2012年07月

2012年07月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日の札幌は、どんよりとした曇り空で予想気温32℃で、6日目の
真夏日となります。
時折陽射しが射してきますが、湿度の高い北国らしくない天気です。

さてウラジオストクは、1ヶ月ちょい先に迫ったAPEC関連の工事が相変わらず
続いています。
しかし、この写真を見る限りでは、スポーツ湾の海水浴場ふきんはいつもと
変わらない風景に見えています。
スポーツ湾1
青い海に沖行く艦船ののどかな行楽地です。
ところが、少し目を左に向けみるとなんとそこには、・・・・・。
スポーツ湾2
まだまだ大改装中の工事が行われています。
ここはご存知の方々も多い、スポツ湾全体を見わたせる展望台のスポットで、
観光バスも停車して、景色を眺めてゆく場所なのです。
あちらこちらで、突貫工事が繰り広げられているのですね。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]


藻岩山2
全国的に真夏日が続いていますが、ここ札幌ももれなく連日の真夏です。
道内各地では、様々な夏のイベントが開かれていますが、やはり熱中症で
搬送される方々が増えていますので、お気をつけてくださいね。
ともかく水を手放さないことと、外出の際には防止か日傘をお忘れなく。
藻岩山1
藻岩山の緑も連日の猛暑で、カラカラに乾いているように見えてしまいます。
そんなことで、訪れる観光客の皆様も比較的夜が多いようです
昨日も熱中症で病院に搬送された方々も多くいたようで、皆様もお気をつけください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日もウラジオストクの工事現場を、ご紹介しましょう。
ウラジオストクの海の玄関「ターミナル」の建物から陸橋を渡ると、ロシア鉄道の
東の玄関口「鉄道駅」があり、そこを通り過ぎて左に曲がってくるとグム百貨店の
前にきます。
グム1
さすがに街を代表するショッピングスポットだけに、やはりAPECに向けて大改装中です。
改装にあわせて店内の売り場も、商品もカラフルになって欲しいですな。
おそらく外国からのお客様が買い物しやすい、環境に出来上がることを期待します。
グム2
現在もうすでに7月末となりますが、できるだけ早く工事が終了することがを願います。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

APECの開催を目前にウラジオストクは、
市内のいたる所で仕上げの為の工事が行なわれています。
といっても、これで9月に間に合うの?、と言われるようですが、長年ロシアと付き合っている
方々ならご存知の通り、結果オーライ!にしてしまうのが、ロシアマジックの恐ろしさ。
おそらくこの一大イベントもそのように開催にこぎつけるのでしょう。
スポーツ湾1
ここ夏には、昼も夜も大勢の市民が集まる「癒しの場所」とも言われるスポーツ湾です。
なんとこの光景を見る限りでは、今時なんですか?という感じにも見えてしまいます。
スポーツ湾2
またすぐ近く海辺では、いつもの夏の表情そのままに涼を求める人が集まってきます。
スポーツ湾3
子供の遊び場やビヤガーデンにシャシリークなど、短い夏を楽しもうという施設も多く、
のんびりと沖を行く船を眺めて過ごすのもよいでしょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日の最高予想気温25℃、降水確率30~50%で湿度がありそうです。
それでも札幌のいいところは、そよそよと吹く風が涼しいのがいい。
日陰も暑さをしのぐオアシスのようなところです。
花5
ラベンダーは今が満開で、周りに独特の香りを漂わせています。
またバックの旧小熊邸には良くお似合いの花ですね。
花6
居よいコスモスまで咲き始めています。
強烈な色彩の夏の花に混じって、可憐な花がひときわ目立ってます。
さて、花とは別に関係の無いニュースです。
この度ロシア政府は、文化交流目的でロシアを訪問する外国人に対して、
72時間以内であれば、ビザ免除を適用する案を検討中のようです。
たとへば、モスクワのボリショイ劇場や、サンクトのマリーンスキー劇場など
芸術を目的とする外国人に対するサービスと考えられます。
すでに私達にお馴染みのフェリーや客船でロシアの港に来る観光客に対しては、
72時間滞在の場合ビザ免除をすでに、サハリン・ウラジオストク・カムチャ
ツカ・サンクトペテルブルグで実施しています。
このような、制度改革でしたら大いに賛成です。
目標は、お互いの国がビザのいらない付き合いになることですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日よりも今日が暑いという予報が出ていますが、意外にも昨日と同じ
くらいの感触です。
湿度もそんなに高くもなく、予想よりもしのぎ易いようで安心。
花3
今日の写真も紫陽花です。
昨日から始まった節電期間ですが、当事務所もできることからの節電で、
証明の一部を消して対応しています。
それは子供の頃、母親から常に注意されていた「無駄な電気は消しなさい」
と言われた昔を思い出しながらの節電ですが、その頃よりも電力を消費するものが
増えていますね。
花4
さてさて、もっとできる節電はないだろうか、と真面目に考えています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝も暖かい陽射しにそよそよと涼しい風が、心地よく清々しい日になりそうです。
まだ陽射しが厳しくなる前の紫陽花が、やはり色彩も鮮やかに見える。
花1
この場所に咲き誇る愛妻の花は、ボリュームも多く思わず足を止めてしまう。
花2
中には、少しピンクがかった花もチラチラあり、心を和ませてくれる。
戻りの電車道売り沿いの花壇にも小さめの花が、可愛らしく並んでいる姿が愛らしい。
花3
手入れをしてくださる人々に、心から感謝申し上げます。
さてところで今日から節電期間が始まりますね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

