2009年04月

2009年04月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

単独で西回り世界一周を目指すヨット「シーガル号」浦瀧船長は、昨日ソロモン諸島のギザを出港し次の寄港地オーストラリアのバンダバーグを目指しています。
シーガル
―この情報は、オケラネットからいただいております―
バンダバーグは、東海岸に面した港でグラドストーンの近くに位置するところです。
これまでの航海の中で、最も都会に近い寄港地だけに、着いた先でいろいろな楽しみもあるでしょうね。そして今日の情報によると、航海中にマグロを釣り解体するとのこと、お刺身やマグロ丼にこれからの食料が確保できてよいよいですね。
引き続き”頑張れ!頑張れ”
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

桜といえば、やはり気になるのは中島公園の桜です。
咲きました!豊平館の横の2本の内1本が4分咲きです。
桜
やはり豊平館を背景に見事な色合いになりますが、週末から連休後半にかけては満開の風景が期待できますね。
鴨かも川の淵には、まだ残雪があり面白い光景もいい感じです。
11条通りの遅咲きの桜も、他の公園の中の桜たちも一斉に咲き始めるのが。今から待ち遠しいですね。そして、菖蒲池の周りの花達も柳の木の芽も芽吹いています。
菖蒲池
鴨達の数も増えて、ハト達も戻ってきました。
相変わらずカラス達は、大きな態度で公園の隅々まで飛び回っています。
人々の賑わいがまた戻ってきますが、是非ともマナーだけは守って欲しいと願います。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サハリンの北部で鉄道の終点ノグリキの民族博物館で手に入れた壁掛けです。
博物館お中に工芸館が併設してあり、ニブヒの人々が様々な手作り民芸品を作製しています。
民芸品
何回目かに訪問した際に、顔見知りになった館長が私にお薦めといってわけていただいたものです。
一目で気に入り大事なコレクションの一部となりました。
その頃のノグリキの街は、海上の掘削現場以外石油基地の前線というイメージはなく、のんびりとした雰囲気でした。
特に鉄道の終点地として、日本からの鉄道ツァーのマニアの皆さんをご案内し、オハへと続く軽便鉄道を視察したり、ニブヒの民族舞踊を観賞したり、ホテル列車の旅を楽しんでいました。
更に北へ20kmほど行くとサハリン唯一の低温温泉の湧き出るダギがあり、昔からニブヒの人々に親しまれた薬用温泉です。
サハリンの北への旅ものんびりと、いかがですか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ロシアの民芸品デザインの壁掛け時計です。
かなり前々から事務所の壁にかけられ、意外にも一度も訂正することなく正確に時を刻んでいます。
本当のことを言うと、買ったときは正直デザインが気に入り余り正確さを望んでいませんでしたが、意外や意外で電池の消費も少なめです。
時計1
実は、後々紹介する予定ですが、グジェリの置時計各種も品数を揃えたのですが、殆ど時計としてよりもやはり置物として飾られています。
そしてこちらも収集に凝った時期もありましたロシアの腕時計と懐中時計です。
時計2
最初の頃は、ロシアの友人からプレゼントされたのですが、その後店先で見かけるたびに買い集めて行きました。
懐中時計は、ロシア海軍のフラッグ入りのものとロシア鉄道局の記念品です。
この中の一品を除いて全て手巻き時計です。
他にも現在使用中のものもあり、特に文字盤の透けて見えるスケルトンや、空軍パイロットからいただいた自動巻きが気に入っています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝も気温3℃とまだまだ寒いのですが、札幌市内の早咲きの桜情報が気になり
中島公園の早咲き桜を観察に行きました。
桜1
やhり!つぼみがすでに桜色で、多分今週咲く!頑張って咲いて!という今日のつぼみです。
道内の一部の地域では、60cm以上の積雪を記録したところもあるようですが、今週花見しようか?
いよいよ中島公園も桜のシーズンで、いろいろな草花が楽しめる季節になりました。
桜2
やはり豊平館には、桜が良く似合います。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

札幌の今日の最高気温は、11℃の予報ですが陽射しが暖かくまさに春日和です。
外の明るさに誘われて、昼食は大通公園を渡って食べに行こうと決めてでかけてみた。
花
花壇に植えられた花が目を楽しませてくれ、チューリップももう少しで開花するでしょう。
そして何よりもキタコブシの白い花が、可憐に咲き始めています。
写真の奥に微かに見える道庁赤レンガと合わせて見ると、まさに北国の光景に適している。
そしてこの花が咲き始めると、すぐに早咲きの桜が後を追い咲き始める。
白い花
これから桜の花が咲き始めると、連休を挟んで花見の本格的シーズンで、暫くの間私達の目を楽しませてくれるのです。
その後大通公園を彩る花は、香りも爽やかななライラックが5月の中旬から咲き始めます。
やがて、噴水も公園の景色を賑やかにしてくれるでしょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日の札幌は、朝から雨降りで気温も10℃前後と昨日より寒い日になりました。
昼現在もしとしと小雨が降り続いています。
そして今日のサハリンは、やはり雨ですが日中の気温が4~6℃前後で、これよりも冷えてくると雪に変わるでしょう。
サハリン
現地からの情報によると、今年のサハリンの春は、昨年に比べて若干遅いと予想されているようです。ゴールデンウィークが近付き、今年もフェリーの運航が始まりますが、ここでサハリン航空の函館便の運休という事態が現実となりました。
もともと、搭乗率の悪い路線を我慢に我慢を重ねて運航して来た上に、機材を小さいものに替えても更に採算のとれない搭乗率にたまりかねた結果と言えます。
路線の就航時の政治的な背景などあることは、当然予想できるのですが、現在他社の成田発チャーター便の参入など厳しい状況を乗り切るため、やむを得ないことと理解します。
そして、週一往復の運航では、やはり乗客を確保できません。
できれば、新千歳発着週二便体制で採算を確保して、今後も運航を継続してくださるように切望します。これは、利用者側の正直な意見です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日と今日は、雨模様でしかも昨日の寒さから今日は、少し気温が上がりました。
こんな時は、風邪などひきやすいので、くれぐれも注意しましょう。
そういえば、日曜日19日は、ロシアではパスハ(イースター・復活祭)でした。
パスハ
いまでこそロシアは、食料品に不足など余りありませんが、10年以上前にこの季節が来ると街中のお店から玉子が消えてしまいました。
このお祭りのために各家庭では、ゆで卵を作りその表面に様々な絵を書いて、祭りの最中には訪れる人同士玉子をぶつけ合い、その割れ方で占いをして楽しんでいました。
勿論今もそうです。
当時は、まだロシア正教会が復活して間もないころでしたから、今のような派手な行事など行われていません。家庭ごと近所同士が、地味にお祝いしていました。
日本もロシアもいよいよゴールデンウィークですね。
桜前線は、現在青森ですがその先は、北海道上陸です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

SAT
最近話題になっているのが、サハリン州と中国の観光ビザの相互免除の実施です。
今まで中国人といえば、殆どが建設労働者か自由市場でものを売る人々しか見かけていませんでした。以前からウラジオストクやハバロフスクでは、大勢の団体で押し寄せる中国人観光団を見ていました。その昔日本人観光客もハワイや東南アジアで見かけた行動と、よく似ています。
見学箇所は、ほどほどに買い物が優先的に喜ばれています。
昨年の秋くらいからウラジオストクでは、中国人観光客がメッツキリ減ってしまいましたが、いよいよ今年からサハリンですか。
丁度、円高のあおりでロシア人も中国人も日本への観光を控えています。
お互いにビザが免除されて往来し易くなりますが、ロシア人の中国旅行は、どの程度増えるか少々疑問です。
しかし、ビザの相互免除は、うらやましいですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

西回り単独世界一周を目指すヨット「シーガル号」浦滝船長は、17日にソロモン諸島のギゾに停泊しました。その日の気温は36℃で本日も33℃と暑い毎日が続いているようです。
シーガル
これからの予定は、ここでは余り長く停泊せずにオーストラリアへ向かうと聞いています。
まだまだ先が長いので、焦らずじっくりと慎重に・・・・・。
頑張れ!頑張れ!「シーガル号」!!。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

