2013年06月

2013年06月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

市内の中心部ミーラ通りに面していて、古くから市民のデパートとして
時代ニ適応して、様々な模様を変えてきているところです。
かつれのソ連時代には、食料品を中心に衣類や生活必需品が多く売られて
いましたが、いまや高級品のブティックや貴金属店がテナントとして、入居
しています。
サハリン 008
正面入り口前の広場も今でわ様々な商品が陳列されるスペースに変わり、
カラフルな賑わいを見せています。
サハリン 009
その前に建つプレハブの店舗には、CDショップや本屋などと自転車が展示されて
いて、日曜日ともなれば子供連れの家族が多く集まります。
サハリン 010
そしてその裏側の会談を降りると、小さなルイノクがあり食料品や生活用品が
たくさん並べられています。
観光のお客様の歩く姿も見られます。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

市民の食料とか生活出需品が、デパートやブティックへ行かなくとも
しかも格安で買えるルイノクは、かつてバザールとか自由市場として
観光コースにも含まれていました。
ただその頃は、露天で別名「青空市場」という素朴な風景が見られました。
サハリン 006
経済成長が進むなかで、衛生的な面や税金の徴収のための売り上げ管理などを
理由に、現在の建物の中に入居してしまうと、テナント料や管理費などの経費
がかかるため、商品の価格はそれなりに上がっている。
なかには、昔の面影を残す路面で山菜や自分の畑で採れた野菜などを売る、お年寄り
の姿がある。
サハリン 007
そのほか、かつてのロシア人が引き上げた旧市場の跡に、中国人が衣類や靴類など
を売る店がひしめいている。
どうも観光コースに入れることは出来ない気がする。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ユジノサハリンスク市内から空港方面へ向かって、シティーモールの少し
手前にあるカフェで、野外の施設は暖かい季節に限定されるロシア式バー
べキュー。
以前は小さなカフェでしたが、いつの間にか大きな建物にすばらしい野外
施設に変わっていました。同行したロシア人も驚いています。
サハリン 004
ビール・サラダ・シャシリークを試してみたが、肉の味付けも焼き具合の
全て合格です。接客もキルギス人女性がきびきびと動きまわっている。
サハリン 005
味も接客も施設の清潔感も言うこと無しで、お勧めできる施設です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日も晴れて朝から気温が上がっています。
当然2時間の時差があっても、朝の気温が20℃以上になっています。
今日は、少しだけ空いた時間を利用して、自然の中へ行くことにして
買出しをしてからの出発となりました。
サハリン 002
快晴の空は、鮮やかなくらいの青空が広がっています。
空気が綺麗なせいで、紫外線をさえぎるものは何もありません。
友人の釣道具を借りて小川へ行ってみたが、釣るに早い山女や岩魚の稚魚
ばかりでした。
サハリン 001
それでも綺麗なせせらぎと新鮮な空気と景色に癒されます。
様々な鳥の声にも気持ちが癒されています。
サハリン 003
そして待ちかねた昼のメニュー「さくらマスのウハー」が出来上がりました。
ロシア風の三平汁ですが、極めてあっつさりとした旨いスープに黒パンがよく合う。
このあたりの気温は、日当りの強さも手伝って29℃まで上がってきた。
束の間の休息ですが、少し陽に当たりすぎたからオホーツク海まで行って、
涼しい風に当たってから帰ることにする。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日の気温は予想通り24℃と暑い1日になりました。
港コルサコフでの仕事は、港関係者との打ち合わせです。
日ロフェリー 006
こちらでは、今年初めての最高気温記録することになって、みなさま
暑さにうんざりしている様子です。
日ロフェリー 007
いずれにしても、早く仕事を終わらせてこの暑さから逃れなければなりません。
そう言いながらも、初日の仕事に成果は、それなりに満足のできる結果が出た
ようで、満足というところです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日中の気温24℃と快晴の空に恵まれて、快適な航海をさせていただきました。
「べたなぎ」と表現させる通り、全くゆれのないまるで舗装道路を走る車のド
ライブのようです(ちょっとオーバーかな・・・)。
日ロフェリー 004
さてフェリーは、宗谷岬を越えてまもなく行くと日ロの中間ラインを越えロシア
領海に入りました。
ここでは、船内アナウンスで案内されるとともに、売店カウンターで「国境通過
証明書」を受け取ることができます。
乗船記念に是非いただいてください。
日ロフェリー 005
同時に「アインス宗谷」のスタンプも押してください。
しばらくすると左手にクリリオン岬が見えてきます。
いよいよアニワ湾に入ります。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日稚内で日ごろお世話になっている、役所や企業の皆様への挨拶周り
を無事に終えて、親しい方と和やかな時間を過ごしました。
やはり稚内はいい。対サハリンとの出発点でありお互い苦労を共にした
仲間の皆様との原点だけに嬉しい。
一夜明けて、国際フェリーターミナルからすぐにフェリーに乗船し、フェリー
の映像は撮っていない。
日ロフェリー 001
今日もロシアのお客様が多く、私達日本人が極めて少ない。しかもロシア人
乗客の売店での買い物も凄まじい。大事なお客様です。
日ロフェリー 002
出港してまもなく稚内港へ帰港する僚船「サイプリア宗谷」に出会った。
アインス宗谷と違いこの配色もいいですね。
本日の海は、まったくのなぎ状態です。
日ロフェリー 003
暖かい陽射しと心地よい風に、すっつかりいい気分になって、むしりカレイと
たこ薫で100円の免税ビールを飲んで眠ろう。
150円のミネラルウオーターと100円の免税ビールのコラボが気のなります。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

連日27~28℃の快晴の日が続いています。
それでもまだ冷房とはいかずに窓を少し開けて、ドアも少し開けて風を通しています。
日向を歩けばやはり暑い、できるだけ日陰を選んで歩いています。
狸小路 001
さすがに狸小路も屋根を半分開放して、風通しを良くしていますが、人の気配が少ない
ようです。
こう暑いとみんな地下街に潜ってしまっているかも知れません。
狸小路 002
いつも人が多く出入りする繁盛店HUGも、今日は人が少ないようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

YOSAKOIも終わり札幌市内も少し静かになりましたが、街の通りには北海道神宮
例祭ののごり旗が立ち始めました。
この光景を見るともう夏を感じるのですが、今年ももれなく暑くなってきたようです。
まつり 001
祭りは、14日の宵宮際から始まり、15日の例祭、16日のみこし渡御の3日間行われます。
別名さっぽろまつりと呼ばれ、古くから市民の楽しみな行事の一つでした。
大通り 005
現在の手稲山もすっかり雪が解けて、夏山に姿を変えています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日も暑い一日です。
昨日に比べて市内の中心部では、かなり人の出が多くなっているようです。
特に今日は、ファイナル日ということで、南1条西3丁目の通りを舞台に
貸切り会場が設けられています。
YOSAKOI 004
狭い会場だけにこちらでは、特に少人数のチームが演舞しています。
YOSAKOI 006
このように小さなグループにも参加が認められるようになったことは、これから
参加を希望するチームに道が開かれるでしょう。
YOSAKOI 005
さて夜になれば、大通リメイン会場の舞台で各賞の発表が行われます。
そして、街の通りには、すでに「北海道神宮例大祭」ののぼりがたっています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日のお天気は快晴気温27℃の恵まれた条件で、YOSAKOIソーラン祭りは、
本日から大通公園に舞台を移し、全ての参加チームが南北大通りの桟敷コース
の前で、晴れの舞台を披露しています。YOSAKOI 002
つい先ほど事務所へ出る前に、HOTな写真を撮ってきました。
踊る側も見る側も、この音楽と踊りの迫力にはたまらなく感動させられることでしょう。
YOSAKOI 001
この後明日には、それぞれの賞が決定し上位チームの踊りが披露される予定です。
YOSAKOI 003
ちょっと聞こえてくる情報によると、参加チームの数も人数も昨年よりも下回っているよ
うですが、このようなイベントは長く続くほど、そのときどきどきの変化を考えてゆく
必要があるはず。
そろそろ、変わって行く時期にきているのかも知れませんね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日ロフェリー定期航路利用促進協議会が企画した、マスコミ招聘ツァーに参加
していただいた(株)エフエム北海道のご好意で、サハリンに関する特別番組が
放送されることになりました。
サハリン 026
放送予定は、6月16日(日)19:00から60分 別冊BOND GIRL サハリンより愛をこめて
という番組です。
人気パーソナリティの林唯衣さんが出演し、そのほかサハリンに関係する人々が登場
します。その中にチョイトだけ私も出させていただきます。
サハリン 028
企画の内容も大変すばらしいもので、さすがプロの手にかかるとなんだかフェリーに
乗って、サハリンへ行ってみたくなるものですね。
詳しい内容は、番組を聴いてお楽しみください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ユジノサハリンスク市の中心に位置するレーニン広場は、鉄道の駅に面して
更に南北に延びるレーニン通りと東西に伸びる共産主義通りにも面しています。
サハリン 011
ここにある建物は、比較的古いものが多く中でも「軍隊専用ホテル」は、デザインも
クラッシックです。ここの1階には有名和食レストラン「ふる里」があります。
サハリン 014
こちらは、かつて私のパートナーであった「サハリン鉄道局」の建物で、やがて
タタール海峡に島と大陸を結ぶ鉄道橋の計画が、着々と進められているところです。
サハリン 015
さらにこちらは、市役所の庁舎です。
丁度レーニン像と向かい合うように建てられいて、北海道の稚内市、旭川市、函館市ともに
姉妹提携をしております。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ロシアで共産党政権が崩壊した後、ジェルゼンスキー像が撤去された所も
ありましたが、以外にもレーニン像はあちこちで残されています。
サハリン 009
あくまでも歴史的な建造物として残しているもので、イデオロギー的なもの
ではない、と言われています。確かに若者達もそのことは否定していません。
ユジノサハリンスクでも、レーニン像のあるこの広場は、市民の憩いの場となっています。
サハリン 012
噴水の向こう側には、改装されたユジノサハリンスク鉄道駅が見えています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ユジノサハリンスクでも、長かった冬からようやく初夏がやってきました。
暖かな陽射しを求めて多くの市民は、レーニン広場に集まってきます。
家族連れや友人通しなどがそれぞれのスタイルで、のんびりと過ごします。
サハリン 016
餌に集まるハトものんびりと溶け込んでいます。
この公園も季節ごとに色とりどりの花々が、見る人々を楽しませてくれる。
サハリン 013
季節的には、そろそろさくらが咲く頃でしょうか。
雪解けが遅かったことから、さくらマス釣りも今が最盛期のようです。
サハリン 017
そして、ダーチャでの畑おこしも家族で始まることでしょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日は朝から気温が上がらず、日中でも17℃前後の予報に風も強く
これ以上喉をこじらさない様気をつけています。
出勤は早目に電停を目指したところで、目の前を1台の電車が通過して
行きましたが、余裕で電停に立ち次ぎの電車を待つ。
以外にも早めにアナウンスが流れて、次の電車が来るというので南方面を
見ていると、なななんと一昨日初めて乗車した新車輌がこちらへ向かって
いるではないか。
電車新車輌 007
出勤時間にも関わらず車内は空いていて、楽々席に腰掛けさせてもらいました。
運転席のすぐ近くの席で、2度目で気がついたのですが、運転を操作するハンド
ルなどの音がやたら気になるぐらい高いのです。
使いこなすことで今後静かになるのであろうか、今のこの音は新車のわりになんだい、
言いたくなる音です。
電車新車輌 008
このスマートな車体から想像の出来ない操作音です。
それと乗りなれて、この音にも慣れろということでしょうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

