グジェリの花瓶

グジェリの花瓶 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

グジェリ花瓶の中で一番大きなもので、たて30cmXよこ20cmあります。
多分1995年頃手に入れたような気がしますが、その頃サハリンにはロシア土産が殆どないと言われていました。
花瓶
その通りで、旅行土産専門店などあっても小規模で、ほとんど少ない在庫でお客様を満足させる物も少ない時代でした。
ところが突然、私がやツァーのお客様が利用していたホテルに、それなりの規模のお土産屋さんが開店したのです。グジェリ・ホフルマ・琥珀のアクセサリー・プラトーク・絵画・少数民族の民芸品・サモワールなどなど、これには観光で来られたお客様もある程度満足されるようになった。
その際、私に挨拶に来られた店の経営者は、以前サハリンテレビのアナウサーだったと言う。
彼は、モスクワを含めてロシア土産を仕入れて、サハリンで観光土産店を繁盛させた。
それから15年に「なりますが、スベニールショップ「ゲルメス」は、今も健在です。
私のコレクショングジェリの大半は、殆どこの店から買ったものでしょう。
事務所に訪れるロシアのお客様は、そのコレクションを見て、まるでマガジンのようだと言ってくれます。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/601-6ade1613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。