FC2ブログ

ポロナイスク(旧敷香)古いもの新しいもの

ポロナイスク(旧敷香)古いもの新しいもの に関する記事です。
サハリン東海岸の中心的な街ポロナイスクは、街のあちこちに日本時代の古い面影を残しています。
かつて日本統治時代に経済的にも有名な産業、王子製紙工場の跡も巨大とはいえすでに老朽化した
廃墟とも言わざるをえない風景です。
工場
ここへのアクセスは、なんと言っても鉄道の利用が便利で長距離列車が利用されます。
かつて戦前日本が引いていた線路は、ここが終点でした。
戦後同じ幅のレールを旧ソ連が北へ向かって延ばしていったのです。
駅
3年ぶりに訊ねてみて駅舎が新しくなったことに驚きました。
多分この路線の駅舎として、このような新しいものは他には見られないと思います。
そして、市立博物館も比較的新しい建物で、主にこの地を有名にした〔オタスの杜」に関る北方民族に
関する展示物が多く見られます。
博物館
北海道北見市と姉妹都市の提携を結んでいます。
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/1220-78700b84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック