2010年03月

2010年03月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

いよいよ明日から4月になりますが、道路のところどころに雪が残り気温も低い。
今日の最高気温9℃は、久々に嬉しいと思いつつも空はどんよりと薄暗い。
少しづつ気温が上がってくれると、朝の散歩が容易にできるので何とか運動不足を解消したい。
さてタイトルの話題ですが、今年のフェリー航路は期間が短くなり便数も減ります。
旅客も貨物も落ち込んでいるからです。
フェリー1
1989年から1998年まで、私が関りながらきたサハリン航路も1999年から現在のフェリー会社が運航するようになり、早くも12年目を迎えるのだが、現在の厳しい情勢から来年の運航が大変に厳しい状況になっています。
地元稚内市や北海道庁など関係者の皆さんも、いろいろな手を尽くして存続に向けて努力をしております。
もしもこのこの航路がなくなったら?、と考えると残る航空路も現在新千歳発週1便です。
簡単に考えれば、人も物も増やしてゆければ何の問題もありませんが、それがままなりません。
フェリー2
その対策として、格安のモニターツァーが企画される予定です。
当ブログをご覧いただいてる皆様に参加していただけるチャンスがあります。
これを機会に是非サハリンを訪ねてみてください。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」は、今年の世界一周クルーズへ4月4日横浜港を出港します。
7月15日横浜港へ戻るまでの長期航海となります。
飛鳥
今年の世界一周クルーズの最後の港が、7月11日ロシア・カムチャツカ州のペトロ・パブロフスクになります。
その受入のため私もカムチャツカに先乗りをいたします。
飛鳥Ⅱには、久々のカムチャツカ寄港となります。

[RSS] [Admin] [NewEntry]


週末も寒い日々が続き外出もできませんでした。
テレビや新聞の報道にも、ほとんどが政治不信になる話題ばかりに、かなり気分がうんざり。
その中で少し明るい話題を提供してくれたのは、フィギアスケート世界選手権のシングルで男子高橋と女子浅田のダブル金メダル獲得でした。
バンクーバーオリンピックをピークに、日本のフィギアスケートはレベルが上がりました。
相撲
<写真はヤクート共和国の馬の相撲>
そして、昨日千秋楽を終えた大相撲春場所が、朝青龍引退後にも係らず盛り上がったことです。
白鵬は一人横綱で頑張り優勝、更に関脇把瑠都の好成績は大関昇進を決めました。
暫らくモンゴル勢が中心の相撲界にバルト海沿岸のエストニア出身で、ロシア人を妻に持つ把瑠都が余横綱狙いに参加したことで、相撲も人気回復になるだろう。
大関人には、日馬富士(モンゴル)、琴欧州(ブルガリア)もいて来場所が待ち遠しい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

3月28日(日)午前0時からロシアはサマータイムが適用されますので、毎年のことですがくれぐれもご注意ください。と言うことは、現在ロシア極東地方と1時間の時差ですが、28日からは2時間(ロシアが早い)の時差に変わります。
時計
そして更に、最近ロシア政府の発表によると現在ロシア国内において11の地域に時差を適用していましたが、それを9地域に減らすことになりました。
特に私達との関連からすると、カムチャツカがモスクワとの時差が従来9時間早かったのが、今回8時間に変わることになる。そうすると日本との時差も3時間に変わります。
サハリンやハバロフスク・ウラジオストクは、現在のまま変わりありません。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<写真は、タタール海峡に面した大陸側ワニノ港>
ワニノ1
かつて夢として語られていたサハリンと対岸の大陸をつなぐトンネル又は、橋の建設に関する話題が具体化してきています。どちらにしても、2012年までは計画案をまとめて具体的に着手したいと、サハリン州議会は積極的動き出したようです。鉄道も一般道路も利用できるアクセスとして、モスクワ政府に対して具他的に提案を準備しているという。
ワニノ2
かつて真冬のタタール海峡にヘリで降りたことがありますが、本当に素晴らしい景色だったことが忘れられません。
もし島と大陸が繋がったら、いの一番にそこを通る列車でモスクワまで旅してみたいと思う。
そうだ、その手前のエカテリンブルグへも行ってみたい。
何年かかるのだろうか?。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ロシアで仕事を始めた最初の頃、当然ソ連時代でしたが仕事場としていた友人の会社にあったサモワールです。
午前と午後のティータイムには、お湯を沸かしビスケットか懐かしいロシアケーキもあった。
サモワール
電圧が220ボルトですからすぐに沸く感じです。
写真の物は、かなり昔の骨董品で炭で沸かす古い方式です。
お土産店の隅にあった非売品を、長い時間かけて店主に粘り強く交渉してやっと手に入れた貴重品。
ともかくサモワールを見て思い出すのは、お茶に誘われてついつい調子に乗ってしまい、お茶がアルコールに変わり最後は、大宴会になってしまうことです。
日本の北国では冬ストーブを囲むといいますが、ロシアではサモワールを囲んでの団欒が楽しかったのも昔のこと。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先週はテレビのニュースを見るたびに、大西洋クロマグロの話題がしつこく報道されていた。
ドーハで開かれていたワシントン条約会議の結果、クロマグロの輸出を禁止する提案は僅差で否決された。
その結果を伝えるテレビニュースで、わが国の担当大臣が大はしゃぎでざまあ~みろ、といわんばかりのコメントを伝えていた。
この時ふ~と思ったのだが、確かに我々日本人はマグロが好きですが、外国と摩擦をおこしてまで多くのマグロを食べたいのだろうか。
毎週マグロを食べなければならない人は、どれくらいいるのだろうか。
ある程度漁獲を制限されているものなら、手に入る位の頻度で食べればよいでわないか。
魚
お刺身の盛り合わせには、マグロを抜いたカラフルなものもいろいろあるでわないか。
世界の中で自分の国の権益をなんとしても守らなければならない場合も沢山あるが、お刺身マグロぐらいで他国とギクシャクしなくとも・・・・、と思うのですが。
マグロファンに怒られるだろうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日本で3月は、学校では卒業式で会社関係では人事異動の時期になります。
そして4月になれば、入学式や入社式が行われます。
チェブ
早いところでは、新聞に人事異動が発表されている企業や団体もあります。
役所関係でもすでに内示が出ているところでは、挨拶まわりが始まっています。
そのような雰囲気の中でも、定年退職する人々のことも話題になってきます。
多くの先輩を見てきましたが、退職後の生き方は本当に様々あるようです。
仕事人間からかけ離れた生活を目指す生き方については、テレビで見る「人生の楽園」なんかも羨ましいかもしれない。まだまだ老け込むのは、早いと意気込んで仕事を続ける生き方もあるが・・・・。
特に最近周りの話題が多くなってきたし、サラリーマンで退職する人達との呑み会が多くなってきた。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

春のお彼岸による三連休は、あいにくの寒波で終日の低温と雪に見舞われてしまいました。
やはり雪国では、春のお彼岸のお墓掃除やお参りには、厳しい条件がつきまとうようです。
お墓参りは、ゴールデン・ウイークまでお預けになるようです。
藻岩山1
藻岩山の北斜面もまたもや降った雪に、春はまだまだ遠いよです。
さて、カナダのバンクーバーで開かれていた第10回パラリンピック冬季大会は、日本時間22日閉会式で閉幕しました。
結果日本の獲得メダル数は11個で、前回のトリノの9個を上回りました。
参加された選手の皆さんと役員ほか同行された関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
スレッジアイスホッケーの銀メダルは、カナダを破り強豪アメリカに善戦した結果を讃えたい。
残念ながら各報道機関のニュースは少ないのですが、これからは、テレビも新聞ももっともっと番組を増やす努力をして欲しい。政党内のもめ事や選挙違反に関する度重なる報道は最低限で結構。
せめて日本人選手の出場する種目だけでも、もっと報道してもらいたい。
視聴率も決して低いと思えません。是非・・・・・。
藻岩山2

