あれから20年

あれから20年 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

震災前と震災復興後の神戸を見ているので、毎年この日が来るとあれこれと
震災について考える機会にしています。
震災の5年まえからロシアの客船を神戸に向かい入れて、名古屋や東京・横浜・小樽
へとクルーズをコーディネートしていました。
そしてあの震災当日は、朝目が覚めてからのテレビにくぎづけにされてしまいました。
テレビ画面で見る三宮や折れたり曲がってしまった高速道路や、自分の知る神戸は
現実とは信じがたい光景でした。
そして。7年後に訪ねた神戸は、何もなかったように早い復興を遂げていて驚かされました。
DSCN8832.jpg
同じ年の5月28日の未明サハリン州北部の街ネフチェゴルスクで起こった地震は、3,200人
の街の人口の1/3の人々の命を奪いました。
神戸の震災の時、クルーズで神戸を訪れたことのあるロシア人達から「、見舞金を
託されたこともありました。
ネフチェゴルスクの震災後現地から離れたユジノサハリンスクで、ロシア人の友人たちと
そのことについて話し合ったことも思い出させられます。
いつも危機意識を心のどこかに持つことが大事なことですね。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/2040-7ee9aaa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。