張感が良く理解できます。
今回もホルムスク(旧真岡)へ行く途中、旧二股生まれの方と同行しました。
二股
その方は、この景色を憶えていたようです
真岡方面に見える山をみて、この景色と・・・・・立ち止まりました。
戦後64年経ちますから、おそらく幼い頃が蘇ったのでしょうか。
そしてもう一つ驚いたのは、畑の中に残された頑丈な建物を見て「奉安殿」といいます。
奉安殿
私は、サハリンで多くの残されたこの手の建物を見ているので判ります。
しかし戦後生まれの方々には、説明が必要なのでした。
ここは、学校の跡で奉安殿とは、当時天皇陛下と皇后陛下のお写真が飾られ、登下校の際必ず立ち止まり頭を下げご挨拶をすることを義務づけられていたのだそうです。
もう日本では見られないもので、私達の年代が知りえる二宮金次郎の銅像も消えてしまいましたね。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/29(火) 21:29 | | #[ 編集]
Re: 憧れのサハリン☆
> こんばんわv-237SUGIYAMENKO様のブログを発見してからというもの、ステキな写真や記事に憧れのサハリンへの思いが募るばかりですv-238『サハリン冬紀行』の申し込みも考えましたが、同行者がおらずに断念…。一人でも参加できる企画があればまた宣伝して下さいませ。これからも更新を楽しみにしていますv-237
たまふく様
コメント有難うございます。
サハリンは現在秋の紅葉シーズンです。
この後雪が積もる冬のサハリンも私は大好きな季節です。
冬のOFFシーズンは、当然OFF料金が適用になり安い旅行ができれば、その分ロシア料理のグルメも楽しめると思います。
またブログで、いい所をご紹介いたします。

2009/10/01(木) 16:22 | URL | sugiyamenko #Sm/ug.UM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/788-2bd91dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。