2007年09月

2007年09月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨夜ロシア客船「マリーナツベタエワ号」は、小樽港を出港してホルムスク港を目指しています。やはり陽が短くなり暗い中の出港で冬の気配が感じられました。次回の予定は、10月22日留萌港に入り果物狩りや旭山動物園などを楽しんだ後、24日朝小樽港へ入港します。
さて一夜明けて、本日も快晴で「天高く馬こゆる秋」の空です。
公園1
中島公園の池では、子供がパンを持って鴨たちを集めているが、横でカラスがズルイ顔をしてチャンスを狙っている。
良く見ると春にはまだ赤ちゃんだった小鴨が、随分大きくなっていた。
公園2
こんなにも至近距離で鴨を見ることが出来るのも、子供達には貴重な体験でしょう。やはり生物を大事に、地球環境を真剣に考える機会は身近にあります。さて、やがて北へ帰る白鳥の渡りもそろそろ始まりますね。その頃は、サハリンとの定期フェリーの今年の運航も終了です。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日は朝から雨だったので、止むまで部屋で何かと出来る事をかたずける。燃料店の配達が来た頃には、雨が止んで快晴となり道路も乾いていたので、早速中島公園へ散歩に出かけた。
一週間振りの景色がやはり変わっていて、更に紅葉がすすんでいる。
いっきに秋が来てしまったようだ。
池
陽射しが暖かいので、今日はボートが出ている。
穏やかな土曜日だが、今日は午後から小樽へ行き「マリーナツベタエワ号」の出港手続きがある。時間を見ながらの散歩である。


東屋
いつもは無人の東屋だが、今日は人の姿がある。
芝生はぬれているが、雨上がりの匂いが心地よい。
さあ~小樽へ行く準備をしなければ・・・・。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

旨い食べ物+楽しい仲間+そして皆様の優しさに囲まれて、幸せだなあ~。☆ちゃんのお誕生会=Kちゃんいつも有り難う。
ビーツの生産者・ご参集いただいた皆さんほんとに有り難うございました。20070928131116.jpg
正直に言いますが、昨夜料理人は雰囲気に酔い+ろくに食べずにきつい酒を呑み自爆行為をしてしまい、本日はかなり弱っております。
そして昨日は、一枚も写真を撮っておりませんので、完成品はサハリンマンさんの写真を拝借します。

ボルシチ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日は☆ちゃんの誕生日で、約束どおり朝から料理人をやってます。
連休中に買出しした素材を並べて、いざ!野菜のカッテイングから始める。仕込み
いざ始めてみると主役のビーツだが、サハリンマンさんのどでかビーツと前回使用した熊本産Mちゃんビーツの残りを発見。
以外に保存状態が良いので、野幌産+熊本産をミックスしてみた。
自分で言うのもなんだが、旨そう!そして完成です。
ボルシチ
あとは、さまして「F」店へ配達準備です。
さて、一休みしてサラダ「ストリチナヤ」を造れば完成です。
スープ皿+スプーンを用意しよう。
本日18:00頃より「F」店で大誕生パーテイーが、盛大に開催されます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

小樽は朝から激しい雨と風+雷で最悪な天気でした。
09:00の入港が12:00過ぎとなりそれまでは、降ったり止んだり時には雲の切れ間からお陽様も顔を出したり、ともかくおかしな天気でした。
雨の小樽港
12:00過ぎマリーナツベタエワ号は、114人を乗せて岸壁を目指していたところ、またもや空は暗くなり雨が地面をたたき最悪の事態で、思わず玄門の監視員の建物に逃げ込んだ。
悪天候の中なんとか着岸し、入国手続きが始まる頃は小降りになり114名の手続きは、約1時間で終了。ロシア人船客の皆さんご協力有難うございました。出港は29日(土)です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

約1ヶ月ぶりに「マリーナツベタエワ号が113名をのせて小樽に入港します。小樽とホルムスクの気温差は約5度前後ありますが、現在果樹園が最盛期なので充分楽しんでもらえるはず。
小樽1
買い物は寒さに向かうため、おそらく冬物衣類の買出しが多いでしょう。
小樽2
ただ気になる事、入国手続きに指紋捺印が始まると聞いているが、その際混乱が無ければよいのだが・・・。
もう一つ、この待合室と船の着岸位置にかなりの距離があるため、特に冬は歩くロシア人船客にはつらいと思う。
小樽の関係者の理解と改善を願いたい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サハリン島のほぼ中心部スミルヌイフ(旧気屯)、終戦間際は日本軍とソ連軍の激しい戦闘があったところです。今は木材の集積地として周辺から集められる原木を、鉄道貨車で南部に運ぶ重要な基点となっています。鉄道や幹線道路から見る景色は、のどかな田園風景でいかにものんびりとしている。スミルヌイフ駅

