FC2ブログ

樺太資料館

樺太資料館 に関する記事です。
久しぶりに樺太資料館を覗いてみた。
道庁赤レンガ庁舎2階の一室に、数々の資料が当時の生活や歴史の流れを紹介している。
間宮林蔵

やはり出だしは、間宮林蔵の功績が銅像と共に詳しく紹介されている。
赤レンガ庁舎自体が歴史的な建造物だが、その中にかつて多くの日本人が暮らした郷愁の地樺太を偲ぶコーナーも見らる。
普段仕事で訪れるサハリンの当時の様子を見ることは、いつも新しい気持ちにしてくれる気がする。
亜庭丸

終戦まで稚泊航路(稚内=大泊)に就航していた「亜庭丸」のレプリカも展示されている。通年を通して運航されていたため、砕氷船だった。
現在、稚内港にもコルサコフ港にもその面影が残る。
たまたまこの日は、北海道とロシア極東3地方との合同会議が、同じ2階フロァの会議室で行われその帰りに立ち寄ってみた。
当然、会議のテーマの中にフェリー航路の利用促進も話し合われた。
私が見ている間、明らかに樺太出身者と思われる年代の女性が一人熱心に見入っていて、帰りがけにアンケート用紙に念入りに記入している姿が印象的だった。
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/154-934057b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック