南極探検で活躍した樺太犬

南極探検で活躍した樺太犬 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

明治時代に行われた第1回南極探検隊の中で、隊員を助け物資の輸送などに
大活躍したのが樺太犬でした。
fuyu1
しかもこの樺太犬は、旧樺太で現在のサハリンオホーツク海の沿岸の落帆村
現在のレスノエで樺太アイヌによって訓練を受けたのでした。
してこの地域は、現在もオホーツク海から遡上するマスや鮭の孵化上があり、
大変自然に恵まれたところで、有名の観光地となっています。
釣り1
冬になれば、流氷が入り一面雪の原になることから、南極の環境を想定し訓練地と
なっようです。
今も2~3月にかけ、この流氷の上で多くの市民がキュウリ魚やコマイ釣りに
やってきます。
また訓練地の跡には、小さな記念碑が置かれています。
来年のサハリンツァーのコースに入れてみたい場所の一つです。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/1579-04112eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。