3年ぶりに訪ねたスミルヌイフ駅は、外装が変わりすっかり美しくなっていた。かって駅前に住んでいた韓国系の知人もすでに他界していて、残る家には娘さん家族が住んでいる。
1991年からもう何度目か数える事はしなくなった。
カフェー

丁度昼食の時間になり国道沿いのカフェーに立ち寄った。情報として聞いていた昨年オープンしたところで、宿泊施設もあり建物の中には、大きななスーパーマーケットも入っている。
この地域にしてはしゃれた施設だ。注文した料理もまあ~まあ~で、冷えたビールも旨い。北へ向かう中間地点にある施設としては貴重なだけに、頑張って営業して欲しいと思った。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

10月上旬サハリンで「観光ガイド育成講座」を開催します。
長年の懸案だった観光ガイドのレベルアップを計るために、日ロフェリー利用促進協議会の全面的協力で、講座が実現します。
一回の開催でどこまで目的に近づけるか未定ですが、おそらくこの種の講座は初めての事、現地のガイド業に携わる人たちに多少なりとも影響を与えられば、今後のサハリン観光にプラスになると信じて、現在テキストのまとめ作業をしています。中島公園1
一区切りついて息抜きに公園を散歩。今日も晴天で気持ちがいい。池の景色はすっかり秋めいていて素晴らしい。涼しくなり来園者も少なくボートもいないが、この景色なぜか懐かしく感じられる。若かったころ季節の変わり目に同じ景色を見ていたような気がする。
中島公園2
園内の景色は、見るところを変えれば様々に楽しめて楽しい。そして空気が清々しい。
適度に散歩して外気に当り、さあ~テキストの最終仕上げだ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

昨夜はサハリン代表部の開設一周年パーテイーに出席、お蔭で懐かしい方と普段なかなか会えない友人に出会えた。
代表部のV嬢パーテイーの仕切りと通訳の二役を立派にこなしていた。
「大変お疲れ様」
さて二次会は「F」店。気分よく楽しく時間を過ごし帰宅。
初秋の豊平館

朝は快晴。久しぶりに中島公園に散歩です。季節ごとの豊平館の姿は美しく秋の気配。餌をまくご老人に池の鴨も芝生に上がるが、カラスが割って入るのでそれを真剣に追い払う。
しばし穏やかな風景に見とれていたら、結構きつい風が吹いたと思ったらぼとっと何か落ちて来た。見るとナナカマドがひととふさ。
ナナカマド

だいだい色に色づいたひとふさが足元に、嬉しくなって部屋に持ち帰りクリスタルグラスにいけた。癒されるお土産です。
さあ~11時。2年前東京へ転勤で帰ったMさんと昼食の約束だ。
昼間から駅近くの寿司屋でチラシを肴にビールと冷酒を呑む。
話に花が咲き結構呑んで、登別へ同窓会のため向かうMさんと別れ気になっていた床屋へ。
スッキリして帰宅。少しのんびりモードに浸ろうと思うが、日ハムが負けているので気になる。
明日は、ガイド講座のテキストを何とか仕上げて、夕方母のところへ行く予定。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ポロナイスク=ポベジノ間を走るローカル列車。
ローカル列車
この列車は朝ポロナイスクを出発してポベジノまで行き、夕刻戻る一日一往復のローカル列車です。
ポロナイスクは、この地方ではやはり大きな街として田舎から買い物などに訪れるひとも多い。また内陸の人々にしてみれば、海のある街に新鮮な魚貝類の買出しできる。やはり地方の大事な交通網です。1945年終戦当時まで樺太鉄道の終点だった「古屯駅」です。
ここから旧国境北緯50度線に向かう途中、様々な戦争の跡地と慰霊碑が見られる。

