2008年08月

2008年08月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

8月最終の日曜日です。
朝6:30外は霧が出ていて薄暗いが、この霧が晴れると暑い陽差しになるだろう。
公園では、いつもと違いジョギングというよりも本格的なランニングで走る人が多い。
明らかにマラソン参加者です。
長く続いた曇り空のせいで亀の姿は久しく見えないが、その縄張りにはしっかり鴨が居座っています。鴨
さて今日は、北海道マラソンが12:10に真駒内競技場をスタートする。
コースは、豊平川の東側を北へ向けて下り、東区~北区~西区~中央区へ戻り、中島公園でフイニュシュする。すでに昨日から市内の各所には、選手と見られる人達が姿をあらわしていた。
道内外から多くの選手が来ているようです。
マラソン
7:00すでにゴール地点では、準備も完了していて何時もの朝とは雰囲気が違っています。
ここも午後からは、応援の人々とゴールした選手達と、おおいに盛り上がる光景が見られるでしょう。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

呑み会にもいろいろあるが、昨夜は実に懐かしく楽しい集まりでした。
おそらく15年位まえから現在まで、サハリンに駐在した仲間の集まりで、特に今回は
遠方から来道された方を囲んで集まりました。
それぞれの時代と仕事の事・遊びの事・そして一緒に過した人達の近況など、
時間を忘れるくらいに盛り上がってしまいました。
その余韻で気持ちよく熟睡し、目覚めた今朝も曇り空で雨模様です。
天気予報の通り午前雨、午後から晴れ模様が当たりそうです。
さて公園は、ラジオ体操の人を除いては散歩の人もまばらです。
ハトや鴨の間を通り抜けて菖蒲池へ向かうと、エサをついばむ鴨の群れの中に大き目の
鳥を発見、なんと青サギがいるではないか!!。
青サギ
逃げられないように最初は遠目から、徐々に近づきシャッターを切るがやはり興奮していたのか、結果は手振れしていました。やがて大きな翼を広げて飛び去って行きました。
このような出会いがあるから、公園の散歩はやめられないのです。
そして散歩を続けると、昨日から気になっていた景色にたどり着きました。
落ち葉
未だ8月の終わりだというのに、連日の雨でもう落ち葉が散り早くも秋がここにありました。
そしてまたまた降りだした雨の中を、急ぎ足で歩きました。
また暑さが戻るという天気予報が当たれば、池の亀も姿を現すでしょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

目が覚めてからテレビのニュースは、本州の水害の報道です。
外を見ると藻岩山は、雲に隠れて見えない。
この程度ならと思い傘を持たずに出ると小雨だが、そのまま公園へ向かう。
人が居ないせいか今日も鴨が芝生にいて、近くではカラスがたむろしていました。
カラス
人の少ない芝生を歩き南側をめざすと、急に雨脚が速くなってきたのが、濡れる覚悟で散歩を続ける。連日の雨のせいか黄色い落ち葉が、更に秋を感じさせていた。
雨はまだまだ激しくなり、やはり引き返すことにしたら小ぶりになる。
雨
この季節の雨を考えると、北海道もサハリンもジャガイモの収穫期で、早めに収穫しなければ地中で腐ってしまうのです。
日曜日から良い天気が戻るようなので、少し安心できるでしょう。
北海道マラソンは人出が多いのでしょうが、たまにその雰囲気に触れてみようとおもいます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日は、気温が低いのに非常に蒸し暑い一日でした。
どこへ行っても、室内は蒸し暑くハンカチで汗をふきまくってました。
そしてて今朝は、気温が上がり所々青空も顔を出していますが、天気予報は午後から雨で、
昨日よりも湿度の高い日になりそうです。
さて公園では、ラジオ体操の参加人員が少なくなりました。
芝生では、早い時間誰かがまいたと思われる餌に、鴨+ハト+すずめ、おまけにもれなくカラスが忙しく動き回っています。
雨上がりの清清しい道を歩きました。
その行く先に突如テント村が出現しました。
テント村
何だろうかと近づいて気がついた、日曜日に開催される北海道マラソンのゴールなのだ。
一流選手から市民ランナーまで、かなりの人々が街の中心部をかけ抜けるのです。
すでに大通り周辺に交通規制の看板が立てられています。
夏から秋に向かいスポーツのシーズンが到来します。
ゴール地点には、観覧席も作られています。
観覧席
久しぶりで、興奮の模様を見たい気になった。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝は雨降りです。
杖を傘に持ち替えて出かけましたが、小降りのため杖代わり歩きます。
雨なのにラジオ体操の音楽が聞こえるので見ると、豊平館のバルコ二ーの下で少人数が元気に体操している。さすがに散歩する人は傘をさして少人数です。
そのためか、鴨が芝生の奥まで上がってきています。
急に雨の降りが激しくなってきたため傘を差して歩くと、池の中でも鴨たちが戯れています。
鴨
更に雨が激しくなるため芝生を避けて、舗装道路を歩き頑張ろうとしたが、ますます雨が激しくなり引き返す。ラジオ体操の人達が帰った後、私もバルコ二ーの下で雨宿りをする。その際見える景色を
pachiri!。雨降り
雨降りの景色もいい中島公園です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