隣の島サハリンは、石油・天然ガス開発の影響でめざましい発展をとげていまうs。
二十数年前には、このような発展を誰が予想できたでしょうか。
特に州都ユジノサハリンスクは、街並みが見違えるようの変わり公共施設をはじめ
市内の商業施設など、様々な建物が増え続けています。
自由市場
しかしそのような変化の中でも昔から変わらないものがいくつか見られます。
それは日本人観光客お馴染みのバザール(自由市場)などと呼ばれているルイノクです。
食料品を売る人々は、衛生設備を理由に殆んどが建物の中に強制的に収容せれましたが、
資本のない人々やその他の理由でそこに行かない一部の人々が、昔懐かしいテント張りの
店舗で稼いでいます。
いまでも、この辺を歩くのが楽しみのひとつです。
阻ひてもう一つは、レーニンの像でしょう。
レーニン
共産党政権崩壊の時点で、ヒステリックな民衆がレーニン像や、ジェルジェンンスキー像を
運び去ったのですが、全国的に今でも残して歴史的な遺物としているところも多いようです。
数少ない観光のネタになっているようのも思えます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日も予想気温以上に暑さを感じています。
熱中症にならないように、ひたすら水分を補給しています。
さてローカルなご近所情報ですが、明日から狸小路全体が盛り上がる
「狸まつり」始まります。
狸まつり1
まるで仙台の七夕祭りを思わせるような吹流しが、爽やかな風になびいています。
5丁目はやはり狸大明神の神社があることから、飾りつけもひときわ派手なようです。
狸2
1丁目から7丁目まで、それぞれ様々なイベント企画を競いながら楽しませてくれそうです。
狸大明神もお賽銭の入りを心待ちにしているようです。
さあ~今年も元気よく狸が空を飛んでいます。
狸3
確か去年ですが、小さな子供がお母さんにあの狸を買って!!て、だだこねていたなあ~。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

つい先日まで、紫陽花はまだかなと言っていましたが、気がつかないうちに
すでに見ごろになっていました。
,紫陽花1
やはりこの季節にこの花ガ咲くが楽しみです。
本州方面では、梅雨の時期に咲き雨に濡れて色鮮やかに見える紫陽花も綺麗ですが、
7月のこの爽やかな風の中で見る紫陽花もいいものです。
紫陽花2
昨日の暑さには、日中頭がクラクラとしていましたが、今日の気温と吹く風の
涼しさにほっとしています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

