FC2ブログ

サハリンの鉄道

サハリンの鉄道 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

かつてサハリンの鉄道では、日本の車輌が走っていました。
観光用貸し切り「D51-4」は、鉄道ツァーの目玉として活躍しておりましたが、すでに取り替えようの部品も底をつき、今では駅構内にひっそりと置かれたままになっています。
日本の車輌
せめて、その名残りを留めるのは鉄道文化会館の前に置かれた静態保存のD51と、最近整備された駅構内の旧車両の展示場のみです。
ここで一目をひくのは、日本から贈られたキハ58の車輌でしょう。
その年代の方には、おそらく懐かしい姿がサハリンで出会えるでしょう。
日本の車輌2
かつて私も中・高時代の通学は、このディーゼルカーにお世話になりました。
そしてここに贈られた車輌には、盛岡・新潟などと日本時代に走っていた名残が残っていました。
もうすっかり現役から姿を消し、展示用としてここに姿をとどめています。
ところがいまだ現役を続ける「D2]という車輌もあり、近郊の路線で現役の姿で働いています。
それは私の学生時代東京都内を走っていた、その姿が懐かしく思い出されます。
サハリンの鉄道は、現在急速に広軌化を進めていて、狭軌を含めた3本のレールの敷設が進められています。
また来年は、閉鎖されていた旧豊真線のループ橋と「悪魔の鉄橋」行きが運航可能になりました。
但し、団体旅行にのみ企画が可能です。
詳しくは、弊社へお問い合わせください。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/457-ad32d44d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。