2012年04月

2012年04月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日も晴れ、気温も21℃まで上がるようです。
さすがに、朝散歩やジョギングをする人も多くなる感じがします。
小熊邸
旧小熊邸に青空がよく似合います。
この景色は、古きよき札幌の昔を想像することが出来そうな気がします。
それと、幼い頃冬の朝の雪かき作業や屋根の雪下ろしなども思い出されます。
青空
針葉樹と空のコントラストが実にきれいです。
バス
まだ早朝ですから、今人気の電車から乗り継ぎの無料送迎バスが、山の駐車場で
これからの出番を、ひっそりと待っていました。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

もともとの予報どおり朝から快晴です。
藻岩山も斜面の雪がどんどん解けて地肌が出てきました。
そこの日当たりの良いとぉろに可愛らしい花が、咲き始めていました。
藻岩2
これから先、強い日差しがどんどん射してくるとこの斜面は、緑一色になって行きます。
春の山独特の植物の成長に伴う、あの強烈な匂いにはもう少し時間がかかるようですが、
早咲きの桜もじきに開花するようです。
ふきのとう
日陰のふきのとうは、まだまだ可憐な姿を見せてくれています。
木々
見上げれば、真っ青な空が美しく広がっていて、連休初日幸先がよいではありませんか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

朝から青空が心地良く、期待通り気温が上がりました。
もうコートは、脱ぎ捨て昼休みには、上着も脱いで散歩する人達もいました。
花
道端の花も一気に開き、雑草までも青々としてきました。
カレンダーも明日から飛び石か、特大連休かもうそのようなモードです。
ロシアも明日は仕事をして、国全体が連休を合理的休みとするようです。
こちらも明日から20℃アップの気温予報が出ていますので、連休前半は天気に
恵まれるようで期待しています。
ただ、雪解けに時間がかかりそうで、例年より山菜の発育がおそいようなので、
美味しいものをいただくのは、まだまだでしょう。
弊社は、カレンダーに忠実に仕事をする予定です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

さすがに昨日の暖かさに、気分もすっかり良くなっていましたが、
今日の天気の変化ですっかり逆戻りになってしまいました。
最高気温15℃で、出掛けの服装は三日前に戻して、しかもこの風の強さは
本当にいやですね。
明日から気温は持ち直して行き、明後日はまた20℃になるという予報です。
公園
さて今日は、1986年4月26日にウクライナのチェリノブイリで起こった原発事故から
が26年目を迎えました。
昨年の福島の事故以来いろいろな面で比較されてたり、その事故処理などで参考にされたり
してきましたが、チェリノブリでの事故処理自体がこの先何十年かかるか、全く予測のつか
ない状況ともいわれています。
日本の原発も唯一現在稼働中の泊は、北海道にあり私達もそのことを身近に感じながら暮して
いて、またこれから夏にかけて予想される電力不足の心配も、決して他人ごとではありません。
この日に当たって、せめて自分達にすぐできることは節電につとめることでしょうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

かねてからの予想気温は、21℃となっていました。
朝の気温は、10℃位で空も曇っていましたので、もしかしたらはずれか?
とも思いながらの散歩でした。
前から気になっていた伏見小学校のチューリップを観察にゆきましたが、この天気
ですから花びらは閉じたままです。
花1
この学は、春・夏・秋と本当に熱心に季節の花を育ています。
それこそ、小学生にとって、花の美しさ知ることやそれを自ら育てる楽しさは、本当に大事なこと。
また今日は、少し早めに出かけて大通り近くに立ち寄りで、久しぶりに植えられたばかりの花壇を
撮ることができました。
花2
すっかり春の装いになり、ベンチも設置されて後は噴水が動き出すと本格的春となります。
花3
桜の開花も来週の後半くらいでしょうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

4月20日ミシュラン北海道版が書店で売り出され、同時に報道発表されました。
ランク順には、三つ星、二つ星、一つ星、星は無いが店名が掲載される「ビブグルマン」に分かれて
います。名指しされたお店の名前を検索してみると、やはり!と思われるところと、全く無名と
いってよいようなお店もある。
暫らくの期間これによって、グルメ客が殺到するところも多いでしょう。
やはり、そんな中からいままで無名だったが、す~ご~くこだわりを持って旨いものを食べさてくれる
お店を見つけたら、感激でしょうね。
花
春とともに明るい話題がいいですね。
そして、景気回復に繋がってくれるといいですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

