2010年11月

2010年11月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日降った雪に重ねるように今朝もしっかり降りました。
そこだけを見ていると、もう根雪かなと思えるくらいでした。
昼近くなって青空が見えはじめて、アスファルトに積もった雪は解け始めました。
雪3
今日の最低気温ー3℃、最高気温3℃と比較的低いのですが、路面の雪は午後からどんどん解け出しました。
狸小路は、もうクリスマスムードでいっぱいです。
雪4
雪5
それでも明日は、最高気温5℃となり明後日は9℃とこの雪解けてしまいそうです。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨夜から今朝にかけて一気に冬景色になりました。
やはり気温が下がりはじめ、いつものストーブの温度では暖かさが足りないか?、と思ったあたりが
一昨日お午後あたりでした。
今朝の景色は真っ白です。
雪1
札幌市内の積雪8cmで、いきなり冬の装いになりました。
商店の入口は、雪かきをはじめています。
雪2
さて、昼も夕方になってもまだまだ小雪がちらついて気温も低いままですが、この雪明日もまだ続くのでしょうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

深川でイベント終了後会場から駅まで歩くことにした。
その理由は、旧拓銀の建物を見たいからです。
深川 004
ありました。やはり記憶に間違いはなく外装は綺麗に塗られていますが、建物はそのままです。
サハリンの二つの旧拓銀の建物と、見比べてみてください。
拓銀 001
旧豊原支店(ユジノサハリンスク)。
拓銀 002
そして、旧大泊支店(コルサコフ)。
やはりこれらの建物には共通点がありますね。
そして、滝川市にももう一つ残っていて、いつか行って見ます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

勤労感謝の日朝からJRに乗り深川へ出かけました。
先週定期的に見ている留萌市のHPで、深川~留萌~増毛間を走る留萌線が今月で100周年を迎え、
そのイベントが深川で行われるとの告知を見てすぐに行く気になった。
今年部長に昇格されたNさんの担当であろうと思い電話をしたら、やはり当りでした。
当日、往復のお得な切符を買ってスーパーかむいで向かいました。
深川1
深川駅の3番ホームは、留萌に出張する際に接続の留萌線の車輌が待ていてくれるホームです。
深川2
時間を意識しながらイベント会場へ、着くと入口でN部長のお会いできた。
その後やはり期待していた通りA部長もE課長にもお会いできた。
これで目的の半分を消化し、近くの食堂で蕎麦を食べて再び会場へ行くと有り難い事に今日のゲスト「鉄子ちゃん
教祖矢野直美さん」お会いできた。
出番前にわざわざ時間を割いてくでさり本当に嬉しかった。
彼女の基調講演もフォーラムの内容は、大変まとまりがあって大変よかった。
もっと大勢のひとに聞いて欲しかったので、あとあと記録に残ればいいのですが・・・・。
大変充実した時間が過ごせたと思う。
関係者の皆様有難うございました。
そして、帰りの駅でようやく車輌に対面できました。
深川3

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝は何時もより早出で、電車通りを歩くとかなり暖かい。
陽射しもポカポカとしていて、青空が眩しく心地がいい。
朝1
ナナカマドが綺麗ですが、選定されたのかまばらなのが不自然に見える。
この敷地は民営化されたばかりの会社の研修所なので、やはり全てに行き届いているのだろう。
朝2
濡れた歩道に残る落ち葉が、模様のようで美しい。
今日の最高気温15℃で、午後には雨になるようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

土曜日一日100%だらだら休養したので、今日は午後から気になるかたづけをしようと会社へ向かいました。
歩き出してからふと考えて、かなりの運動不足を解消しようと思い電車どおりを歩いてみました。
どおで何処かで昼ごはんも食べなければならないので、沿線を眺めながら北へ・・・・・。
途中、銀杏の葉が落ち始めているところで立ち止まり。
落ち葉1
今年は何時もと違い銀杏の葉は、まだまだ散り終えていません。
落ち葉2
さて、一心に北へ向かって歩いているうちにお腹がすいてきたので、普段気になっていたラーメン屋さんに初めて入ってみた。
ご夫婦がいてカウンターだけのお店で、味噌ラーメンを注文。
出てきたのは、太麺にスープは薄めですがチョット気になったことに白菜が入っていた。
食べ終わっての感想は、やはりスープが薄くコクがない。
ハズレX!!!。
しかも途中で入ってきた客(というよりも)身内らしいのだが、彼らにむかってラーメン作りの手を休めたオヤジが説教を始めたので、殆どスープを飲まずに代金を支払い席を立った。
もし機会があれば、次は隣の醤油を売りにしているお店へ行ってみよう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日本では、年末に向けてすでにクリスマスツリーが飾られ、グッズも販売されています。
昼休みの時間買い物に出て、東急ハンズを覗いて見て驚いた。
陳列されているなかで、最も目立つところを占領しているのが「マトリヨーシカ」クリスマスバージョンでした。
見るからに日本で造られた思われるデザインです。
民芸品1
以前からロシアで買い集めたクリスマスグッズを飾っていますが、もう日本で作られ販売しているとわ。
確かにテレビコマーシャルの「虫コナーズ」なんかもマトリヨーシカですね。
民芸品2
ロシアとの外交問題がギクシャクしているようですが、チェブラーシカなども含めてロシアのものが人気とは、
嬉しいことじゃありませんか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ロシア沿海地方ナホトカ湾の東側にある港で、ナホトカ市のエリアに属しています。
ヴォストーチヌイ
かつてウラジオストクが閉鎖されていた時代、ナホトカ港だけでは処理できなくなった貨物船の受入のため、日ソ経済協力事業として建設された港です。
木材の積み出しや今では外国からのコンテナ受入の港として、重要な役割を果たしています。
増え続けるウラジオストクに代わり多くの貨物を受け入れていたが、現在では飽和状態になり結局ナホトカやウラジオストクにも貨物が流れて行く状態になっている。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

現在いるビルに引っ越してから開拓した昼食のお店の一軒です。
場所は、南2条西7丁目(2条通りの西角)にあり、地下1階です。
「匠寿司」は、こじんまりした雰囲気で落ち着いて食事のできるお店です。
匠1
昼の定食メニューは、千円からお釣りの来るリーズナブルな料金です。
ちなみに、私のような食事制限を心がける人の為には、ご飯の分量も調整してくれて身体に優しい感じがします。
匠2
そして、ご主人が稚内出身と聞いて、よけいに親しみを感じています。
当然、夜のメニューも地酒も楽しみですが・・・・・。
「匠」といえば、旅の匠もいますね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]


今朝の手稲山の写真です。
低い気温と快晴のため、山頂の様子までよく見えています。
手稲山
標高1023.1m札幌市西区と手稲区にまたがり、山頂にはテレビ各局のアンテナが並んでいます。
やはりこの山の名前を全国的に有名にしたのは、1972年札幌冬季オリンピックでした。
アルペン競技の一部がこの山のコースを使って行われ、数々のドラマが展開されました。
また、地元では子供の遊園地として親しまれています。
その他この山には、以外な歴史が隠されていることを、知る人も少ないようです。
手稲鉱山と呼ばれていた明治時代には、金・銀・銅・亜鉛・などが産出されていたが昭和46年に閉山した。
そのこから、現在でも希少価値のある鉱物が見つかっていて、研究者の注目を集めているよです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

閉鎖都市ウラジオストクが開放されるまでの長い間、ナホトカは唯一開かれたソ連極東の港でした。
横浜港大桟橋から出港して、太平洋を北上して津軽海峡を横切り48時間の航海でした。
乗った者にしか理解できませんが、当時のソ連客船はそれなりにサービスがよく、まさに外国客船おクルーズ
の雰囲気満天でした。
今では、もう経験のできない貴重な体験航海といえるでしょう。
ただし、ナホトカに入港してからそのイメージが見事にひっくり返ってしまいます。
入国手続を担当する係官(兵隊)や税関員の無表情が対応が、やはりイメージどおりのソ連だったのです。
そして、薄暗くなりかけた港から駅のホームへバスで向かいところに、ようやく日本語を流暢に話すイン
ツーリストの職員が出迎えてくれました。
古くからソ連~ロシアの仕事をしてきた友人達としか語れない昔話です。
ナホトカ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日~今日と最低気温0℃で、水溜りに氷が張りました。
最高気温も6℃となり、冷え込んだ朝の感触を久しぶりに体感しました。
グジェリ1
岩見沢では、積雪となるくらい降ったようでいよいよ本格的な冬が近付いてきたようです。
そんなことで、昼食は久々スープカリーを食べに行きました。
すぐ近くの「ドミニカ」ですが、少し早めにいってみたら結構込んでいて、聴こえてくる話題から殆どが
旅行客と感じでした。(ガイドブックやクーポンを持参している)。
札幌の名物ラーメン・ジンギスカンからスープカリーは、思ったより全国的に浸透しているようだ。
グジェリ1