札幌は、今日暖かい陽射しに恵まれています。
大通公園1
昼時間公園に出てみましたが、大勢の人達がベンチでくつろいでいます。
その近くで、公園整備のトラックが急いで作業している様子が見られ、花壇には鮮やかな色の花々が
植え付けられていました。
この後は、噴水が動き出すと本格的な公園の姿に変わってゆきます。
そして、普段なかなか気がつかない銅像「石川啄木」を見つけました。
しかも、彼のバックでは、旧拓銀本店で北洋銀行のビル新築現場が忙しく作業中です。
啄木
今年もゴールデンウイークが近くなり、今週から急にサハリンへ出かけるお客様からの申し込みや、問い合わせが多くなりました。
フェリーや航空機などの利用ですが、本日朝からサハリン航空の函館便の存続問題が報道されて、弊社もお客様からの問い合わせや、変更が迫られることになりそうです。
もともとプロペラの小型機で始まった運航でしたが、JET機に代わって座席が増えてそれに対応できる乗客が確保できない問題が、現実になっつてきたのです。
私も客船の運航で経験がありますので、採算に満たない場合大変厳しいことは、とても人ごととは思えません。勿論稚内航路のフェリーも似たような問題が今年は予想されます。
一方では、日本では観光の対象になっていない北方四島を含む千島列島からカムチャツカ半島へのアドベンチャークルーズが、外国の客船で行くツァーが脚光を浴びています。
勿論、四島問題をかかえる日本の国民は乗船できません。
かつて、四島は別にして北千島の無人島を含めた島々へのクルーズを夢見た時期もありましたが、
やはり今考えても魅力のあるコースです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝から暖かい陽が戻ってきました。
朝の気温7℃位で日中14℃位になりそうです。
週末は、曇りのようですが気温は、低くもならないようなので、近くの山に天婦羅材料を探しに行こうか思案中です。
さて一方サハリンは、今朝の気温ー3℃で日中7℃位の予報です。
気温は低いのですが、陽射しが強くどんどん雪解けが進んでいます。
白鳥1
渡り鳥である白鳥は、今年も北を目指して稚内市の大沼に集結し、その後順番にサハリンへ飛び立って行きます。
ここは、サハリンで最初に羽を休めるところで、サハリン最大の湖トナィチャとつながっているオホーツク海の村オホーツコエです。
日本時代の富内村で、今もカニやエビ秋にはサケマスが豊富に獲れる豊かな魚村です。
サハリンも日本製中古車の普及で、春にはドライブがてら白鳥を見に来る家族連れが多く、とりわけ子供達は、白鳥の為に黒パンを持ってエサやりをします。
白鳥2
おそらく白鳥達にとってロシアのパンを懐かしく食べているのでしょう。
彼らの渡りは、まだまだ続きます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝目が覚めて見た外の景色は、快晴でした。
その後また外の見ると、なんと空は曇り雪が降ってきました。
まいったなあ~と、思いつつ支度をして外へ出ると、今度はまた快晴の空に戻っています。
しかし気温は、予報どおり低く厚着で出かけることにする。
公園
日増しに公園のあちこちが、清掃されてきれいになってゆくのが嬉しい。
昨年から比べても、捨てられたゴミの量が少なくなっていてこれも嬉しいことです。
「ゴミは持ち帰る」ようやく定着してきたのでしょうか。
池には、鴨の数がやはりどんどん増えています。
子鴨の誕生もそろそろでしょうか。
おそらく今月末には、豊平館横の早咲きの桜が見られるでしょう。
豊平館
今日の豊平館はアップで。やはりこの建物には、青空がよく似合います。
そして、日本庭園の開館も待ち遠しい季節になりました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

雪が完全に解けたと感じて以来、久々に雨が降った気がします。
そして今日は、比較的気温が低く少し厚着をして出かけてきました。
大通公園のチュウリップの芽も伸びて、花々の植え替えも始まりベンチの設営も・・・・・。
そうすると噴水の稼動も間近です。
公園
雨の薄曇りの朝の風景も落ち着いた感じで、なかなかいいものですね。
ゴールデンウイークを前に、公園も春バージョンに切り替わって行きます。
そこで、昨日から気になっているのですが、街路樹の下に植えられた花が咲き始めているのに、まだ冬囲いがそのままにされているのは、関係者の皆様忙しいのでしょうか?
花
ところで、今週西野でネコヤナギの写真を撮ったら偶然イースター(復活祭)ロシアでは「パスハ」だったとは驚きました。*これは関係者にのみ通じる話題でした*