HOTバスDコースは、09:00にテレビ塔前を出発しました。
札幌市内を抜ける間も、主要な建物の紹介や札幌の概略についての説明が
イヤホーンを通してガイドされます。
そして第一番目の見学箇所は、小金湯温泉に新しく開館した「サッポロピリカコタン」
です。館内でアイヌの衣装や生活道具などの説明を聞いた後、外にある「チセ」など
アイヌの生活様式などを見学できます。
アイヌ
続いて中山峠で休憩の後、洞爺湖展望台で休憩し昼食場所は、洞爺湖温泉街のレストラン
「望羊蹄」で、留寿都産豚肉ポークチャップにワインを頂き満腹状態です。
以前、仕事で洞爺湖に来た際に、コーヒーがうまい店と聞き訪れたことがありました。
レストラン
午後の観光は昭和新山で、ここでは熊牧場へも入場して、有珠山ロープウエイに乗る
人のため充分な時間がとられている。
新山
熊牧場では、100円の餌を買ってしばし熊ちゃんめがてバラまきを楽しみました。
熊
次の行程は高速道路に乗って樽前サービスエリアで休憩、その後高速を降りて苫小牧から
支笏湖を目指し、最終停車箇所のポロピナイ湖畔で休憩です。
湖
ここはあいにくの曇り空で、樽前山などが隠れ気味でしたが、もう一つのカルデラ湖畔
を散策しました。
そしてバスは、18:45頃出発したテレビ塔へと戻りました。
関係者の皆様大変ご苦労様でした。
なんだか、他のコースもどうなのかと気になり出しました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日本語・英語・韓国語・中国語でのガイドを聞きながら楽しめる、
北海道オプショナルツァーバスの第一便に参加させていただきました。
天候は晴れ日帰りの楽しい旅を満喫しました。
HOTバス1
テレビ塔1階の待合室で、初便セレモニーが行なわれシャンペンやジュースで乾杯の後、
JR北海道バスに乗車して出発しました。
車内には、今回のコースが地図で案内されています。
HOTバス2
先にご案内の通りイヤホンで、それぞれの言語を選んでガイドを聞きますので、
バスには、運航補助員が乗務して皆様のお世話をします。
例えば、ガイド音声が流れると合図が出されます。
HOTバス3
このボードが出たらガイド案内中です。
そして、目的地に到着すると集合時間このようにして案内されます。
HOTバス4
なにせ、多い時で4カ国の人達が乗車するのですから、グループをまとめることには、
大変きを使うことでしょう。(続く・・・)


[RSS] [Admin] [NewEntry]

9月に開かれるAPECを前に、現地より様々な情報を送ってもらっています。
今日送られて来たのは、金閣湾にかけられバイパスの役割を充分に果たしている
橋の写真でした。
橋3
写真の位置からすると、観光地として有名の〔鷲の巣展望台]から撮ったもののようです。
丁度その下にある登山電車の頂上駅から、一気に湾に向かって架けられた橋の開通は、
しないの交通アクセスにとっても、大変便利になりましたが増え続ける乗用車の数には、
なかなか対応できていないようです。
橋4
しか、この景色も橋の開通で変わってしまったものです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

稚内へ出張でした。
札幌よりも気温がかなり低いと聞いていましたが、意外にも寒くはなく
ただ曇り空で、湿度の高い状況でした。
残念ながらフライト中も雲の上を飛んでいて、その下は何も見えていません。
あきらめて居眠りをしていると、雲の中から尖った黒い物体が見えている、と
確認すると「利尻山」です。
利尻山1
標高1,721mですが、実際に登ってみると判りますが、はじめだらだら後半はキツイ厳しい山です。
利尻礼文サロベツ国立公園内の特別区域に指定されています。
日本百名山・新日本百名山・花の百名山・新花の百名山といくつもの評価をうけて
いる、貴重な存在といえるでしょう。
利尻山2
さて、飛行機が稚内に近付くとサロベツ原野の波打ち際が見えてきました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ルースキー島に架けられた橋の写真続編です。
先日メドベージェフ首相がきて、完成記念式典が行なわれたばかりです。
APECばかりではなく、終了後に利用される各施設への往来に大きな役割を果たすこと
になります。
コメントにも頂きましたが、まさに極東地方のサンフランシスコにも見えてきます。
橋3
プーチン大統領が最初から言っているように、極東地方の発展は、アジアの諸国との
経済交流に大きな役割を果たすことになります。
橋4
海外のマスコミの多くは、まだまだ完成していない施設の問題などを、多く取り上げて
いますが、そこはロシアのやることですから、モスクワオリンピックの時のように、
なんとか仕上げて見せるのではないでしょうか。(?)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