[RSS] [Admin] [NewEntry]

週末の大きな話題は、横浜で行われていたAPEC関連でした。
しかも、それ以前からギクシャクしていた中国との尖閣列島問題の、中国漁船衝突の映像が海上保安官の手から
ネットを通して流された、という事態とダブってしまった。
そして、日中首脳会談の日程が決まらず決まったかと思えば22分間で終了。(通訳込みの時間ですから・・・)
そして、日露首脳会談では、あっさりと北方領土問題を問題とされず終了。
日米首脳会談もどこにインパクトがあったか?。
むしろ、オバマ大統領が幼少の頃の訪れたという「鎌倉の長谷大仏」へ再訪し、抹茶アイスを美味しそうに食べている映像の方だけが印象に残った。
様々な報道の中でも一つだけ目立ったのが、日本のテレビ局がロシア人のメディア担当者へのインタビューで、「日本の誰がいつロシア政府に対して、何かの問題を解決しようと呼びかけているのか、外交ルートでは過去も今も
見当たらない。マスコミの報道ならよく目にするが・・・」と、この答えを聞いてモスクワの友人から同じ意見を聞いたことを思い出した。
さて、沖縄の知事選挙の結果が出たらアメリカとどう向き合うのだろうか。
取調べ中の海上保安官の処遇は、どうなるのでしょうか。
チェブ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

極東の玄関口ウラジオストクは、2012年に開催されるエイペックの準備に追われています。
会場は港の沖に位置するルースキー島で行われるため、市内に関する工事はある程度おさまったようだが、
空港から港や建設中の橋にアクセスする道路の工事など、懸命に完成を急がなくてはならない。
ウラジオ1
そのような慌ただしい現場から離れて、市内の中心部などでは時代を経てきた建物が観光客の目を楽しませてくれる。多くの歴史的な建物は、過去は今と違った目的で使用されていたようで、それを知るだけでも観光の目的となるのです。
ウラジオ2
例えば、旧日本総領事館やかつての日本商社の建物など、日本時代の面影にもあちこちで触れられるのが楽しみdす。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

現在ヤクートはすでに雪が降って真冬です。
気温は-19℃前後で、北海道の最低気温に近いのです。
ヤクート1
毎年の事だが来年3月の最終日曜日の前に行われる「凍れフェスティバル」への、招待メッセージを頂いた。
このイベントは、まだまだナイナーかも知れないが、やがて世界的に認められるものになると思う。
目玉は世界最低気温を計測した場所。小さな村で政府が全面的にバックアップする数々の行事。
ヤクート2
外国人参加者として様々なもてなしを受けて、寒いけれど人々の暖かさ優しさを感じさせられて、札幌の雪まつり
ほどの派手さはないが、すべて自然を生かした手作りのイベントに好感がもてる。
メールの最後に、「ヤクートの最高級のVODKAを用意して待っている」と・・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ヤクートは毎日が氷点下の気温です。
写真はまだプラス気温のころのものでしょう。
ヤクート1
ここは観光用民俗村ですが、この女性はシャーマンでありこの施設オーナーでありガイドもいたします。
民族的な個性ある建物の中に民族料理レストランがあり、屋外の施設には様々な展示物があり地元の観光客も多い。まず来村の歓迎としてシャーマンが祈祷してくれて、ヤクートのお守りをプレゼントしてくれます。
食事もなかなかなもので、ストロガニーナ(日本的には川魚のルイベ)・仔馬のステーキなどに飲み物はコムス(馬乳酒)です。
ヤクート2
食後は森の中を散歩して、トナカイや仔馬を見ながら澄んだ空気も旨い。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ヤクーチャ(サハ共和国)の友人から定期的にメールが来ます。
季節ごとに現地の情報を、イベントや気候の変化などについて詳しく知らせてくれます。
そして、そのたびにヤクートへ来るようにと誘ってくれる。
ヤクート1
この季節になると、12月からオーロラが見られる状況になります。
ちなみに今日の最低気温-19℃、最低気温ー15℃でまがまだ寒くなります。
ヤクート2
3月下旬に行われる「凍れフェスティバル」への誘いがあり、その気になりそうです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

