FC2ブログ

サハリン鉄道の旅(3)

サハリン鉄道の旅(3) に関する記事です。
北サリンへの旅の目玉は、北緯50度の旧国境線までコースでしょう。
北へ向かう道路は、砂利ではなく砕石がまかれている道路の為、現地の借り上げバスで走るとかなりマッサージ効果があります。
勿論ほこりをたてながら畑や林の中をガタガタと、行き交う対向車も少ない道をひたすら走ると、所々に戦争に使われたトーチカが朽ち果てた姿をとどめている。
それらと交互に戦後建てられた、平和祈念碑や慰霊碑が目に入ってくる。
祈念碑
日本時代の国境警備の街「半田沢」を越えるとそこに北緯50度線を示す記念費碑がある。
一応北緯50度を示してはいるが、戦後ソ連がが建てた「第2次大戦で南サハリンを日本から開放した」と、私達の側では納得の行かない文章が書かれている。
戦前は、ここからサハリン島を横に区切り国境としていたのです。
もう私達の年代ぐらいまでの話題になりますが、岡田嘉子さんの逃避行の舞台だったところがここです。
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/675-22c5b86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック