一竹辻が花in北海道

一竹辻が花in北海道 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

呉服に興味のある方ならご存知かと思いますが、巨匠久保田一竹が描いた「辻が花」
の存在は、余りにも有名なものです。
今朝いきなり北海道新聞の朝刊で、山梨県河口湖の美術館とその中の作品「辻が花」
を、一括ロシアの富豪が買い取ったという記事をみてビックリ。
辻が花
そして、5月13日~14日苫小牧グランドホテルニュー王子。
5月17日~19日在札幌ロシア総領事館で、その作品の一部が展示されるという。
実は、私若いころのお話になりますが、サラリーマン時代でしたが京都の呉服業界の旅行企画を
担当させていただいていた時期がありました。
例えば、加賀友禅や能州紬の産地展示会とか、京都観光と西陣織元見学だとか、全国の着物の産地
を巡るツァーなどの仕事をしていました。
その時出合った「辻が花」は、やはり展示会の目玉となる作品でした。
呉服であっても広げられて飾られ、そこに描かれているものは、絵画といえる鮮やかなものでした。
その仕事からもう30年以上も離れていましたが、札幌の会場へは是非足を運びたい。
しかもロシア総領事館で、着物が飾られるということにも因縁が感じられます。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/1413-ce861945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
呉服に興味のある方ならご存知かと思いますが、巨匠久保田一竹が描いた「辻が花」の存在は、余りにも有名なものです。今朝いきなり北海道新聞の朝刊で、山梨県河口湖の美術館とその中の作品「辻が花」を、一括アの富豪が買い取ったという記事をみてビックリ。そして、5月1...
2012/04/23(月) 15:46:23 | まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。