[RSS] [Admin] [NewEntry]

<写真は鴨々川の鴨達>
鴨1
年間で何回かある連休を、季節の差を考慮して地方ごとに時期をずらして実施する事が、現在政府内で検討されているようだ。当初聞いたばかりの時には、なるほど合理的な部分もあることで更に考えてみた。
航空路や鉄道・高速道路などや全国の宿泊施設の混雑の緩和などの利点には、大変よいと思う。
各部門で、繁忙期が避けられるという点に、魅力が感じられるからだ。
すでにロシアでは、飛び石連休を合理的に振り替えて、本当の連休に政府が統一して休みにしている例もある。
大変合理的で、これは国全体が一斉に休みとなります。
鴨2
ただ一つこの問題について、自分の反省も含めて考えさせられた事がある。
連休中のこと、この連休の祭日は何の日であったか?と考えることがある。
その祭日や祝日を意識せずに休んでいることに、後ろめたさを感じてしまう。
これからは、その日の意義をしっかり考えたいと思う。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サハリンで冬の遊びは限られています。
平均的に人気があるのは氷上の釣りで、男性に限らず最近では女性にも人気があります。
狙う魚はキュウリ魚や氷下魚で、場所によっては花咲がにも狙えます。
釣り1
特に今頃の魚は魚体が大きく油がのっていて、人出も多い季節です。
よく釣れる場所には、朝早くから車が押し寄せて駐車するスペースを確保することも大変です。
そして、昼ともなればお互いに持ち合った食料(つまみ?)に、寒くても凍らない飲み物(VODKA?)を呑みながら身体を温めます。
釣り2
そうして確保したキュウリ魚は、適度に塩味ををつけて寒干しにして、ビールのおつまみに最適な状態まで楽しみに待ちます。ところで。このおつまみが最近大変高い値がついて、サハリンの市場で売られています。
以前はお土産に最適でしたが、こんなにも値上がりしては・・・・・。
やはり日本の優れたサビキを持って、自分で釣りに行くのが一番です。
ただ、たまに流氷が勝手に風に流されて岸を離れてしまうので気をつけましょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日の午後は、かかりつけのお医者様から薦められていた検診のためNTT病院へ。
2年前の病気治療を終えて退院する際、その時の担当のお医者様からも紹介状をいただいていたのですが、喉もと過ぎてしまうとついつい忘れていました。
やはり今かかっている所でも結局同じことになり、午後から仕事を休んで病院へ行きました。
最初に検査を受けて、その結果が出るまでの1時間、昼食を抜いていたので院内のレストランへ行く。
何とそこから見える景色に、驚きと懐かしさが・・・・・。
病院1
2ヶ月間お世話になったN記念病院の建物が目の前にあった。
丁度2年前になりましたが、人生初めての長期入院ですっかり人生が変わりました。
多くの皆様にご心配とお世話をおかけしました。
食後のコーヒーを飲みながら12階の病室の窓をみて様々な思い出が蘇りました。
病院2
いつまでもそんなに若くはない、と知りながらかなり滅茶苦茶をしていたことに間違いない。(反省)
やはりお医者様からのお話しは、「ダイエットの為の食事療法をしっかり」そのための通院を定期的にしてくださいということになりました。(頑張ります!)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