晩秋

地下鉄幌平橋周辺には、2件のレストランとテニスコートに護国神社があります。
脇をを流れる鴨々川にもすでに落ち葉が、水面に浮かべています。
落ち葉2
c2.com/s/u/g/sugiyamenko/201011081046568b1.jpg" target="_blank">落ち葉1
薄暗い天気のため紅葉の色がイマイチ冴えませんが、結構散歩する人が多くいます。
気温も意外に寒くなく心地いい風景です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

落ち葉と芝生の絨毯に木々の絵画という芸術的な自然の風景に見とれてしまいます。
落ち葉1
毎日色合いが自然に変わって行きます。
落ち葉2
紅葉と落ち葉のコラボは、今が最高の見ごろです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

紅葉も見ごろが終わり落ち葉が通路や芝生を覆いはじめています。
落ち葉
こうなると地面の落ち葉の色合いが景色の主役に代わったようです。
逞しい姿のSLも、そろそろ越冬の準備で姿を変えなければなりません。
SL
蒸気機関車は、やはり煙を吐いて力強く走る姿が美しいのですが・・・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

紅葉前線も道南から関東へと移動中ですが、今年の紅葉はやはり途中で降った初雪のために
例年と違う彩りを見せています。
紅葉1
初雪の後から紅葉が赤く色づいたり、特に銀杏の葉は黄色く色づいたものや今だに緑のままの木々も多い。
やはり猛暑とその後一気に秋めいてしまったことなど、例年からみて異常な状況が続きました。
紅葉2
さて話題はかわりますが、東北新幹線新青森までの開業が1ヶ月後に迫りました。
鉄道ファンならずとも3時間35分は、乗ってみたくなるでしょう。
現在の札幌~函館間の約3時間の北斗系よりも30分プラスで東京へ行ける。
ちなみに接続時間が約15分で函館から東京までの継いだ場合、6時間06分で行けることになる。
開業後、暇をみて駅弁と飲み物を持参で是非乗ってみたい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サハリンフェリー航路を運航するハートランドフェリーは、11月01日来年の運航スケジュールを発表しました。
往路28便、復路28便で、別表の通り6月から9月の運航ですが、当初運航停止問題が出ていただけに航路の存続
ができたことは嬉しいニュース。
フェリー
航路の存続には、稚内市をはじめ関係機関の協力がありました。
北海道から唯一の海の国際航路ですからできる限り大事にしたいもの。
航路
72時間滞在査証免除の特典を生かして、新しい観光スケジュールを考えてみようかな・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日から11月です。
その日の午前中の話題として、飛び込んできたのがロシア大統領の国後島訪問です。
確かに州都ユジノサハリンスクからのニュースでは、すでに準備状況が伝えられていましたし、
前回同様悪天候で中止になって欲しいという、神頼み的な報道まで流れていました。
北海道新聞は、号外まで出してしまいました。
大統領
残念ながらまた後手にまわって、後から政府レベルの抗議をしている状況に大変歯がゆい思いです。
私達国民の側から見ても、鳩山前政権時代も含めてロシアに対して好意的に扱われる人物がいないのでわないか。
H山さんも息子さんがモスクワ大学で学んでいる、というだけでロシアにパイプがあるのだろうか。
前の衆議院外交委員長もお付き合いしている人脈が、かなり古い政権の関係者ばかりのように見える。
これからの外交に望まれる政治家として、ロシア通や中国通といわれる議員さんが出てくることを望みたい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。