フェリー「サハリン9号」

フェリー「サハリン9号」 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

1989年稚内~ホルムスク間の定期チヤーターフェリーの運航は、
SASCO社所有のサハリン9号で始まりました。
この出来事により私の人生の後半は、ロシアと深いかかわりを持つ
ことになりました。
013.jpg
今回の往復フェリーは、3隻のうち往復とも「サハリン9号」でした。
客室、食堂、エンジン音やデッキから見渡す景色のそれぞれが、25年ぶり
の懐かしいことばかりでした。
サハリンに限ったとしたら、この船が原点となりその後他の船へと変わり
現在の仕事に大きな影響をうけて行きました。
010.jpg
ホルムスクのフェリーターミナルも、外観こそ塗り替えられていますが、
当時と変わらない面影が残っています。
この港町も建物があちこちで建て替えられていますが、町全体の風景は
昔のままです。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/1920-6743a7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。