毎週日曜日NHK大河ドラマ「坂本龍馬」を見ています。
歴史書・小説・テレビドラマ・映画などで、子供の頃から様々な龍馬を見てきましたが、いまだ飽きることなくもれなく見ています。
藻岩山1
原作や脚本で若干描き方に微妙な差がありますが、基本的に彼の描き方は常に好感を持たれていると思う。
それは、彼の育ちのよさやそこからくる人の良さが、周りの人をひきつけるのでしょう。
当時の四国土佐藩の一青年が、倒幕を志す薩摩や長州の青年達を仲間に引き入れ、大きな改革を成し遂げるきっかけをつくる。そして、志半ばで若くして死に至ったことから様々な謎も残す。
それもこれも、彼の人間性のなせる技として後世に伝えられている。
藻岩山2
ところで、2~3日前から俺こそ坂本龍馬になって、今の政治の混乱を防ぐと言い出した議員さんがいる。
残念ながら彼の過去からの言動や行動をみても、龍馬のイメージとはならない。
そして、・・・さんと・・・さんの接着剤になり、混迷する政界の再編に役立ちたいと言っておりますが、名指しされた二人は殆ど反応していない。
かつて、この議員さんがサハリンに来て奇妙な行動をしたことを知る人が多くいる。
まあ~、こんな出来事があっても龍馬人気に影響はないでしょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

北海道庁などが主催するフォーラムが開催されました。
「海外からの小口投資て促進について」がテーマで、海外富裕層を活用した本道経済の国際化いついて、パネルディスカッションにパネラーとして参加してまいりました。
グジェリ
予定通り多数の方が参加され熱心に話しを聞いていただきました。。
現在、観光やビジネス面でも中国から多くの人々が北海道へ来ていますが、私はロシア人の動向とりわけメディカルツァーの受入に関する立場から参加いたしました。
あらためてロシアとのビジネスに関して、気持ちを引き締めて考えさせられました。
ロシアの話題意外では、中国人の不動産買い付けツァーや、北海道フィルムコミッションとニセコ町の外国人受入状況などが話されました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

1990年3月15日は、最初で最後のソビエト連邦の大統領ゴルバチョフの就任記念日。
ゴルバチョフ
彼は長期的にソ連の指導者として君臨していたブレジネフの死後、短命であった二人の書記長の後を受け継いぎ、1985年ソ連共産党書記長に就任した。
就任早々彼が進めた政策は、ソ連のみならず当時の社会主義国における民主化の景気となり、東西ドイツのベルリンの壁崩壊まで成し遂げた。この政策こそペレストロイカとグラスノスチでした。
そして、1990年ソ連大統領となりその年にノーベル平和賞を受賞することになる。
まさにこの時期、私は1年の内半分以上ソ連に滞在し仕事をしていましたが、当時の西側諸国で大変人気のあった彼もこの頃以降、なかなか進まない経済改革を批判され1991年8月クーデターによって失脚し、ソ連邦崩壊とエリツインによるロシア連邦が誕生する。
まさに、この国の大きな歴史的な変化を直に見ることになった。
この20数年間は、その頃では想像もつかない急激な流れ方で、この国を変えて行ったのです。
アルコール飲料の販売が制限され、様々なトラブルを目にしたのもこの頃の出来事です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