何時もの日課、私の散歩を出迎えてくれる公園の仲間は鳥達です。
ハトは芝生の上で餌をついばんでいて、そこいらに何かあるようなら、カラスが来ます。
ハト
公園もハトは、大通公園のハトに比べればそんなに肥満ではなく、おそらく餌をばらまく人がいても、ほとんどが鴨とカラスが食べてしまうようです。
そして、見るからに愛嬌があるのは鴨です。
鴨
彼らは水陸両用ですから当然池の中にも餌があります。
かんなにも街の中心地にある公園で、これだけの数の鴨が見られるの珍しいでしょう。
そして、時折姿を現してくれる青さぎと、やはり石狩方面から出張して来るカモメがいます。
当然、すずめがいて、賢いカラスがそれなりの幅を利かせています。
やはりカラスの行動範囲は広く、公園の周辺のゴミステーションにも出かけて行きます。
私は、鳥類に知識がないためわかりませんが、何種類かと小鳥も生息しています。
貴重な鳥達が、安心して住みつける環境を維持したいですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

初来道のサハリン州知事を迎えて、北海道知事主催の歓迎パーティ-が開催されました。
現地から来られた面々のほか、日本側の出席者は限られた人のようでした。
サハリン側の出席者の顔ぶれも、現知事に代わり以前の顔ぶれとはかなり新しいメンバーのように感じられました。
というのも、以前の歴代知事とは完全に違ったルートから選ばれた人で、側近もがらりと変わったのでしょう。
サハリンとのこのようなレセプションには、20年以上前から出させていただいていますが、その雰囲気も時代の変化が感じられます。
サハリン
確かに政治の形態や経済状態の変化で、向こう側がいかに急激に変わっているかが判ります。
そうなれば、お互いの地域がもつ特色を生かした経済交流が必要であるか、今実践するときであることを、時代に乗り遅れないように考えなければならない。
北海道側から近い近いと思っていても、ビジネス上のルートはまだまだ近いとはいえない気がします。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝のは気温15℃で、雨も降っているので厚着をして出かけた。
ラジオ体操帰りの人々とすれ違い公園を歩く。
こんなにも早くしかも雨の中で、豊平館を写生している人がいる。
菖蒲池の看板が完成していて、これで菖蒲の季節を意識する人が増えるでしょう。
看板
ここから雨の降りが激しくなり一旦東屋に非難しましたが、すぐに止んだので又歩き出す。
何時も見慣れた松を天文台をバックにPACHIRI!
公園の松

