ガガーリン公園

ガガーリン公園 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ガガーリン公園は、樺太時代の豊原公園です。
今では、池を中心に子供鉄道やテニスコート、ロシアバーベキューコーナーや子供の乗り物遊園地、スポーツスタジアムなど市民の憩いの場所です。
公園1
つい最近では、池の中から吹き出る噴水が作られました。
カフェや休憩所ができて、更に楽しめる場所になっています。
いたるところに日本時代の面影を残していますが、極めつけはこの池で当時は、王子製紙の工場に送る貯水池として使われていて、「王子が池」と呼ばれていました。
公園2
それを証明する石造りの名盤も残されていて、そのすぐ近くには小さな神社のお社の跡地があります。
この街もっとゆっくり見ると、古い日本時代の名残が発見できそうですね。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamenko.blog106.fc2.com/tb.php/1033-9f8fdc32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。