バンクーバーオリンピックも終了し、現在パラリンピックが開催中です。
ロシアは、メダルの獲得数が少ないことからスポーツ担当大臣の辞任問題までに発展しましたが、
雪国サハリン州では、知事が先頭に立って冬季スポーツの強化に乗り出すことになりました。
スキー1
かつてソ連時代は、冬季オリンピックのメダル争いの上位にいたのですが、最近はさっぱりといったところです。
その中でもサハリンは、ジャンプ競技の選手を育てそのほかに複合やバイアスロンの選手も出ていました。
確かにソ連邦崩壊後のスポーツ衰退の中で、サハリンの冬季競技のレベルもすっかり落ちていました。
スキー2
そしていよいよサハリン州でも、知事が冬季スポーツの強化に乗り出して、特にスキージャンプ・距離・フィギアスケートなどの為に、施設や強化の為に州予算を出すことが決定されました。
おそらく暫らくの間低迷していた競技には、これといった指導者もいないと考えられることから、是非ともジャンプ競技などに日本の指導者がでて行ってもらいたい。
日本のフィギアスケートの選手をコーチしてくれたロシア人コーチのように、ジャンプは底辺の広い日本からコーチが面倒をみる、ということでいかがでしょうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝も寒い!そして風が強く吹いて冷たい!
手稲山
手稲山が霞んで見えていますが、麓の部分に雲がかかり頂上部分が浮いて見えます。
この景色も珍しいのですが、画像がボケているのか霞んでいるのか?
ともかく出勤時の風は冷たかった。
さて、現在ユジノサハリンスクで行われている今年のビザなし渡航の計画を話し合う日ロ代表者会議で、
ロシア側が交流の内容や手続きに対して今までにはない強硬な態度にでてきて、会議が難航しているという。
例えば対話集会で領土問題を出すなとか、日本から来る船に入港税をかけるとか、税関申告書・入国カードの記入など
今まで求めなかった通常の手続を要求しているようです。
わたしの知る限りわが国は、この事業に多額の国家予算を投入して、北方四島へ行く人にも向こうから来る人達に対しても莫大な金額を使ってきています。
今回の会議のロシア側の要求がこのように強行なものなら、この事業は長年どのような結果を期待して行われてきたのか?。長年行われているのだから、途中途中で事業の成果や見直しができなかったのだろうか?。
そして、現在のロシア側がどのような目的でこのような提案を出してきているのか、知るための努力が必要ですね。
それでなければ、安易な妥協でこの事業を進めていけば、ただ無駄と思われる出費がこれからも出てゆくばかりのような気がします。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨年12月から仕事の依頼で、ヤクーチャへ行くための条件を調べていた。
つい最近になって、更に具体的なお話が飛び込んできて、たまたま現地へ電話することになった。
しかも電話の相手は、私の友人の息子であり過去弊社で1ヶ月半業務研修していたサーシャ君でした。
それは5年前で、当時彼はまだ学生でしたがすでに結婚していて、秋にはベビー誕生を予定していて、奥さんを気づかいよく電話をかけていました。
ヤクーチャ
突然の電話で当然彼は驚いていて、少し戸惑っていて「私はどこの言葉ではなしましょうか?」、とたどたどしい日本語がかえってきました。
「なんでもいい、判る言葉で話しましょう」と答えると、ところどころ日本語でやはりロシア語が主体です。
奥さんと子供は?、お父さんは?、今の仕事は?と私の質問の答えは殆どロシア語でしたが、懐かしいさで興奮してしまいました。もともと口数の少ないタイプで、付き合っていると彼の雰囲気は日本の男の子という感じでした。
お蔭様で、仕事を通じて親しい友人とのつながりが、戻ってきました。
彼のお父さんとも連絡が取れることになりました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サハリン州の南クリール地区(国後島から南の地域)が、根室市と姉妹都市提携を検討していることが、サハリンのローカルメディアに好評された。いかにもロシアらしい発送だと思いました。
長年ビザなし交流でのお付き合いで、もう何人もの人が根室の街や市民とお馴染みになり、人道支援で何かと助けてくれているしその関係を維持したい。
多くの島民たちは大変真面目に考えたに違いない、と思いました。
船
残念ながら現在の状況の中では、姉妹都市提携など全く考えられないことで、当然なぜ駄目か彼らには判らないのでしょうね。
かねてから根室から北方四島に生活物資など輸出を考えている人達も多いようですが、これも残念ながらできる情勢にありません。
大変厳しい世界情勢の中であっても、現政権が間延びしないうちに、この重要な問題の解決に取り組んでいただきたいものです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日3月8日国際婦人デーは、ロシアでは祝日となっています。
国際婦人デー
ロシアではこの日、男性は家族も職場もいたるところで女性に対して感謝の気持ちをあらわさなければなりません。
花やケーキやシャンパンなど、この日が近くなれば殆どの品は売り切れてしまいます。
この季節にロシアに滞在していると、かなりの出費と気配りが必要です。
さて、この記念日がなぜロシアで目だって行われているかということですが。
そもそもの起源はアメリカで、1904年3月8日ニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求しデモを行いました。
これを受けて、ドイツの社会主義者クララ・シュトキンが1910年コペンハーゲンで行われた国際社会主義者会議で、この日を「国際婦人デー」であると宣言した。
そしてロシアでは、1917年に起こった2月革命が2月革命が、現在の暦の3月8日であったことから、この日を盛大に祝うこととなったのです。
日本では、あまり多くの人に浸透していません。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

