半世紀ぶりに同窓会

半世紀ぶりに同窓会 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

私のふる里は上砂川町で、今では典型的な炭鉱閉山後の過疎の町です。
久しぶりにふる里を訪ねても、炭鉱の社宅であった建物は一部の地域を
除いては、全て取り壊されていてなにもない原野に戻っていました、
ふるさと 011
炭鉱全盛期のシンボルであった中央立て坑は、閉山後「無重力体験実験場
として注目を浴びましたが、今ではその役割も終えています。
昨夜の同窓会は、全国に散らばって行った学友たち66名が集合しました。
最初はお互いの顔を確かめ合いながら盛り上がりに欠けていましたが、なんと
すぐに会場はあちこちで笑い声が広がりました。
そして、参加者名簿を頼りに【会いたい人を捜しまわる光景も見られました。
もう~もう、気持ちはタイムスリップしてしまいました。
2次会は、さらにそれぞれが溶け込んで行くように、会場内はわいわいがやがやです。
久しぶりに時間を忘れてしまいましたが、ふと幹事の立場にもどり閉会を宣言すること
なりました。いまもまだその余韻が抜けていません。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/2138-3e21ec07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。