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日は、特別暖かい春の日。
殆ど事務所にこもっていたため、夕刻は、早めに出て久々中島公園を通り抜けた。
日中の暖かさが残り、学校帰りらしい制服の子達や池を眺めながらベンチで休む人達が多い。
やはり犬の散歩も多く見かけられる。
公園1
普段この時間に来ることはないので、夕刻の写真も珍しいはず。
やはり朝とは違い夕陽のせいか少し画面が暖かく感じます。
菖蒲池の前で立ち止まると、ハトがすぐ隣に寄って来た。
残念ながら餌らしきものも持っていないので、ただ見ていたらやがて飛んで行った。
ハト
春先のハトは、まだエサが少ないせいか夏場のハトよりスリムに見える。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

西回り単独世界一周のため航海中のヨット「シーガル号」(浦滝船長)は、グアムからソロモンへ向かう途中、本日赤道を越える予定との連絡が入りました。
グジェリ
その際、赤道を越えるための儀式「赤道祭り」を行い、海の神様「ネプチューン」に感謝の気持ちを捧げるそうです。
航海中の情報によると連日35℃の気温が続いているようです。
室蘭港を出てから銚子~小笠原~GUAMに引き続きソロモンへの航海が、無事であることを祈ります。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

春です。今朝の気温+4℃、日中の予想気温+19℃と本当に暖かくなりました。
週末でもあり、思わず薄着で軽快な服装で出社しました。
昼食の為外出したところ、空は曇りですが明らかに気温は上がっています。
今朝からあらゆる報道は、天皇、皇后両陛下の結婚50年の特集です。
そこで、ふと50年前を思い起こしてみると、やはり今でも記憶に鮮明に残っているのは、祝賀パレードのテレビによる生中継でした。
テレビの画面の中もテレビを見ている我が家の外も、暖かい陽に恵まれたお天気でした。
考えてみると、我が家でテレビで・・・・・とすると、この頃がご近所一斉にテレビを買い始めたころで、確か我が家もこれを見たくて父も母も思い切って・・・、そしてこの日の前にテレビが届いたと思います。当時は、画面の映りが今ほど良くないもので、放送時間も短く限られていました。
あれから50年経ったのかと、子供の頃を振り返っていました。
子供の頃

[RSS] [Admin] [NewEntry]

連日のいい天気で、公園の日陰の雪も解け芝生も乾いてきました。
いよいよ公園管理事務所の皆さんは、朝早くから落ちた木の枝や落ち葉の清掃に大忙しです。
お蔭様で、公園はどんどんきれいになってゆきますが、そうとは知らずにゴミを捨ててゆく人々に渇!ですね。
公園1
菖蒲池の鴨の数も昨日より増えているようで、ハトもどんどん戻ってきているようです。
カモメは、今朝も2羽で仲良く池の中でじゃれています。
公園2
池の水量が増えて、もう少し暖かくなると亀さん達もやがて姿を見せてくれるでしょう。
さて今日は、日中の気温が16℃位になりそうです。
週末も暖かいとの予報で、いよいよ春山菜のシーズンですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝の気温+0℃ですが、陽射しが暖かく感じるため寒さは感じません。
06:30ラジオ体操の参加者は、日に日に増えてゆくような気がします。
池を囲んでいた立ち入り禁止の札も撤去され、芝生の雪もほぼ解けて春の景色になりつつあります。
菖蒲池1
菖蒲池の氷も解けて、青空を写してあちらこちらに鴨の姿が見られるようになりました。
ようやく池を回る歩道が開通して、犬の散歩も可能になり雪で落ちた木の枝も、公園管理事務所の手で数箇所に集められています。(ご苦労様・・・・)
そして、まだひっそりと静まりかえっているボート乗り場の桟橋から見る景色は、池に藻岩山が写された美しい絵のようです。
菖蒲池2
今日の天気予報も+13℃まで気温が上がるようで、春が近くなるようです。
今日も池にカモメが来ていて、元気に飛び回っています。
カモメ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝は、順調に目が覚めカーテン越しの陽射しも明るく、颯爽と散歩に出かけました。
06:30ラジオ体操の人も徐々に増えています。
芝生の雪も解けて歩きやすくなっています。
池の水量はまだまだ少なく、薄氷が浮いています。
そこでハトの群れを[発見!元気そうです。カラスの存在が余り感じられないくらい元気です。
ハト
菖蒲池も殆どの氷が解けていて、数は少ないが鴨が気持ちよさそうに泳いでいる。
鴨
やはり池には、鴨が一番絵になります。
やがて、子連れの鴨の姿も見られることでしょう。
その中にカモメが2羽いて、飛び回ったり水面をゆったり泳いだりのどかです。
カモメ

