2015年09月

2015年09月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サハリン州南部の東海岸には、サハリン最大のトナイチヤ湖がありこの
一帯は、地元の人達にも外国人観光客にとっても観光の目玉のひとつです。
秋になると地元の釣りマニアの待望の秋サケ釣りが始まりました。
DSCN9311.jpg
最近許可制になった海のサケ釣りは、一日何匹かの許可を買いゴムボートに
載っての釣りです。
ただし、今年はサケもマスも極めて漁が少なくマニアも元気がありません。
DSCN9314.jpg
海から近くにあるイズメンチャイ湖では、9月から鴨撃ちが解禁になっており多くの
マニア達がテントに泊まり込みで、早朝と夕暮れのチャンスを狙っています。
すでに大量の鴨たちが居るように見えたが、これは鴨を集めるための「デコ」でした。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

仕事の休みを利用して、オホーツク海方面へ出かけてみた。
街中の天気と違い小雨が降っていて肌寒く、海岸で釣りをする人たちを
観察しながらも、寒さに耐えきれず車に戻ったのだが、この日も漁業監視員
がいるらしくタラバガニ売りの叔母さんたちの姿も見えない。
戻りの途中イズメンチャイ湖の鴨打ち様子を見たのち引き上げる。
DSCN9352.jpg
そこでj間調整を兼ねていつもの釣り場へきて、早速小魚を釣り始める。
やはりいつもの年に比べて、魚体も小さく楽しみが少なかった。
それでもロシアの友人はめげずに釣りを続ける。
DSCN9355.jpg
その後、時間を気にしながらかねてから準備していたピロシキと、増野スープ
(ウハ)をいただく。
初秋のサハリンの郊外で、きれいな空気とおいしいアウトドア料理に満足。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

まえまえから気が付いていますが、本当に気象がおかしくなっています。
気温は勿論のこと湿度も雨の降り方、雲の流れ方やなんでもおかしくなって
来ているようだ。
keshiki.jpg
それを実感したのが昨日のこと。昼頃に急ぎ買い物を思い立ってホーマックへ
出かけた。出がけに30分くらい夕立のような激しい雨が降ったが間もなく晴れて
お陽様が出てきたので傘を持たないで出かけた。
久しぶりのホーマックで、目的のもの以外にも買い物を済ませて外へ出ようとして
出口の手前で、あまりの驚きで足が止まった。
快晴の空が一転真っ暗に変わりそれは、普通の状態ではなかった。
その次に雷が鳴り出して、なんとそとに出ようとした前の人が足を止めたために
開いた自動ドアから、突風のような風が吹き込んできた。
入口付近の小物が風邪で飛び散った。
その後ドアのスイッチは切られ回復を待ち、30分くらいで明るさが戻り雨の中を
帰宅したのだが、今でもあの急変した空の真っ暗な恐怖は眼に残っています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

食欲の秋、前の晩は久々に長い付き合いの店主が居るとと聞いて
ロシア料理店で、季節の魚のおつまみやスープなどにVODKAで
満足でした。
一夜明けて予定通り山を目指して出発しました。
前の日と違いお陽様が心地よく朝のうちは、冷んやりとした空気で
した。車窓には、見慣れた景色が流れて行き1時間弱で林道へ突入
です。
DSCN9344.jpg
今年はサケやマスの漁が少ないために、この林道を行きかう輸送の
トラックが少ないようだ。
先週末降ったといわれる雨の水溜りが陽に映えて眩しい。
DSCN9349.jpg
エゾ赤松の林を散策して、おむすびとお味噌汁で昼食を済ませて、また
午後も林の中を歩き回り、疲れたところで早めにハイキングを切り上げました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

秋晴れの札幌を後にして、千歳空港から今月2度目のサハリンへ
向かいました。
道内の上空は、気持ちの良い快晴で車窓から見る景色も心地いい。
曜日の関係で今日のフライトは、DHC8で乗客は極めて少なく、時間も
ジェット機よりも遅い。
ジュースが配られて、くつろいだ後に気が付けば紋別上空まで来ていた。
DSCN9341.jpg
海面に当たるお日様が目に眩しい。
ここまでく来ると残りの飛行時間は、残り20分くらいです。
DSCN9343.jpg
この後サハリン島の南端が見えるころに高度を下げて行き、ユジノサハリンスク
空港へ着陸しましたが、こちらの空は2段に雲が重なりそこを突っ切って着陸して
みると、なんと15℃で風があり寒いと感じました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

週末にかけて行われたフェアも終了して、月曜日はまる一日オフとなりました。
約束通り午前は郊外へ、午後は市内観光と買い物というスケジュールです。
オホーツク海方面は、さすがに月曜日で殆どドライブの車と出会うことなく、
海辺へ行ってみた。ところが、期待していたタラバがにの市場が閉鎖されていた。
おまけに普段はずらりと並ぶサケ釣りの人々もいない。
その代わり2台の漁業監視員の見慣れた車が、海岸を睨み付けるように停車して
いた。これじゃあ密猟者もカニ売りのおばさんも、本日休業でも仕方がない。
ということで、午前のスケジューるは小魚釣りを楽しんで、ピロシキにバルチカビール
をいただいて終了。
DSCN9336.jpg
午後は市内の主だったコースを回り、食品と民芸品の買い物をしてレーニン広場で
一休み。
さすがに月曜日で、人の集まりが少ない。
DSCN9339.jpg
名残の花々と噴水がいつまで見られるか、周りのナナカマドの実が赤く色づいています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

最初に訪れたのが、今から29年前の真冬でした。
雪道をジープで登るか、危険そうなリフトで冒険するかの選択でした。
「山の空気」の名称は、街の近くに新鮮な空気を吸える場所があるという
ことで、理解しています。
確かに真夏にでもここへ来るとひんやりと涼しく、吹く風も気持ちがいい。
DSCN9318.jpg
いまでは、19万人もの人口に増えたユジノサハリンスク市の全体を見渡せる
展望台は、今でも市民の人気スポットです。
DSCN9320.jpg
しかも、新しいスキーリゾートとして様々な設備が導入されて、冬の遊び場が
多くの人々を楽しませてくれます。
現在月曜日を除く毎日ゴンドラが営業中で、夏の観光にも役立っています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

9月に入りすぐにサハリンへ行っておりました。
前半は雨模様でしたが、後半は秋晴れに恵まれました。
朝晩は涼しさというよりもひんやりとした気温になりました。
DSCN9309.jpg
仕事のオフにトナイチヤ湖方面へドラィブに行き、爽やかな秋を感じてきました。
いつもなら波の立つ湖面も穏やかな美しい風景に癒されました。
もう一つの目的だったタラバがには、漁業監視員がうろついていたために、市場も
閉鎖していて残念!!!。
DSCN9315.jpg
サケ・マスの密猟者達も姿を見せず、穏やかな漁村の風景がのどかな雰囲気。
こちらは、イズメンチャイ湖ですが今は、朝夕の鴨撃ちが解禁されて鴨を待つハンター
達が、テントの中で休憩中。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。