その時怪しげな動きをする人物が気になった。
なんと池の淵に建てられた「餌やりやめよう」看板を引っこ抜き、しかも看板を細かく砕いて杭と一緒に自転車に積み立ち去っていった。
急な出来事に唖然としてしまったが、明らかに顔を隠してきょろょろ周りを気にしながらの犯行です。
公共施設の器物破損ぐらいの罪になるのであろうか?
一ヶ月まえころから気になっていたのだが、一度公園の看板が全て消えたことがあり、そのときは、効果が出たため管理事務所が、看板を撤去したと思っていました。
それが、今日の現場を見てそうではない事が判り誠に残念です。
遠めから見てお年寄りであることは、間違いなく餌やりをやめるようにという趣旨を誤解しているに違いないのだろう。実に悲しいことです。
この先管理事務所が、犯人探しを始めて犯人を捕まえたときの事を考えると、複雑な気持ちです。
ご老人の寂しさを紛らわす行為と、動物に対する間違った優しさが罪になってしまいます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

写真は、中島公園香りの広場のオブジェです。
公演のオブジェ
金曜日の夜、何時もの「フラワー」でくつろいでいると携帯電話が鳴った。
相手は、長いお付き合いをしていただいているクルーズ会社の営業責任者のM氏で、品川で仲間と呑んでいるという。最近になって私の病気のことを知って、かけてきたということです。
こち、らから、9月のウラジオストク出かけることを告げると、安心していただいたようだった。
そうすると次の人に相手が代わり、同じ会社のクルーズアドバイザーのベテランE女史だった。
彼女とも同じくらいの長い付き合いで、今回ウラジオストクで再開できるとのこと。
更にもう一人が代わり、大手ホールセーラーのTさんだった。
Mさん+E女史→Tさん?呑み友らしい。
そして、共通の知り合いに、SUGIYAMENOKOが出てきたと言う。
世間の狭さとその共通点にあった事を聞いて、嬉しい夜でした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

最近病気をして依頼余り遠出をして居ないが、先週友人の誘いで何年か振りで真駒内公園を散歩した。天気のよい日曜日のせいもあって、様々の人が散歩やピクニック、おそらく今月末に行われる北海道マラソンのトレーニングの市民ランナーも走っていた。
もう遠い昔の陸上競技の現役時代を思い出しました。
公園ではもうくるみが収穫期に近付いていて、栗も少し大きくなりかけていました。
そして、毎日続けている中島公園散歩もすでに5ヶ月目になろうとしています。
身体のことを考えてのリハビリ散歩ですが、このエリアだけでも充分に季節の移り変わりを感じることガできます。
今朝は、ススキの穂がもうこんなにも成長していました。
ススキ
もう夏の終わりを感じさせられます。
桜

更に戻りかけると、若い桜の木が選別されていたことにきずいて、やはりもうそんな季節かと思いました。どんどん時は流れて行きます。
まだまだ身体を鍛えなければなりませんね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

中島公園の北側入り口地下鉄駅寄りには、子供用の施設があります。
子供1
それを象徴するシンボルのモニュメントです。
すぐそばには、ボート乗り場があり家族連れがくつろげるエリアです。子供2
そしてなんといってもここには、北海道を代表する人形劇場「こぐま座」がいまだに活躍を続けています。私の子供時代からそして、その子供達へと忘れがちな素朴な夢を伝えてくれています。
現在のことは詳しくはわかりませんが、私の子供のころは地方へも公演に来てくれて、素晴らしい演技を生で見ることができました。
そのような思い出にふけっていたら、できれば一度見てみたいきになってきました。
おそらく歴史的にも古く、是非今後も発動を続けて行ってください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