暦の上では春が近いのですが、週末から今週の前半は雪とマイナス気温です。
今日も一日吹雪いて、少し雪が積もってしまいました。
今週の寒さが抜けるといよいよ本格的な春を迎えることになればいいですね。
豊平館
さて土曜日に北海道入りしていた岡田外務大臣が、根室に行き納沙布岬から北方領土の視察を行きました。
様々な評価がありますが、現段階で地元根室市民の要望をしっかりと聞く時間を持って欲しかったのですが・・・・。
特に鳩山首相が自分が決着をつけると言い切っているようだが、いつごろ誰とどのようにそれを行うのか、今現在見えてきません。
外相のコメントの中に、やはり経済交流はロシア領土として認めることにつながる、という前政権のときと同じようなスンスしかでてきていません。
やはりこの問題も、どんどん先へ延ばされて行くのでしょうか?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の藻岩山は、猛吹雪で景色が霞んで見えません。
藻岩山
やはり今日の雪は、湿っていて重たいのが積もっていました。
さて、会社の近くにあって週に2~3回は昼食に行くお店「ユック」です。
3年位前に偶然入ってみて気がついたら、かなり若かったころ洋食を食べにきていたところでした。
そして、当時は未知の食べ物「ピッツア」を初めて食べたレストランです。
ユック
ともかく画期的なイタリア料理のピッツアは、スパゲッティでけではなかった!!、と認識させてくれた。
同年代の方々ならご存知と思いますが、この頃のもう一つの思い出料理は、「チロルアンハット」鉄板に乗った火傷しそうなハンバーグで、特に目玉焼きが乗ったものが大好きでした。
そして、ここ「ユック」たまに出てくる昼食メニューにやはり昔懐かしい「かつスパ」があります。
スパゲッティ専門店にあっつた数々のメニューの中で、今でも憶えているのがこれでした。
タバコをやめてからメタボを気にしているわりには、食欲はまだまだ旺盛のようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