呉服に興味のある方ならご存知かと思いますが、巨匠久保田一竹が描いた「辻が花」
の存在は、余りにも有名なものです。
今朝いきなり北海道新聞の朝刊で、山梨県河口湖の美術館とその中の作品「辻が花」
を、一括ロシアの富豪が買い取ったという記事をみてビックリ。
辻が花
そして、5月13日~14日苫小牧グランドホテルニュー王子。
5月17日~19日在札幌ロシア総領事館で、その作品の一部が展示されるという。
実は、私若いころのお話になりますが、サラリーマン時代でしたが京都の呉服業界の旅行企画を
担当させていただいていた時期がありました。
例えば、加賀友禅や能州紬の産地展示会とか、京都観光と西陣織元見学だとか、全国の着物の産地
を巡るツァーなどの仕事をしていました。
その時出合った「辻が花」は、やはり展示会の目玉となる作品でした。
呉服であっても広げられて飾られ、そこに描かれているものは、絵画といえる鮮やかなものでした。
その仕事からもう30年以上も離れていましたが、札幌の会場へは是非足を運びたい。
しかもロシア総領事館で、着物が飾られるということにも因縁が感じられます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

朝の散歩で、あちこちで春を見つける楽しみが出てきました。
丁度この季節は、日陰に残る雪と春の使者がどちらも見ることができます。
春1
可愛いというか美味しそうというか、この季節あちらこちらで可愛い姿を見せてくれています。
ご存知の通り食用と賭して採取される場合は、くれぐれもワンちゃんの散歩路を避けてください。
そして残雪のすぐ近くに、やはり春の使者が顔を出してくれました。
春2
藻岩山麓の可愛い野生植物ももうそろそろでしょうか。
晴れた朝の散歩が楽しみな季節となりました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

意外にも朝の気温は、低く手稲山の中腹に珍しく雲がかかっていました。
手稲山
そして昼にかけて気温が上がり始め、とうとう日中の気温が16℃と予報以上の暖かさになりました。
そんな日に限って、会議や打ち合わせで殆んど外出できないのが残念でした。
さすがに夕暮れともなると、やはり気温が少し下がってきました。
しかしこのように気温が、少しづつ上がり桜の開花へとなるのですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

この春ロシアのカムチャツカ半島に渡ってくる渡り鳥は、ガンが約10万羽でカモが約100万羽
飛来するといわれています。
その多くは、日本列島からといわれ、福島原発事故による放射能汚染地区の上空を通過している
可能性がある。
ガン
ロシアの関係当局は、カムチャツカ半島で、飛来した渡り鳥を捕獲して検査を行なうと発表した。
その結果、今年の渡り鳥の狩猟を許可すかどうか検討される。
カム
カムチャツカでの渡り鳥の放射能検査は、昨年も春に行なわれているが、汚染は見つからなかった。
さて、カムチャツカへの観光ですが、昨年まで夏場のみチャーター運航していたウラジオストク航空
が、当路線から撤退したため今年の運航は予定されていない。
アエロフロート国際航空に引き継いでもらいたいが、今のところ見込みがないようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

根室と北方四島の間で行なわれているビザ無し交流に、新造船が出来上がり17日に
根室港に着岸しました。
20~21日一般に公開される予定です。
船
ー写真:北方対策本部のページからー
客船「えとぴりか」1,150トン・定員:84名 乗船される方々に配慮して、船内は全てバリヤフリーに
なっている。
新造船は、かつてこの航路に就航していた「コーラル・ホワイト」の船社で、東京のマリンアドベンチャー
が、政府の委託を受けて建造されたもの。
今後船社は、北対協との間で14年間のチャーター契約で運航される。
さて、14年間というと北方領土問題と、日ロの平和条約の締結に関してどのようになっているのだろうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日は、気温の低下と強風で帰宅時間が特に寒く強烈な風に悩まされました。
今朝もその延長で、気温の低い朝で風こそ治まっていましたが、途中から小雨が
降りだしています。
鴨
厳しい冬を耐え抜いた鴨も、さすがに今日に気温には身体を丸めているのでしょうか。
このような天気や気温は、明日も続くようで皆様風邪など引かないように、またまた
厚着をしなければ・・・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