最近公園の朝めっきり人が減ってきている。
散歩する人は相変わらずだが、減っているのはラジオ体操やジョギングです。
結局散歩を毎日欠かさない常連だけが、残ったという感じです。
今朝の気温は15℃と涼しく、だんだんしのぎやすい気候に向かっている。
しかしこの後、また残暑が来るとの予報もあるようです。
今日の散歩は何時もの反対周りを歩く。
すると、何時もの鴨の鳴き声ではない声に足を止めてみると、それはよく港で聞かれる
カモメの鳴き声だった。
画像 246
珍しく3羽が菖蒲池にいて、そのうち1羽が飛んだが慌てて撮った写真があまりよくない。
多分石狩港あたりからエサを求めてくるカモメが、急速の場公園を見つけたに違いない。
彼らも餌やりがばらまいた餌の残りをあさっていた。
そういえばあえて触れていませんでしたが、ここ1ヶ月位餌やり禁止看板が撤去されていたのが、今日から復活していました。
画像 245
確かに一時的に餌やりが減って看板が撤去されて、その後またまた増えてきていて管理事務所が再度看板をたてたのでしょう。
餌をやる人々にその辺のモラルは、全くないようですね。
その後の対応に注目してみましょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝は、06:30にでかけた。
もうか風が涼しくやはり秋を思わせる雰囲気です。
公園に入ると池の石に上にはなんと亀ではなく鴨が場所をとっているでわないか!
良く見ると、石の周りには場所をとられてしまった亀が泳いでいる。
鴨
この縄張り争いは、早いもの勝ちで鴨は動こうともしないで居座っている。
その内亀たちは、諦めて水中に消えてしまいました。
人が少ないせいか、鴨達の多くは陸に上がり芝生の上でエサ探しをしている。
さて、昨日からつけはじめた万歩計の多少意識して、歩数を増やそうとして歩く。
文学館
普段あまり通らない道に出て気がつくと、北海道立文学館の玄関前でした。
実は、まだ一度も入館したことがないが、あまり知られて居ないお話ですがある作家が昔サハリンを尋ねたことがある、と聞いていたのを確かめたくて近々来る予定です。
そして更にボート小屋を回り池を一周して、パークホテルの裏を通り豊平館へ抜けて帰りを急ぐと、池の石の上では、鴨がまだ就寝中でした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

3日ぶりの公園散歩です。
気のせいか、ラジオ体操の人も少なく見えます。
いつもより園内は、静かに感じるほど人もまばらです。
そして鴨達もいつもとは違う場所でたむろしていたり、泳ぐ池の方向も少し違っているようです。
鴨達
おそらくエサやりの人が立ち去った後らしく、カラスもこの辺を散策しています。
やはり彼らは賢く、常に高いところから美味しいもの狙っていることが判ります。
気温は17℃くらいで、涼しく感じますが陽射しが暖かく、亀も石の上に出てきました。
今日から訳があって万歩計を持ちましたので、意識的に歩数を確保しようと歩きました。
時間的な制約もあるので、いいところで引き上げようとして、以前から気になっている記念植樹をパチリと一枚。サクラ
キタラの正面玄関前の芝生に植えられた、エゾヤマザクラです。
6月26日の日付けで、環境首都宣言のして植えられたやはり「サミット」に関連したものでしょう。
やがて、可愛い花を咲かせてくれるでしょう。
又一つ、公園の名物を発見しました。
すでに紫陽花は最盛期も終わり、その頭上ではナナカマドが実も葉も色づいてきました。
そして、トンボを見かけると秋が入り込んで来たようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

雨上がりと共にすっかり涼しくなりました。
朝の気温は20℃ですが、日中の気温も24℃までと東京の皆様には、うらやましがられることでしょう。今朝も住宅地の中を歩き、家庭菜園やガーデニングを拝見しながらの散歩です。
ひまわり
もう最盛期は過ぎましたが、遅咲きのひまわりがかわいらしく残っていて、ひときわ目立っています。
その周りには、すでにコスモスが書き始めていて、そこにトンボが飛んでいてすでに秋を感じさせていました。ナナカマドは、日増しに赤く色ずいて行き風も段々涼しくなっています。
花壇
そういえば、春に見た北区市民ガーデンの現在の様子が気になり行って見ると、やはり夏の花から秋の花への交代の季節でした。
旧琴似川に沿って参加する人それぞれのセンスで、植えつけられた花々が季節ごとに咲き誇り、見る人の目も楽しませてくれている。
郊外の地域ならではの恵まれたスペースです。
近くには、百合が原もあり時間があれば、のんびりと花めぐりができますね。
中島公園とは、また違った発見ができた散歩コースでした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

