菅原文太さん逝去

菅原文太さん逝去 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

高倉健さんを偲んで、その時々の作品をテレビで見続けていましたが、
今日いきなり同じ時代を生きられた俳優菅原文太さんの訃報を聞いて、
やはり早すぎると思い残念でなりません。
DSCN8822[1]
振り返れば、1989年5月のサハリン行不定期船の第一便で行った際、同じ
ホテルでお会いしたのをきっかけに、その後奥様の制作会社からいただいた
仕事の関係でお付き合いが始まり、主演映画の舞台挨拶の際の夕食などで、
ご一緒したり、東京の事務所へ伺った際に有名天婦羅屋さんでご馳走になってり、
体へお世話になりました。
たまたま奥様が函館のご出身ということで、余計に親しみが感じられたことなどと、
そういえば、文太さんの仙台出のご友人のA新聞社北海道支社長をご紹介いただいたり
ということもありました。
そして悲しい出来事もありました。一人息子さんがアメリカから戻られたにも関わらず、
事故で急死されたことなども・・・・・・。
あらためて、心よりお悔やみ申し上げます。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/2017-f08d3f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。