4月15日(日)ロシア正教の復活祭です。
各家庭では、この日の為にパスハとクリーチそしてイースターエッグを作り、
教会へでかけます。
教会
冬から春を迎えるための行事ですが、今年はあいにく雪解けが遅いのですが、
人々は、春を待つ気持ちをこの行事に期待を込めています。
パスハ
ふと思い出すのが、かつてのソ連時代に各家庭でひそかにこの行事が行なわれて
いて、当時一番手に入り難かったのが玉子で、この日のために早くから玉子を買い
集めていたいようです。
今では、玉子に貼るシールも売られているようですが、当時は全て手書きの絵でした
から、私には、日本的な絵を書いてとせがまれたことが思い出です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日に日に気温が上がってきました。
土曜日の今日は、13℃くらいまで上がるという予報が嬉しい。
午前中、常用の薬が残り少なくなったので、近所のクリニックが第二土曜日診療している
ことを確かめて出かけた。
その向かいの民家の日当たりのいい花畑の縁に、待望の春の使者「ふきのとう」を見つけ
て、パチリ!。
ふきのとう1
通勤電車の窓から途中一度見かけたのですが、こんなにもまじかに見たのは、今季はじめて。
ふきの香りとともに、あの苦味のあるフキ味噌の味を想像していまいました。
ふきのとう2
これからは、あちこちで見かけられるようになりますが、今だから貴重な被写体でした。
いよいよ春山菜の始まりとなりますね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日は、朝から日帰りで稚内へ行ってました。
行きの天候は晴れで、機内から青空の美しい景色が見られ快適でした。
機内1
到着後、市内で昼食をとり仕事の本番にそなえて時間調整をして、ON TIMEでいざ
本番に臨み、予定通り20分で終了。
その後、帰りの飛行機の時間をみながらもう一箇所挨拶まわりに・・・・。
あっという間に時間がきてしまい飛行場へと急ぐ。
約4時間30分の滞在の後、帰り便の機内へ。
往路と反対側の日本海が見える座席に座り、活字を読むのもおっくうな感じだった
ため、カメラを持ってずうっと景色にをみてました。
機内2
さすが夕陽の街「留萌」を確認して一枚。
その後内陸に進路を変えテ行き、私のふる里空知平野の光景も1枚。
機内3
普段なら機内では、本を読んでいるか寝ているかなのですが、久しぶりに景色を見ていて
やがてランディンぐとなりました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日の日中の気温が10℃と、ようやく春らしい天気に恵まれた。
出掛けにそれを意識して、マフラー+手袋をしまいこんできました。
電車を降りて歩く歩道も、やはり昨日まで目立っていたほこりを被った黒い
氷の固まりも、すっかりなくなっている。
春近し
なじみのお蕎麦屋さんの店先の雪の塊もようやくなくなり、ハトもカラスものんびり
として見える。
春近し2
さてこれからは、一日一日と景色と陽射しが春めいてくるのが楽しみです。
ところで、気になっていたダルビッシュの結果がでていて、初回から打たれ
合計6失点したが、チームの打線の援護があり11対6で初勝利した。
あくまでもやはり大物ですね。
ちなみマリナーズのイチローには、3安打されたそうです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

雪解けの状況を考えながら、今朝の散歩は藻岩山山麓駅を目指してみた。
雨交じりの天気は、時折強い風が吹いていてまだ寒い。
残雪を避けて乾いたところを選んで、登り坂を歩く。
途中新装された駐車場を横目に見ながら、駅を目指して登る。
桜の木々の蕾は、多分一ヶ月先にならなければどうか?、という位まだまだ
硬い蕾の状態です。
山1
新しい山麓駅を始めて見た。スマートに立て替えられたという印象と、なんだか
以前の駅舎の方が周りの景色にマッチしていた、という感じもした。
よく見ると定期点検のため先週から14日まで運休であることを知る。
山2
そうすると、旧小熊邸の状況が気になりコースを変えて歩く。
やはり、雪の残るこの建物の景色もまたまた質素で、なかなかいい。
その先の散歩路は、残雪でまだまだ入ることができない。
もう少し気温が上がり、暖かい陽射しが出てくることを楽しみに待とう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

週末に降った雪は、寒さと風の強さで春がまだ遠いことを感じさせられました。
2年前のブログを読み返してみると、その頃は日当たりのよい場所でフキノトウを
見つけていました。
今年は、まだこのような景色です。
散歩」1
まだ、雪囲いも取れていません。
最低気温がマイナスという地方も、道内にはあるようです。
散歩2
電停の近くにある「スープカレ―屋」さんですが、創業昭和52年からやっているなら
元祖に近いのだろう、と思いますがどなたかご存知ですか。
さて、週明けには少し気温が上がってくれるようですが、東京じゃお花見真っ盛りのようですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