おまけに、猫までエサを求めてうろついています。
猫
春とともに公園には、いつもの仲間たちが戻ってきたようです。
後は、亀さんと青サギが出てくるのが待ち遠しいですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今週末から来週にかけて気温も少し上がり気味で、更に雪解けを早めてくれるようです。
まだまだ公園を散歩する人々の数は少ないのですが、やがて犬の散歩もジョギングも近くのホテルの観光客も増えてくるでしょう。なにせ、ラジオ体操が始まりましたからね。
香りの広場
犬の散歩者が多い香りの広場も、現在芝生がまだ乾いていません。
カラスが独占して飛び回っていますが、ここはやがて犬の駆け回る広場になります。
そして公園で一番早く咲くサクラは、豊平館横の大きな木です。
よ~く、注意して観察すると、どのサクラよりもこれらの芽の状態が、すでに膨らんできたように見えます。おそらく月末かその前ころでしょうか?
サクラの木
雪解けの次は、サクラの開花が待ち遠しいですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

朝の明るい陽射しで目が覚めて、天気予報もよさそうなので急ぎ公園を目指すことにした。
ともかく冬の間、雪道が危ないため運動不足になってしまい、昨年秋までのリハビリの効果が消えてしまっています。
やはり杖を持ちながらも頼らずに心がけて、運動効果を意識して歩きます。
公園1
06:30豊平館の前にラジオ体操のグループが、元気良く集まっていた。
今年はじめて見る光景ですが、今日はまだまだ少人数だが暖かくなるにつれて増えてきます。
その横を通りぬけて菖蒲池方面から、香りの広場・体育センター方面へ向かう。
舗装の出ているところを歩き、犬の散歩をする人達とすれ違いますがまだまだまばらです。
気温は、0℃で余り寒さが感じられない程度です。
足の調子が思ったより良いので、まだ距離を延ばそうと歩き菖蒲池の南側の道路出てみてガッツカリ!陽当たりの悪いこの道路は、残念ながらまだ雪道でした。
雪道
ここから引き返して、再度香りの広場を通りぬけるが、ハトも鴨もまだ姿が見られず相変わらずカラスが鳴きながら飛び回っています。
よ~し!これならばコースを考えれば歩ける!と確信して帰路を急いだ。
日中の気温は、10℃まで上がるようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

新学期・新年度など日本では、4月が役所・会社・学校などの新年度の始めとされています。
ロシアでは、役所や会社など12月に〆て1月に始まり、学校は9月に始まり6月に終わります。
日本では、人事異動が終わり転勤や移動で皆様忙しい季節です。
昇格された方々にお祝い申し上げます。
不景気風が吹き暗い話題が先行しておりますが、そんな中でも逞しく行きましょう。
グジェリ
このグジェリの置物は、おそらくプレゼントされたもので、自分では買わない系統のものですが、
良く見るとメルヘンチックなデザインで、もう一つの方は、チョウザメがキャビアを抱えているこれも面白いですね。
そんなこと考えて見ていたら、ロシアの昔話「大きなカブ」などを思い出し、今度時間がある時ロシアの童話や昔話を見直してみよう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今でこそロシアで呑むビールは美味しく、いろいろな種類を選ぶ楽しみも出てきました。
もともとロシアのビールは、余り泡がでないピリットした感触もなく、おまけに冷やして呑む習慣がなく敬遠しておりました。
おまけに瓶や缶入りよりも、地ビールが街中で量り売りされていて、入れ物を持って買いに行ってました。その頃外国製の飲み物のペットボトルは、大事にリサイクルされて使われました。
ジョッキ
その頃の温いビールは、比較的ウオトカのチェィサーとしロシアの友人が呑んでいて、後々私もそれに準じて呑むようになりました。
ロシアに豊富なサケ・マス・様々な魚の燻製、キュウリ魚の干物など、ビールのつまみには最適です。今では、アサヒ・サッポロ・キリンなど日本のビールもロシアで手に入りやすくなりました。
これから夏にかけて、ロシアもビールの消費がふえる季節です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。