中国製食材・・・やはり怖い話題

中国製食材・・・やはり怖い話題 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

フカヒレ
しばらく忘れかけていた中国の食材の問題が、別なところでまた話題に
なっています。
一つ目は、高級食材のフカヒレのまがいものが摘発されたという。
富裕層狙いの手の込んだ悪徳商法のようです。
まがい物の材料は、食用ゼラチンや塩化カルシュウムを使い見た目は、本物
そっくりに作られかなり安値で、レストランに売られていたらしい。
特に味付けを重視する中国料理では、見た目さえしっかり似ていれば、騙され
ること間違い無しだと思います。
さて二つ目は、輸出用の鶏肉についても問題がおこっています。
鶏肉
アメリカの大手ファストフードチェーンが輸入していた中国産鶏肉が、その
生産方法について問題が指摘されました。
なんと、孵化からヤク45日という短期間に製品として育てられていた鶏は、24時間
照明が点灯される環境で、成長促進剤や抗生物質を大量に投与された薬漬けだったという。
ロシアでは、すでに中国食品のチェックが厳しく行われていますが、アメリカは、
意外に甘かったようですね。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/1620-2b9b49c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。