日露戦争 樺太作戦

日露戦争 樺太作戦 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」は、司馬遼太郎の原作を先回りして読んでみても、
映像を通しても興味深く見ています。
先週の「203高地」だけでも一つの映画の題材となりうるものを、更にいよいよ始まった
「日本海海戦」もまたこれも一つのドラマで、終戦後にアメリカで行なわれた「ポーツマス
講和条約」も、もう一つのドラマでと言えるでしょう。
そして、その間に行なわれたもう一つの戦闘は、樺太作戦だったといえるでしょう。
講和条約の話し合いの前に樺太を得ようとして、行なわれた樺太作戦は、軍の内部でも賛否が
分かれていたが、実行されたのです。
旅順で多くの兵を失った七師団に加えて新設の13師団で編成された旅団は、亜庭湾岸の女麗の海岸
から上陸して、南樺太を占領してしまう。
ポーツマス講和条約の内容が話し合われる前に行なわれた軍事行動でした。
この時点で日本は、ロシア人を北サハリンに追いやり、第二次世界大戦終了の1945年8月まで統治を
続けたのでした。
ガス基地
ここは、現在のプリゴロドノエ(旧女麗)で、サハリン2の掘削基地から送られてくる天然ガスを、
急速冷凍で液化しガス専用タンカーに積み込みをする、重要な基地となっています。
記念碑
こちらの写真は、そのガス基地を見わたせる丘に「樺太遠征軍上陸記念碑」が横たわっていて、そこには、
第七師団鯉登中将の名が記されています。
現在、この周辺に数少ない歴史的な観光コースになっています。
その他、州立博物館の庭には、当時使われた日本軍の大砲なども展示されています。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/1325-1f7d3f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。