北方四島ビザ無し交流

北方四島ビザ無し交流 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

北方四島ビザ無し交流が始まって今年で20年になりました。
私がサハリンへの不定期航路の運航を始めた後でした。
サハリン
その頃の状況を振り返ってみますが、お互いに初めてのの試みに将来を託して大きな期待を持っていたと記憶しています。かつて四島に住んでいた方々には当然ですが、ロシア側の島民達も日本との交流に対して、様々な期待を持っていたと思います。
モスクワからとてつもない距離は、島で生活する住民にとっては生活物資の不足や、居住環境の悪さに耐えきれない人々の本土への移住など引き起こしていました。
ところが、彼らにとって日本へ渡航するチャンスに恵まれ島では買うことの出来ない買い物のチャンスや、素晴らしい観光旅行が実現してゆきました。
四島
20年間の様々な経緯の中で、評価されるべきこともいくつかあったようにも思えますが、今20年を迎えて現在の両国の関係や領土問題の解決の見通しがどうなっているのだろうか?。
一時的にわが国の政権交代で、日ロ関係の改善に大きな期待がかけられたようですが、最初の総理大臣も結局有言不実行のまま退任し、二番目の方も外交が苦手のようで、現在震災と原発事故の復興に対しても各方面から即時退陣を迫られているしまつ。
そんなどさくさの中で、竹島問題で対立している韓国の国会議員が国後島へ行こうとしている。
わが国政府は、抗議文を送るだけではなく日ごろからこのような問題の解決姿勢を示すべきと思います。
そして、ロシア・中国・韓国などそれぞれの国に対して、国会議員の中でそれぞれの国の誰かと友人関係を築ける人材を、外交関係に配置すべきではないか。
今の状態ならば、残念ながらわが国は国際社会の流れから孤立するような気がして心配です。
???心配し過ぎでしょうか?。



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
孤立している日本外務官僚たち
 政治屋にも国際化を理解していない輩が多いから外務大臣もまともな人材が育たない。 外務省もソ連・恐怖感から抜け出さないまま、ロシアに移行したので「怖さ」が今だ先行していると考える。ロシアに派遣される大使級が「ロシア語も話せない」とは、情けない。ユジノサハリンスク市にサハリン大学・東洋学科で学んで外交官を目指しても遅く無い。 世界から舐められている。

 既得権益とプライドが高く血税予算はODAでばら撒く「アホ外交官」。外交官を3000名増員せよと・・・
馬鹿も休み休み言いなさい。

 北方四島には、ロシアビザを取得して正々堂々と渡航します。
2011/05/23(月) 15:53 | URL | サハリンマン #-[ 編集]
Re: 孤立している日本外務官僚たち
>  政治屋にも国際化を理解していない輩が多いから外務大臣もまともな人材が育たない。 外務省もソ連・恐怖感から抜け出さないまま、ロシアに移行したので「怖さ」が今だ先行していると考える。ロシアに派遣される大使級が「ロシア語も話せない」とは、情けない。ユジノサハリンスク市にサハリン大学・東洋学科で学んで外交官を目指しても遅く無い。 世界から舐められている。
>
>  既得権益とプライドが高く血税予算はODAでばら撒く「アホ外交官」。外交官を3000名増員せよと・・・
> 馬鹿も休み休み言いなさい。
>
>  北方四島には、ロシアビザを取得して正々堂々と渡航します。
コメント有難うございます。
与党の中で、ごちゃごちゃ揉めてる暇があったら、震災の復興と原発事故の処理と通常の業務にと高い給料を得ている国会議員の諸君にもっと働いてもらわなければ、国民は納得できませんね。
中国と韓国の首脳を被災地に同行させ、よくやったと思っていたらかなり甘い!考えでしょうね。
今回被災地に同行してくれた両国の首脳は、かなりのつわ者と思うべきですね。
もう一つ、政治主導をいまでも口にして官僚に仕事させないのなら、彼らの給料をもっと下げるべきと言いたい。それよりも、官僚の中にもまだまだ仕事のできる優秀な人間も必ずいる。
そう思いませんか。
また、機会があっつたら怒りましょう!!!。
2011/05/23(月) 17:31 | URL | sugiyamenko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/1182-caff3ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。