お盆のお墓参りで母のもとへ。
と、いっても私にとっては、現実から逃れたノーンビリ休暇です。
そして、日課の散歩も篠路駅周辺の新鮮なコースを、気の向くまま歩きました。
石倉
駅近くで見かけた石造りの倉庫風の建物です。
篠路は、古くから農業と旧札沼線が止まる事から、古い歴史を刻んだ街ですが、今や周辺の住宅地の人口増加で旧商店街は空き家が目立ちます。
昔の繁栄の面影は、篠路神社が物語るだけですっかり静かなたたずまいです。
そんな事を考えながら旧琴似川を渡ったところで、かつての名物玉葱畑に辿りついた。
玉葱畑
小さな畑ですが、普段見ることの出来ない収穫まじかな玉葱が、朝日に輝いていた。
すっかり新興住宅地に変貌した歴史あるこの地区にわずか残された、繁栄の名残を見た感じでした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨夜は、オリンピック野球「星野JAPAN」の勝利を確認して就寝しました。
明けて今朝は、予報が当たり雨降りです。
傘を持ちたくないので,降りを確認して外へ出たら、まあ~いけそうな降りです。
今日は、63回目の終戦記念日につき散歩コースは、護国神社へと決めていました。
神社1
護国神社には、先の大戦で犠牲になった人々を慰霊する様々な碑が建てられています。
特にここには、北千島やアッツ島・樺太関係・北海道全海軍の慰霊碑などがあるため、自分とは無縁と考えられず、昨年から訪れています。
一つ一つ碑を確認しながら、自分が仕事で訪れたカムチャツカ方面・サハリン・千島列島・ニコライスク・アムールを思い浮かべながら、歩きました。
それぞれの時代ですが、あれほど遠いところで戦いがあったことを、忘れてはいけないと実感しました。神社2
戦後63年も経ち平和を象徴するべきオリンピックが開催されている最中に、グルジアで起こっている紛争は誠に残念です。そして、相変わらずロシア対アメリカの構図に変りはないのです。
そして、関係する国同士がオリンピックで対戦する種目もあるようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日から急に涼しくなりました。
駒大岩見沢高校の思わぬ敗退でしたが、これまでの頑張りにエールを贈りたい。
オリンピック報道も加熱状態で、金銀胴取れた選手も取れなかった選手も、実力とコンデションがマッチして取れるものでしょう。マスコミがあまりにうるさすぎる気がしてしょうがない。
結果を予想しないで、実況報道にだけ専念して貰う方が見る側もらくなのに。
女子マラソン野口の欠場については仕方がないことですが、補欠のエントリーをしていなかっつたことにこそ不満を感じる。スポーツは、結果を先読みできるものでしょうか?
今日の公園は、お盆のせいかひっそりとしていて、鴨達はいつもより伸び伸びとしているように見えた。鴨1
曇りの日は、比較的池を泳ぐ姿が目立ち、陸で居眠りしてる鴨は殆どいない。
エサやりもお休みのようで、これが本来の鴨の行動なのだろう。
鴨2
そして、泳ぎ疲れたのか陸に上がった鴨は何か考え込んでいるようにも見える。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

目が覚めると外は曇りで薄暗い。
久しぶりに外気は涼しく、ラジオ体操が始まる前に公園に向かう。
いきなり驚いたことは、菖蒲池のほとりで鴨達の寝場所近くに、自転車5台が止められていて、
その周辺にシートにくるまっつた人々が寝ているのです。
そばを通り抜けて見ると、皆様は熟睡してる。様子からして明らかに長旅であろう。
さすがに鴨達も遠慮して他の場所に移動していたし、散歩やラジオ体操に来る人々は、珍しそうに見ていた。まああ~、公衆トイレも近いし、水飲み場もありゴミさえ置いてゆかなければ、宿泊OKかな?と、思った。
木立の中を歩きふと見上げれば、なんとナナカマドがすでに色づいていた。
ナナカマド
今日からお盆でその後は、急速に秋に向かう気配がここに感じられる。
天候も今日から崩れる予報で、明日は雨になる模様。
回るの会社やお店も今日からお盆休みだが、私は入院中の遅れを少しでも取り戻すため、休みなしの覚悟です。
大体いつもの距離を歩き戻りかけると、見慣れた看板をパチリ!。札幌のシンボル鳥はカッコウ・木はライラック・花はスズランです。
札幌のシンボル

