2008年02月

2008年02月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨日母の生まれ故郷の青森りんごをいただいた。
妹さんから青森米と共にりんご「ふじ」が送られて来たおすそ分けです。
袋を開けると爽やかな香りが、まるでアロマのように匂いました。
りんご

青森りんごといえば、今ロシア極東地方の有名ブランドになっています。
年間さほどの量を輸出しているわけではないが、積極的に輸出を続けているからです。
それよりも大量にロシアへ中国は、「富士」という品種を作り持ち込んでいます。
青森のブランドはあくまでも「ふじ」なのです。
相変わらずパクリ商法ですね。しかしロシア人は、大量の農薬使用を敬遠して余り人気がありません。スーパーに両方が並ぶ場合、青森産は3倍の値段がつきます。
たいていの食品は、りんごと同様に日本ブランドが高級品扱いです。
さあ~頑張って、ロシアにいろいろな物を売り込んでゆきましょう。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日雪まつりがオープンしました。
朝からかなりの人出で、大通会場で見かける人々は、いろいろな国籍が入り混じっています。
雪像3

5丁目会場の旧札幌駅(停車場)の大氷像です。
当時、北海道の鉄道は、小樽の手宮と幌内炭鉱間が始めて開業、目的は石炭の本州送りを目的にされその際、首都札幌に造られた停車場です。
特に今年没後100年を迎えた「榎本武揚」が、この鉄道開業に尽力を注いだことは有名な史実です。
雪像4

その氷像の向かい側には、中雪像「頑張れ!コンサドーレ」が造られました。
昨年、念願のJ1復帰を果たしたコンサドーレ札幌の活躍を祈願するものです。
とはいえ、財政難に悩みながらの復帰ですが、三浦監督の采配と選手の皆さんの活躍を、北海道民がこぞって応援しましょう。
プロ野球日本ハムファイターズの活躍と合わせて、北海道を明るくしてください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

明日の開会式に備えて各会場では、総仕上げの段階に入っています。
5日~11日まで、三会場では様々なイベントを用意して、国の内外から訪れるお客様を待つ。大通会場では、今年7月行われる「洞爺湖サミット」のテーマに合わせた雪像が、いくつか登場する。
雪像1

4丁目会場では、「守りたい地球、子供達の未来」と、いうテーマの雪像が製作した自衛隊から主催者に引き渡すセレモニーが行われていた。
それと同時に、ほぼ製作が終わった雪像を撮影する、絵はがき専用のカメラマンが忙しく走り回っています。
雪像2

その向かいには、「ナルニア国物語」を題材にした雪像が、ほぼ完成段階です。
すでに、市内の小学校の低学年生が先生に引率され、開会前に一足先の見学をしています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日も快晴、朝から公園の散歩に出ました。公園1

犬の散歩をする人々が目立つ。北方面を振り返ると雪の白さと空の青さが美しい。
さすがに園内の道路は、綺麗に除雪が行き届いています。
テレビで見たイグルー(雪洞)つくりの場所を確認し、イベント広場を見ると「雪明かり会場」の看板を発見、夜の幻想的なムードが想像できる。
隣のコンサートホールKITARAとのコラボもぴったりで、是非夜の景色も見てみたい。
公園2

KITARAの建物に、松と雪は良く似合います。
今や札幌で行われるコンサート会場の中心になり、四季を通じて様々な芸術が鑑賞できる。
ごく当たり前のことだが、ヨーロッパのホールを参考に、札幌で初めてクロークが出来たホールでした。以外にもそれまでは、冬のコートを抱えてのコンサート鑑賞だったのです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

冬の初めまで、公園の池で泳いでいた鴨達を探しに出かけた。
目指すは鴨かも川だが、歩道が雪にさえぎられてなかなか川には近づけない。
橋の上であきらめかけていたら、一羽の鴨が体を丸めて岸の近くで、羽を休めていた。
鴨

さて、上流の方向を探して見たが見つけられない。護国神社の方へ渡りたいのだが、車道に積まれた雪にさえぎられて渡ることが出来ない。
一羽とはいえ出会えたことに満足し、散歩を続けることにする。
散歩

気がつけばここは南14条通りで、すぐそこに馴染みの店「○吉」が見えている。
公園の中は、快晴の空に暖かい陽射し、鳥のさえずりを聞きながらとど松の林を歩く。
穏やかな週末の朝の散歩に満足しながら、帰宅するのがおしい気がした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

仕事場から近く、帰宅途中にふらりと寄れるところに、「桜亭」がある。
桜亭1

カウンターにびっしりと置かれた、焼酎各種と泡盛が興味をそそる。
日本酒は、要冷蔵を含めて冷蔵庫に収納されている。
酒匠であるママは、常連さんに黙っていても好みの酒を出してくれるし、新入荷の物も奨めてくれる。新規のお客には、丁寧にお好みを聞きながら、詳しい説明を加えて選んでくれる。
また、お遊び風に「利き酒3点セット」も人気のようだ。
桜亭2

そして、ママの作るおつまみ料理も、酒匠であることから酒に良く合うものが吟味されている。
その中でも自家製ピクルスは、絶品!
ちなみに、私の好みは「タタミイワシとししゃも」で、日本酒に良く合う。
丁度今の季節は、初搾りや搾り立てが出ていて、日本酒や焼酎のヌーボーに出会える。
仕事で溜まったストレスは、ここで癒されるでしょう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。