ポベジノ駅
今は穏やかな森林の中にあるひっそりとした街で、広軌化が進む鉄道の作業の前線基地、幹線道路沿いに北から液化ガスを運ぶパイプラインが敷設された。やがて北へ続く道路も舗装される予定です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ポロナイスク市の郷土博物館を初めて訪問した。
博物館
以前訪れたときにはまだなかったと思う。
まず1階フロアを見学に入ったところで、学芸員が説明を始めた。
植物+海の生物などなど、聞いている内にやはり北海道地方と殆ど同じ生態系で、見学者にとって全く珍しいものはない。
通訳者も一生懸命訳してくれるが、皆様だんだんばらけはじめた。
次のコーナーへ行きたいのだ。ここで仕方なく私が一言「すみませんが時間がないので、次へ進んでください」と。

展示物
やはり次のコーナーは、北方民族のコーナーで皆さんの興味をひく。戦前日本政府が民族隔離政策で、「オタスの杜」に北方民族を集めて生活させた所だ。その後ガイド無しで館内を巡った。
2階には姉妹都市北見との交流関係が展示されていた。
そろそろ時間を意識して館内を出たところで、学芸員がいてCDを勧められた。皆さん余り興味がなさそうなので立場上私が買った。
後で思ったが、民族関係のコーナーをじっくり見てみたい。また来よう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ユジノサハリンスクの住宅街にある近代的商業施設「メガポリス」は、市内で最初にエスカレーターを設備した事で、市民を驚かせた。
地上3階建てのテナントショップは、食料品をはじめ高級ブテイックやスポーツ用品、貴金属・化粧品店などが入っている。
メガポリス
2階には市内に最近出始めた「エスプレッソ」のコーヒースタンドもあり、味を覚えた若者達が集まる。
地下には高級レストランがあり、最近始めたランチバイキングが人気で、豊富なメニューの内容は、ロシア料理と韓国料理があり日本人観光客にも喜ばれる。
スイカ売り
外へ出るとこの周辺にあるルイノク(自由市場)があり、人通りが多い。この季節の名物スイカ売りがいて、買う事が決まれば試食もさせてくれて、良心的なサービスだ。
このような住宅街を歩くのも、ロシア人の生活に触れられるような気がして楽しい。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

本日のユジノサハリンスクの最高気温は21~23℃で、最低気温はなんと5℃というから驚きです。札幌でも最低気温は14℃くらいです。
北サハリンの内陸部では、もう紅葉が始まっていることだろう。
8月末ころには、すでに松茸を収穫したものを頂いた。今年はシャンピ二オン(白いキノコ)が多く採れているらしい。
と言うことは、落葉キノコも当然最盛期でしょう。風景1
先週から雨が降りその後晴れた日が続き、キノコが元気に生長します。
ロシア人のキノコ好きは承知の通りで、冬の保存食として昔から愛用されています。
風景2
「こけもも」を始めいろいろな木の実も、ジュースにジャムに加工され保存されます。もうサハリンでは、冬への準備が始まります。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日曜日の昼過ぎ大通6丁目広場を通りかかったらなにやら小集会が行われている様子。余り気にも留めずサハリンと緊急連絡のためオフイスへ急ぐ。なにやら外が賑やかになった様子だが、気にせず短時間で連絡を済ませ大通りへ出る。パレード1
先ほど見た集会が北大通りでパレードを始めたようだ。スローガンは「性差別を無くそう」、と言う事だがよく理解できない。男性の女装が目立ち、そこに男女の若者達が行列に加わってる。何か訴えたいことを見ようとするが判らない。
パレード2
先日「ゲイの日」について話題に出ていたが、それは確か4月4日のはず。参加者もそんなにも多くなく、見物するひともいない。ほとんど理解できず、写真だけ撮ってその場から離れてしまった。
どなたか、ご存知でしたら教えてください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

新千歳発ユジノサハリンスク行きの便は、本日約7時間遅れです。
今日は、友人が久々サハリンを目指すのですが、運悪く千歳で待機中です。現地の天候が余りよくないようです。


ユジノ駅前
出迎えの車の時間変更やホテルへの連絡、夕食手配のキャンセルと明日からのスケジュールの確認など、我が家で仕事をしております。私も何度も経験しておりますが、千歳で待機中のお客様大変お疲れ様です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