[RSS] [Admin] [NewEntry]

浜茄子ジャムは、喫茶フラワーで一部の知人にご試食いただきましたが、全員初めて食する方ばかりでしたが、褒めていただき次回の製作の参考にもなりました。感謝申し上げます。
さて、今日の公園も朝から気温が上がり気持ちのいい散歩でした。
表題の通り「亀の特集」です。
公園で彼らを見かけられる場所は2箇所です。
まず、豊平館前の池の石の上や、その周辺を泳ぐ姿を良く目にします。
亀1
亀は、大変用心深く人が近付くとすぐに水中へ潜ってしまいます。
勿論彼らは、陽射しの暖かいとき必ず甲羅干しに現れ、曇りの日は水の中です。
もう一つの居場所は、豊平館前からキタラに向かう橋の下にある二つの石の上で、ここでは最高4匹が確認されています。またそこに鴨が割り込むことも目撃したこともあります。
亀2
気がつく人達は、ここから記念撮影することが多いようです。
親亀+小亀の微笑ましい姿が見られます。
そして、運がよければ陸上を歩く亀を見られることもあります。
私は、3回経験しましたがのそのそと芝生を歩く亀も不思議な感じです。
亀3
それは、香りの公園の浜茄子畑の前の芝生で見かけた亀で、本当に驚きました。
そして瞬間思ったことですが、もしかしてこの亀自分が小さかったころ売られていた、札幌まつりの夜店の場所を目指しているように見えたのです。(そんなことないか?)
そうしたら、亀は進行方向を変えて鴨々川の支流に向かったので、安心してその場を離れた。
やはり公園の亀たちは、皆さん祭りの夜店の出身のようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先週土曜日に採取いたしました浜茄子を、昨日試作に取り掛かりようやく完成いたしました。
ジャム
作業工程は、まず収穫した現物を水につけて表面の汚れを落とします。
次にヘタを切り取り真二つに割り小さめのスプーンで、中の小さな種をくりとります。
*ともかくこの作業に手間がかかりますので、根気よく行わなければなりません*
後は、種や不純物を取り除くため何度か水洗いを繰り返します。
その後の作業は、通常のジャム作りと同じです。
さて、試作品を作り終えての感想ですが、今回は浜茄子の実の果肉を残したためママレード風になりました。次回は濾してみようかとも思います。
また、今回は、あくまで素材を生かしてみましたので、次回は何かを加えてみるのもよいかと考えています。
やはりこのジャムもそうですが、紅茶を飲みながら味会うにがよいでしょう。
或いは、クッキーのトッピングにもしてみたい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日の散歩は、何時もより遅く出かけました。
ラジオ体操も終わりいつもより人が少なく、のんびり感がしている。
陽射しはすでにきつく、芝生が乾いている。
公園
ボート乗り場まで足を延ばすと何時も見慣れない景色、菖蒲池に映る景色とキタラ・藻岩山がワンショットに入ります。今日の最高気温24℃と涼しい予報です。
昼の公園は、もっと人の出が多くなるだろうと考えていたら、「フリーマーケットはどこですか」と、道を尋ねられた。この時間エサやりも見当たらず、池の鴨も穏やかに泳いでいる。
休日なのだから少し長めの距離を歩いてみた。
公園2
そして、池に映る豊平館の姿を一枚、亀も甲羅干し・芝生で寝っころがる人など、穏やかな光景を後に戻る。
帰宅後見たニュースで、柔ちゃん銅メダルと判定負けした場面が繰り返し流される。
前から感じていることだが、何時の間に柔道がガッチリと組まなくなってしまったのか?、
お互いに動き回り相手の襟や袖を取ろうとしているだけの動きの評価で、審判の指導や判定が出てしまう。そんなことを想定しての柔道は、ますますつまらない格闘技だし、本家の日本柔道はどうなるだろうか。世界ルールに合わせてメダルを狙うのか?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今朝も晴れですが、昨日より気温が下がるそうです。
土曜日につき今日は、浜茄子の収穫日と決め豊平川原をめざす。
公園を通り抜け幌平橋を渡り川原へ下る。
多分いつもより3倍の距離を歩くことになり、気合を入れていきました。
川原1
久しぶりの川原ですが、ここは公園と違いジョギング+犬の散歩以外人は居ません。
ただ、相変わらず向こう岸かからトランペットの音が聞こえている。
やはり公園と比べると何か殺風景な雰囲気に見えてしまう。
川原2
目指す収穫物は、イメージしていた場所にあった。
公園の物よりは、木が若いためか実も少し小さめです。
今回は、とりあえず試作品なので、少量だけ採らせていただき戻る。
帰り道さすがに何時もより遠くへ来たもんだ、と思いながら長い距離を歩きながら、
やはりこれくらい距離を延ばしたほうがいいのかとも考えた。
さて、帰宅して水洗いしてみたら以外に量が多かった。
収穫物
見た目で、ミニトマトではありません。
これからじっくりと、製品に仕上げてみますので、ご期待ください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日本最大の客船「飛鳥Ⅱ」は、今年ももウラジオストクへ寄港します。
9月5日朝入港~一日の観光や買い物、ローカルショーを楽しんだ後夜出港し、次の寄港地は富山県伏木港です。
ウラジオ1
現在ウラジオストクは、ロシアの経済発展の影響を受けて、周辺の港の機能を生かし様々な外国からの東の玄関口として、発展を続けています。
また、2012年のエイペック開催の準備がすでに始まっており、地域全体のインフラ整備が進んでいます。その中でも港の開発はめざましく、シベリア鉄道の輸送にアクセスするための港湾整備が注目を集めています。
ウラジオ2
そのため外国からの観光地としても更に開発が進み、空港や道路の整備計画が行われています。
特にこの港は、クルーズ船の観光に適していて、港や鉄道駅を中心に賑やかな街を歩き、美しい港町の風景や歴史などを充分に楽しむことができます。
今回も事前に先乗りををして、船客の皆様のために様々な準備をいたします。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

