サハリン歴史・文学紀行

サハリン歴史・文学紀行 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今年も春からサハリンへのツァーを開始します。
特に今年のテーマは、歴史ブームに乗じて「歴史&文学に触れる旅」を実施します。
まず歴史では、江戸末期に樺太を探検した松浦武四郎や間宮林蔵の足跡の一部を辿るコース。
歴史1
歴史2
世界地図に日本人の名前を唯一載せた間宮海峡を発見するために、間宮林蔵が歩いた足跡。
北海道や樺太にアイヌ語の地名から後の地名を残した、松浦武四郎の様々な功績を振り返る。
また、文学といえばサハリン島を書いたA.チェーホフと、謎が多いが様々な行動を考えさせられる宮澤賢治の
樺太旅行も興味深い。
文学1
文学2
6月から実施します。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/1116-513d09a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。