久々の休日で、家に居て普段出来ないことを、のんびりとしています。
たまに見るテレビも、次期総理大臣のネタばかりだが、すでに結果は決まってしまったようですね。
それにつけても、国の最高責任者がこれだけ短期間に代わる国は、わが国だけと思うと、外国人から見てどう思うのでしょうか。
山鼻電車通り
雨のお蔭で涼しいがもう秋の気配です。藻岩山もかすんで見えて、雨の景色をじっくりと見るのも久しぶりです。
路面電車
そこへ路面電車が来たので、思わずシャッターをきる。
のんびり過せるのも今日だけなので、しっかり気分転換を心がけて過そう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ユジノサハリンスク市民にとって、四季を通して親しめる場所のひとつ「山の空気」と呼ばれる展望台(旧旭山)です。
山の空気
この展望台は、市内の全景を見渡せる場所で、天気のいい夜は自然のプラネタリュームとなる。春山菜に秋のキノコなどに恵まれ、ちょっとしたハイキングも楽しめる。
冬はリフトも完成して、上級スキーコースとして利用される。

ガガーリン公園
ここも市民のくつろぎの場所、宇宙飛行士ガガーリンが入り口で手を上げている。中にはスポーツスタジアム・子供遊園地があり、週末や夏休みは大勢の人々でにぎ合うところ。
昨年桜並木が完成して、春の季節ともなると花見が楽しめるようになった。ご旅行の際是非お尋ねください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ユジノサハリンスクの市内は、訪れるたびに綺麗になって行きます。
ここは、駅前からレーニン通りへ向かう通りで、周りのキヨスクも改装され、シャンデリアが並びすっかりイメージが変わった。
駅前通り
ただこのあたりには、相変わらずピロシキ売りとひまわりの種を売るおばさん達が、朝から晩までじっとお客を待っている。景色が変わってもその様子は変わらない。
レーニン通りのオケアンは、今ではテナントが多く入った商業施設になっているが、ソ連時代は、街でも数少ない大規模なレストランだった。

オケアン
1階が海産物マーケットで観光客が必ず立ちよるところで、2階がレストランで、夜は特に生バンドが演奏するディスコでもあった。今では、19年前の面影は全くない。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

9月9日ユジノサハリンスクの記念日、歩行者天国となったレーニン通りでは、多くの市民が車道を歩き楽しそうな様子。
現在の美術館(旧拓銀)の前も賑やかに人々が、行き交っています。
旧拓銀
通りには、屋台が並び飲み物やピロシキが売られています。
子供達は、風船やぬいぐるみを抱えて笑顔ではしゃいでいます。
通りの向かいにある航空券発売所の前に、サックスを奏でるおじさんがいて、立ち止まる人も多くいます。
ミュージシャン
このオジサンは、普段でもここを舞台に演奏しているのですが、さすが記念日の今日はドレスアップしていて、なかなかいい感じです。私も写真を撮ったことで小銭を楽器ケースに入れてきました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

3泊4日のユジノサハリンスクの旅を終えて、本日チャーター機は旭川へ戻りました。ユジノ市は昨日一日中雨で、大変肌寒い気温の中、経済・友好・芸能などのコースに別れて、ユジノ市民と交流を深めました。
夜は、ユジノ市長ロプキン氏を始め重要なパートナーを招き、交流レセプションが開かれました。
さて、本日朝は雨の予報でしたが、以外にも晴れとなり各コースとも空港へ集合しました。ユジノ空港
短い滞在期間でしたが、SATのB-737機へ乗り込みです。
機内から

本日もクロパトコキャプテンの操縦で、快適な飛行です。
雲の上は晴れていて、余りにも雲が綺麗に見えるため、シャッターを切りました。まるで綿菓子のようで、青空とのコントラストにしばし見とれてしまいました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

この日は市内のいたるところで様々な催しが行われました。
大きな通りが歩行者天国になったお蔭で、レンタル用のお馬ちゃんまで登場し、街の中を歩きました。
馬
行進の中に現役い混じって退役軍人も元気に参加し、見物する市民から大きな拍手を貰っていましした。
行進