札幌は、連日暑い日が続いておりますが、皆様夏ばてなんかしていませんか?
本州や九州は、もっと蒸し暑さが厳しいようですが、お体ご自愛ください。
ところで、今私の身体を気づかっていただいているアドバイスに、ペットボトルのお茶類よりも水を飲めとのことです。なぜならお茶類は、すぐに尿になり出てしまうが、水はある程度体内に留まり新陳代謝が良く汗などで体外へ出るそうです。現在一生懸命実践しております。
今日は、北海道を中心に七夕まつりです。
残念ながら今は、マンション街に住んでいるため七夕飾りを見ることなく、少々寂しい思いをしております。今日当たり、夜の公園を散歩して涼んでみたい気もいたします。
さて、今日も長めの散歩をしました。
エサをやる人
すると、いたいたエサやり真っ最中の年配女性が、芝生に座り込んで多くの鴨を集めていました。
そこを通り過ぎると今度は、ボート小屋の隙間で猫にエサをやる年配女性がいるではないか!!!。
特にここには、猫が糞を撒き散らすのでこの付近でエサをやらないで、と何箇所も張り紙がある。
それでもやめないのですね。
猫
なぜ屋ってはいけないのか、その理由をしっかり考えてください。
一年中彼らにエサをやり続けることができますか?
かつて見た大雪山・旭岳山頂の肥満のキタキツネの姿と、その冬の彼の行方が想像できるのです。
エサをやるおじさんやおばさんに、それを理解してもらう方法はないのでしょうか?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

