あって欲しくないもの→相撲協会の一門閥 

あって欲しくないもの→相撲協会の一門閥  に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

初場所は、琴奨菊の優勝で日本出身力士の面目を回復した相撲ですが、
今度は相撲協会の理事長選挙の問題がニュースになっている。
昨年押し迫ってからの前理事長の急死による新体制でしたが、定例の人事
が始まってみると、まずは理事・副理事選挙が前段で行われその結果を大きく
決めるのは、昔から継承されている相撲部屋の一門閥なのです。
相撲絵巻
宮城野部屋、時津風部屋、高砂部屋、二所ノ関部屋などと私でも知っている部屋や、
まったく聞きなれない部屋もあるようですが、そこに昔からの親方の存在ろ弟子の
存在がそこにあり、協会の役員などを決める際にはほとんどがその系列の意見が
通るようで、まさに政治の世界の政党+派閥と代わりのない世界なのです。
そこには存在するのは、現役中どこまで頑張ったかの功績ではなく、どこの部屋に
所属しているのかが、引退後に親方として残り協会の役職に関わる際の必要条件
になっているようです。
だから、かつて名力士が必ずしも協会に幹部になるとは限らないのだろう。
土俵の上なら実力の世界なのだが、協会に関してはその限りではないのが残念に思う。
現在活躍中の外国出身力士の多くは、なかなか協会の役員にはなれないのでしょうね。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/2263-4a6437e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。