二日続きの快晴。
気温も上昇してます。
札幌市内の小学校の運動会もこれで全て終了ですね。
藻岩山も花の彩りもすっかり落ち着き、緑色の濃さが増してきました。
電車新車輌 004
ようやくこの気温になってから、藻岩山に続く連絡バスの利用者が、
多くなりました。トランジットバスを待つ家族連れの姿が目立ちます。
電車新車輌 006
さてロシアの話題ですが、サハリン3プロジェクトの動向が注目されていますが、
新たにマガダン地方での石油開発事業が本格的に進み、ロシア企業と日本企業が
JVを組むという話題が具体化しています。
マガダン地方といえば、サハリンよりも北に位置しオホーツク海に面した地方です。
昔から漁業と金の採掘で有名な場所です。
かなり昔の出来事でしたが、モスクワからのハバロフスクへのフライトが、気象の
関係で急遽間マガダンに着陸したという経験がありました。
残念ながら機外には出られず、窓から景色を眺めただけでした。
元気があれば、ゆっくり行ってみたいところです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日から6月がスタートしました。
快晴の青空に気温が上昇しています。
午後からサハリンから帰る途中に札幌に立ち寄ってくれる友人に会う前に、
少し事務所で仕事をしようと家を出ると、すぐに電車の接近を知らせるいつ
もの案内が流れたので、進行方向を見ると待望の低床の新車輌がゆっくりと
向かってくるではないか~興奮してバックからデジカメを取り出した。
電車新車輌 002
一緒に電車を待っていた子連れの若いママさんが、おじさんの行動を黙って
見ていたようです。
電車新車輌 003
やはりこの時間帯を走っていたのか。あまり混雑しない時間帯を運行してんだね。
電車新車輌 001
乗車体験を率直に言いますと車内もゆったりしていてよいのだが、朝夕のラッシュ
にはなかなか対応が難しいと思う。
座席の配置が合理的でないため混雑時にどうなるか、その上つり革が少ないのが
不便です。これからは、利用者の声を聞いて率直に改善して行くこと真剣氏考えて
欲しいもの。せっかく新しくしたのですから・・・・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。