9月に開催されるAPECを前に、ウラジオストクでは様々な施設が完成に近付いています。
その中で最も目立っている施設は、ルースキー島に架けられた橋です。
なんだカンダと様々なことを言われながら、結局なんとか繋がり後は仕上げの工事が
急ぎ行なわれています。
橋1
実はこの写真先週現地の会社に依頼して、来年のクルーズの宣伝材料として送ってもらったものです。
ルースキー島内では、会場をはじめホテルを含めて様々な施設が、突貫工事で急がれているようです。
そして、空港方面を結ぶバイパス道路の開通や、まだまだ仕上げ工事が急がれていまうs。
そんななかで、新しい交通機関アエロエクスプレスがそろそろ運航が開始されます。
そうなると、空港から市内へのアクセスがかなり時間短縮され、もっと便利になります。
橋2
今回は、橋だけを紹介しましたが、明日以降には街中の様子も紹介します。
APEC終了後のウラジオストクも、ロシア旅行の目玉になること間違いなし、のようですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日ごろから当ブログをご覧いただいている皆様、お気づきの方もいるかと
思いますが、本日昼すぎにアクセス回数が10万を越えました。
もともと、仕事に関連するロシアネタから真面目なテーマを目指していましたが、
不摂生がたたり大変な病気を経験して、できるだけ仕事ネタにこだわりましたが、
ついついストレス解消的な記事にもなったり、政治に対する不満をちよっぴり書いた
り、いろいろ勝手に更新してきました。
この回数を確認して、アクセスしてくださる皆様に心から御礼申し上げます。
仲間
なんとかまだやれそうなので、もう少し頑張ってみます。
もう少し新鮮なネタも書いてみたいと、思っているのですが・・・・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

午前中仕事で外出した帰り、迷った挙句かなりの距離をを歩き出した。
最高気温27℃に近かったかも知れないが、途中大通公園を通過することを
考えて歩いた。
10丁目
さすがの暑さにベンチでくつろぐ人々は,殆んど日陰に居る。
その風が実に爽やかな風で、これこそ北国の特権かなと思います。
10丁目に立つ銅像は、黒田清隆とフォーレス・ケプロンです。
円山を背にして、東を向いて立っています。
9丁目は、さすがに木立もあり南側の通りが塞がれているため、公園の中でも
広い敷地になっていて、小山も設けられています。
ここでは、芝生でノンビリと遊ぶ家族連れの光景が見られます。
大通2
暑い日差しに照らされて、汗をかきながらあるきましたが、健康的にと自分に
言い聞かせて歩きました。やはり正解!でした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

札幌テレビ塔から出発する1dayバスツァーが、7月15日より運行を開始します。
旅行企画・実施は、北海道オプショナルツァーズ(株)→日本旅行北海道(株)系列会社。
運航は、信頼のジェイ・アール北海道バス。
ガイドは、イヤホーンで聞く日本語・英語・中国語・韓国語が対応します。
コースは、A~Dの4コースがあり、それぞれにオリジナルランチが付きます。
HOTバス1
集合・発着場所は、テレビ塔1階の北側になります。
様々な国の旅行客が乗り合わせるという、それも楽しみなバスツァーが期待できるでしょう。
第一便には、私も乗っかって洞爺湖まで行ってきます。
HOTバス2
是非、http://wwww.hotbus.co.jp で、各コースを検索してください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ウラジオストクの夏は、暑いが海があることからしのぎ易い。
坂の街だけに高台に上がれば、海から吹く風は涼しい。
ここスポーツ湾周辺では、マリンレジャーを中心に様々な遊びやグルメも
楽しめます。
ビール
そこにあるサッポロビールのテントを構えたサッポロビアガーデンは、やはり目立った存在です。
様々なロシアビールや外国ビールメーカーの中でも、目をひくところです。
真夏のウラジオストクの陽射しを浴びて、美味しいビールを呑んだあとすぐに
行きたくなる所はやはりここですが、ここは有料トイレです。
トイレ
それこそ、時代を先取りしたベストビジネスといえるでしょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ロシアで外国のビールが出てきたのは、ハイネケンがあったような気がします。
極東地方ではその後、韓国製の缶ビールが2種類くらい入ってきましたが、味が
いまいち、という感じで余り馴染めませんでした。
そのころ、私達はサッポロビールを船用品とし持ち込んで、自分達の消費用とか
ロシア人へのプレゼントとしていました。
ビール1
最初は、サッポロも人気でしたが、やはりキリッとした口当たりが人気を呼んで、
アサヒスーパードライが爆発的に受けて、今では間違いなくロシアでナンバー1です。
その後をサッポロとキリンが追っかけています。
ビール2
その中でもエビスなども稀に売られています。
いずれにしても、ロシアのビールの進化は、短時間に様々な美味しいビールを生み出しました。
すでに「バルチカ」は、輸入価格で日本の酒屋さんでも売られています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。