以前ご紹介いたしました「浜茄子ジャム」作りを目指して、今朝公園からサンプルをいただいてきました。完熟までもう少しでしょうか。
画像 225
公園の浜茄子も日当たりの加減で、大きいものと小さなものや熟し加減が違います。
あと一週間くらいで収穫時と見ていますので、豊平河畔か遠くは石狩浜かで多少多めに採る予定です。なにせバラ科の植物ですから、とげに刺さらないように軍手をして採り、その後じっくり時を見計らって、ジャムや其の他の料理をしてみようと思います。
皆様お楽しみにお待ちください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日は、63回目の広島原爆記念日で、朝のニュースは式典の会場から中継しています。
注目すべきは、今年過去最高の海外からの参列者が、50数カ国になったということです。
勿論ロシアも来ていますが、残念ながらアメリカは参加していません。
そして、9日の長崎原爆記念日・15日の終戦記念日と63年前を振り返る日がつづきます。
この間に北京オリンピックが始まります。2008年8月8日開会式とは、意外な縁起かつぎですね。
今朝の散歩は、すでに20℃を超えていて、ラジオ体操をはじめジョギング+犬散歩などかなり人の数は多くなっています。そこに、エサやりおじさんがいて鴨やハトよりもカラスが取り巻いていました。
木々
地上の生き物達は、天気のよさに活発に動き回り、亀は今日も甲羅干しをしています。
天気のよい日は、空と木々の景色がいい。また私のリハビリには、空を見上げる運動がいいような気がする。
木々2
澄みきった空の青に木々の緑が実に目に優しい。
さあ~今日は32℃にもなるようだ。暑さに負けず頑張ろう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

4月に退院以来、雨の日も欠かさず続けておりますリハビリ散歩ですが、
想像も出来なかったゲストが、公園に現れました。
昨日仕事のことで打ち合わせさせていただいていたOさんが、明朝公園に届けると
おっしゃるので、さてどうなることかと半信半疑で朝出かけたら、なんと6時過ぎに
公園に登場しました。
公園の橋を渡るとき留めてあるバイクが一瞬気になったのですが、やはりこれが
Oさんの新規購入された自慢のバイクだったのです。
かなり以前のブログにも書いたのですが、なんだかご機嫌そうに一緒に呑んだ
際に「俺バイク買った」と聞かされたのでした。
初めて拝見したが、余りの格好のよさに羨ましい!!感じです。
亀
しかも今日は亀が3匹も勢ぞろいで甲羅干し、そしてもう一箇所の石にも1匹登場で気温もすでに20℃を超えていました。
なにせ、月寒方面から短時間で来られたと聞き、またまた驚き!!。
かも
ところで、どうして彼が登場したのかといえば、まさかと思っていた彼が、当ブログを偶然発見し
朝の私の行動がばれたのです。
朝6時~7時でしたらsugiyamenkoいやいや、亀や鴨や青鷺に会いに公園へ出かけてみませんか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

この季節サハリンでも札幌でも浜茄子の実の収穫期が近い。
浜茄子1
全体がもう少し赤く完熟したら収穫の時期です。
バラの仲間だけにとげに気をつけって実を摘み取り、ナイフで二つに割り中の種を取り除き、後は通常のジャム作りと同じです。
私は、ロシアでこのことを教わり、出来上がりは紅茶を飲みながらいただくと実に旨い。
ロシア人に言わせるとこの渋みが体にいいんだそうです。
またこの実を乾燥させて、甘く煮立てた紅茶に入れて飲むとやはり渋みが出て、後味が楽しめるともいいます。
浜茄子2
今年は、必ず実現します。ご期待ください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先週に引続き金曜日の花火大会は、心配された雨にも免れてかなりの人出でした。
徒歩で来る人の波と車での交通渋滞は、明るい時間帯から続いていました。
明けて土曜日は、早朝から雨が降ったり止んだりで、傘が欠かせない涼しい一日でした。
そして午後、懐かしい音楽の音に誘われて公園を目指すと、イベントエリアで「さっぽろ元気まつり」
看板を発見しました。
イベント1
土・日曜日の二日間様々な企画が用意されていて、内容を見ると素朴な手作り的なものだが、チョット参加したくなるような内容です。
主催元はよくわからなかったが、比較的若い人達が動いていて、参加者も小さな子供連れの家族が主体のようだ。また、あいにくの雨で動いてはいないが、地下鉄のミニ版がレールをひいて準備されていた。イベント2
大通公園のビール祭りにはない家族的な企画に、或る意味HOTで好感がもてる。
出来れば飲み食・ゲームばかりではなく、普段の公園利用に関することも伝えてくれるといいなあ~と感じた。今日も時々雨のようだが、企画の成功を願いたい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。