寒い朝だが、早々に新聞を読み終わりまだ時間的な余裕があったので、
気合を入れて散歩の支度を整えて、いざ出発となりました。
外へ出ると車道も歩道も一面雪が積もっていて、真っ白な世界が戻っていた。
そうなると、足元のことを考えて電車通りのコースに決めて歩き出す。
電車1
やはり早朝の為車内に人影のない電車が、南方面へ向けて走ってきた。
札幌の路面電車についてご存知ない方々の為にお教えしますが、この電車は
南1条西4丁目から南4条西4丁目(すすきの)を折り返し運行しています。
途中に電車事業所と車庫があり、運行に関しては、ここを中心に行なわれています。
電車2
散歩の途中丁度双方から来た電車が、電車事業所の電停で並んだところが見られました。
先週車内で見た大正時代からの電車の歴史年表は、大変興味深く読ませていただきました。電車3
そして、散歩のの終わりに車庫前まで行き、おそらく今年のお役目ガ終って隅っこで
休養しているササラ電車を見つけてから、雪の解けかけた歩道を歩きはじめました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日も気温が、なかなか上がりません。
やはり厚着を心がけて、出かけてきました。
この季節は、転勤シーズンで去って行く方々と、懐かしい方々が戻ってこられたり
やはり人間関係の大切さを、感じさせられます。
特に今日は、朝からそのような来客が多くあった日でした。
夕刻になってふと外を見ると、なんとしとしと降ったり吹雪いたりと雪です。
雪
つい先ほど東京の友人から、桜が咲きそろそろ花見だとメールを貰ったばかりです。
またまた、外では雪が舞っています。
少し積もるかも・・・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

暫らくの期間小笠原諸島の父島に滞在していました「シーガル号」の浦滝キャプテン
は、昨日13:30九州を目指して出港しました。
7月には、北海道へ帰還と知らされていますので、ゆっくりと日本の港を回る予定の
ようです。
おそらく前のメールでは、「桜前線」と言っておられましたから、桜をどこかで見る
のを楽しみにしているようです。
船長
思えば、まだまだ先はあります。
頑張れ!!「シーガル号」。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

大きく成長した春の台風は、西日本から東北に雨と風の被害をもたらし、昨夜から
北海道に雨のち雪と暴風で直撃しました。
昨夜は、激しい雨と風だったので傘をさして帰宅しましたが、今朝はかさいらずの
真冬の吹雪がまた戻って来た感じでした。
またその吹雪は、昼に成っても収まらず、現在夕刻になってようやく静まっているようです。
北1
こんな日は、できるだけ外出したくないと思い、会社への出掛けに途中用事を終らせ
事務所でひたすら内勤でした。
当然、陸上も空も海もあらゆる交通網は、殆んどがたがたの状態です。
外国人観光客を乗せた観光バスが横転したとの事故のニュース、被害が小さいことを祈る。
北2
今ラジオで、雪はやんでいるが風が強いといっているので、今日も早く帰宅しよう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

この時季になると必然的に起こってしまう事故?、いや事件と言うのだろうか?
やはり今年も4月1日に起こってしまった。サハリンの報道と北海道新聞でも伝え
られています。
釣り1
特に今年は、オホーツク海の流氷がなかなか沖に去らず、ましてや春の暖かい陽射し
に誘われて、400人もの釣り愛好家がキュウリ魚や氷下魚釣りに夢中だったようです。
仮にもしも私がこの日サハリンに滞在していたら、間違いなくこの中に居たでしょう。
釣り2
現地時間12:00ころにわかに吹いて来た風の影響を受けて、接岸していた流氷はミシッ
ミシッと音をたてて岸を離れて沖へ向かって流れ出した。
その400人もの釣り人全員が、その氷の上に乗っていたのです。
しかし、昔なら兎も角今は携帯電話のある時代ですから、早くに事件が通報されて
軍隊をなどの救出隊の迅速な対応で、ヘリや船舶の出動で一人の犠牲者も出さずに
終わりました。
なぜこのような危険をおかしてまで?、とよくいわれますが、兎も角この時期の魚が
脂法がよくまた大きく成長して旨いのです。
判っちゃいるけど、止められないようですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

4月1日より中島公園のシンボル的な建物である「豊平館」が、約4年という長期間に
わたり休館されました。
建築明治13年というまがい年月を耐えてきましたが、老朽化のためや耐震構造の補強
などしっかり休んで、リニューアルします。
豊平館
西洋式建築物として、白と青を基調とした清楚な趣が池の水面に写る姿が感動的でした。
もともとの豊平館は、大通公園に面して1丁目に当時の開拓使の貴賓用ホテルとして建てられ
ました。宿泊された1番目の賓客は明治天皇でした。
その後、歴代の天皇始め皇太子が宿泊されたこともありました。
昭和33年には、その場所に市民会館が建てられることになり、現在の中島公園に移設され
国指定の重要文化財として、大切に使用保存されていて、四季を通じて様々な美しい姿で、
私達を楽しませてくれています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。