大統領
バンクーバーオリンピックの余韻もおさまりかけていますが、ロシアでは獲得メダル数の少なかった結果から、メドベージェフ大統領が憤慨してオリンピック委員会の役員やスポーツ担当大臣の辞任を要求しているという。
ご承知の通り夏冬を通してオリンピックのメダル獲得数を常に上位で争っていたのが、今回の結果ですからこれは大変なこと。
ましてやプーチン首相が大統領時代に自ら先頭に立って誘致に成功した、次回のソチオリンピックがあることでもその怒りの度合いは大きいでしょう。
当の役員達は、意外にも責任をあまり感じていないようで、今後の動向に注目が集まっています。
大統領も首相に対するメンツから、おそらく厳しい態度でのぞむことになるでしょう。
さて、日本では先週東京マラソンを主催した石原都知事が、銀や銅メダルで簡単に喜ぶな!!と、言っておりました。
金こそ逃したが、スケート競技は頑張ったとの評価から、スキー連盟の会長さんは入賞ばかりでメダルが取れなかったことで不快感を表明した。
団長を務めた橋本聖子参議院議員は、反省の談を語ったが大臣まで辞任するような事態は日本では考えられない。
むしろレベルがアップしてきたフィギアスケートやパシュートやカーリングなどに、大きな期待がもてることが嬉しい。高木美帆ちゃんもすでに海外の大会に向けて、元気に出発して行った。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日はひな祭りです。
別名桃の節句といわれその起こりは、上己(じょうし又はじょうみ)の節句が始まりといわれています。
そのルーツは中国で、もともと3月上旬でしたが固定化するために3月3日に決められました。
昔から季節の変わり目は、災いをもたらす邪気が人間の身体に入りやすいので、この日に願いを込めて雛人形を作り川へ流す「流し雛」として行われていたのが始まりといわれている。
現在も続く雛飾りは、その後変化していったものでしょう。
MT
さて、たまたま偶然ではなく3月8日は「世界夫人デー」で、同じ女性の為の日でもこちらは男性にとっては、年間行事のの中でもかなり大変な日です。
家庭内の女性や職場や取引先などの女性に、それなりのお祝いの品物などで感謝の気持ちを伝えなければなりません。
ちなみにこの日が近くなるとまず第一に、お花屋さんのバラの花が売り切れ酒屋さんのシャンパンや高級ワインが売り切れてしまいます。
この時期ロシアに居なくてよかったと、つくずく思います。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨夜から今朝にかけてのテレビ報道と新聞報道で、頭の中のモヤモヤが「やはり」と落ち着いた気になりました。
あの日は、朝から津波に関するテレビ報道を各社を見比べていた。
特にNHKが主体だったと思う。
第一波の時間が画面にでて、私も緊張してその時間を不安な気持ちで待ちました。
テレビ各社の画面は、港から各地の海を映し出していて、それぞれのレポーターも海水に変化が見られないことを伝えていました。
その時は、一時的にホットした気にもなりましたが、やはり第二波や第三波が更に高波に変わることも伝えられていました。ところが正直私でも感じたのは、だんだん緊張感が和らいで行くことでした。
当然、海辺に居られる方々はどうだろうかと、その時思いましたがやはり避難勧告や指示を無視して、非難しなかった人も解除されてもいないうちに帰宅した人が90%以上もいたという、結果が出たのでしょう。
もし3m以上の津波が来ていたら?、当然大きな被害と犠牲がでていたと考えると本当に恐ろしい!!。
何をどのように変える必要があるのでしょうか。
気象庁の初期の予報をリアルにするのか?
各都道府県や市町村が、もっと直接的な行動で避難を誘導するのか?
各報道体制の方法を考え直すのか?
なにせ、住民に避難を伝えることさえ行わなかった自治体まで出てくる始末。
みんなで、反省しなければなりませんね。
そのためには、まず国の危機管理体制が態度を表明して、地方自治体に呼びかけして報道機関にも報道の方法を検討してもらい、国民にも災害に対する強い呼びかけを徹底する構えを伝えてください。
例えば、避難指示が避難勧告よりも拘束力があることを・・・・・・。
グジェリ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

単独で西回り世界周航を目指す「シーガル号」浦滝船長は、2月18日南アフリカ西海岸のケープタウンを出港して2月23日東海岸のリューデリッツへ入港しました。
ここでは約3週間滞在予定で、その後西大西洋の島々を目指す予定になるようです。
現在地は、ナミビア砂漠が見える小さな街とのことです。
シーガル
頑張れ!!シーガル号!

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日から3月ですが、朝の気温ー5℃で日中ー2℃の真冬日です。
寒い中の出勤でしたが、昼近く陽射しが出て少し暖かくなるのかな?。
藻岩山
チリで起こった地震の報道から、当然日本への津波の予想はしていましたが、やはり昨日は朝からテレビは津波報道一辺倒でした。結果、大きな被害もなく一安心です。
当然早くから出された予測や警報と、過去に被害を受けた経験ある地域での対策の効果が発揮したのでしょう。
そして、出されている予報や警報の時間が過ぎてもすぐに安心できない、という恐ろしい自然現象の怖さも知っておくことも必要ですね。
子供の頃田舎で、石狩川の水害による床上浸水を経験したことがあります。
上流から流れてくる濁流があっという間に家の中まで入り込んでくるあの恐ろしさは、忘れられません。
「災害は、忘れた頃にやって来る」といいますが、自然の力に対する油断は本当に禁物です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。