テレビ生中継のトリック

テレビ生中継のトリック に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日の大相撲テレビ中継のトリックについて書いたら、昔体験
したボクシングのテレビ中継のことを思い出して、またまた調子
づいて暴露することにしました。
チューリップ 004
もう30年以上も前の古いお話しですが、当時仕事の関係でプロボクシング
の世界タイトルマッチを手伝うくとになり、前日から会場に行き支持された
準備をしていました。
チャンピオン具志堅用高対挑戦者マルカーノのカードでした。
当初の評判に反して入場券の売れ行きは、かなり苦戦していました。
そして当日になってもチケットの売れ行きは厳しい状況でした。
チューリップ 003
ご承知の通りボクシングの興行は、明るい時間に前哨戦から始まり夕方にかけて
セミファイナルそしてメインイベントへと行くのですが、いつになっても客席が
ガラガラ状態でした。
リングサイドもグルリとリング取り巻くアリーナ席のまばら、いよいよテレビ中計が
始まるギリギリになってテレビディレクターが動いた。
メインのカメラの方角のお客を彼の指示通りに移動させ、まさにカメラの位置を
固定させて、ある一定の位置に観客を集めてしまったのだ。
リングサイドにいる私には、なにがなにやら判らないでいるとテレビ中計が始まった。
気になる関係者の席をのぞいて見ると、そこのモニターテレビに映る映像はなんと
満席の会場でプレーする姿があるではないか!。
これがテレビカメラのマジックだったのです。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/2117-7b0adefa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。