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ユジノサハリンスク市
開基125年・回帰60周年と言う二つの大イベントが、本日開幕しました。
開会式
本日12時に大多数の市民の行進から始まり、レーニン広場でセレモニーが始まりました。
開基125年だが、日本の豊原の時代はマイナス分は計算されていないようだ。
また、姉妹都市旭川との提携40周年も重なり盛大なセレモニーで、市内のいたるところで、様々なイベントが繰り広げられ、まさに市民のためには楽しい日曜日である。
もう一つのお祝い回帰60周年であるが、私達日本人出席者にとっては、取りあげられた立場からお祝いと言うことにはならないが、ともかく初めてみる大イベントの規模だった。レーニン通りと共産主義通りを完全にふさぎ、大歩行者天国に大勢の市民が繰り出し、今日の記念日を楽しんだ。日本からは、旭川・函館・東神楽から100名を越える市民が参加した。

レーニン広場

[RSS] [Admin] [NewEntry]

台風9号は、まさに道央地方を直撃かと思われておりましたが、13:00過ぎにサハリン航空B-737機は、多少の遅れで旭川空港に着陸しました。
旭川空港
この日の運航時間はなんと40分で、途中気流の関係から少々揺れはしたものの無事着陸。
但し外気温13℃と以外に寒く雨上がりの様子でした。
夕食お時間も気温は低く、多くの旅行者は早めに就寝されたようだ。
朝の気温はプラス2桁、皆様風邪など引かないようにお気をつけください。

旭川空港

[RSS] [Admin] [NewEntry]

旭川・ユジノサハリンスクの姉妹都市提携40周年記念行事のため、サハリン航空のB737便が本日旭川空港から飛び立ちます。
台風9号の影響で現在まだ不安が残りますが、とりあえずこれよりJRで、現地へ向かいます。
思えば北海道の空にA-24を飛ばし、旭川空港へ受け入れた事業が思い出されます。ユジノサハリンスク市役所
今日は、旭川から市長をはじめ公式訪問団・芸能関係・経済・友好交流など、様々な分野を目的に市民の方々が出発します。
サハリン州の姉妹都市の中では、両市はもっとも長い関係を続けています。台風の影響がない事を祈りつつこれより出発します。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サハリン州ポロナイスク市
ユジノサハリンスクから北へ288km、人口約2万5千人の工業都市です。
かつて日本時代も木材の積み出し港で、パルプ材が豊富なことから製紙工場も重要な産業だった。
南樺太鉄道の北の中心駅や機関区も、重要な役割を果たしていた。
旧鉄道駅
現在の駅から少々離れたところで、街の中心に近い日本時代の駅跡。訪れるたびに年々朽ちてゆく気がする。
かつては、女優岡田嘉子が国境を越える際に立ち寄った街。

王子製紙

久々に尋ねた王子製紙工場も、やはりどんどん姿が寂しくなっている。
撤去するでもなくただ昔の面影をとどめるだけで、年々みすぼらしい形に変わってゆくのだろう。
やはりこの街へ来ると寂しさが感じられてしまう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2007年7月7日は、婚姻届を出すカップルが役所に殺到しました。
ブライダル
ロシアでも結婚式は年々派手になりつつあります。
パーティー・衣装・リムジン・ビデオ撮影・花火の打ち上げなど、ブライダルビジネスも盛んになっています。
今年1月~7月に結婚登録をしたカップルは2,491組で、それに対して離婚は1,776組でした。
日本では北海道・沖縄が地域的に離婚率が高いようですが、サハリンもなかなかですね。やはり共通点があるようですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ヤッヤーッ!!!!
サハリンマンさんからのプレゼント「巨大ビーツ」が届きました。
種はサハリン産で、ご自宅の畑でしっかり育てられた貴重な野菜です。
ビーツ

ロシアでもこのような大きいビーツは見たことがないくらい大きい。
思わず「ネット販売」したら、と言ってしまうくらい素晴らしい!
再来週あたり時間ができたら「F」店で、ボルシチに仕上げてみようかと計画しております。勿論黒パンも用意しましょう。
関係者には、あらためてお知らせいたしますので、楽しみにお待ちください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ポロナイスク駅前で懐かしいジープに再開しました。
今ではサハリンでも、サファリ・ランクル・テイラノ等など日本製のジープが幅をきかせていますが、ソ連時代人々の憧れはこのジープでした。
SU-Z
1989年サハリンの観光コースを設定するため、このジープを借りて特に山・川・湖・遠距離を走り周り、現在のコースの原型を作りました。ともかくタフな奴で、沢や橋のない川などをゆうゆう渡り関心させられたことを思い出します。
その頃は迷彩色で、多分軍の払い下げだったかも知れません。
ただ、冬は暖房があまり効かないため、コートも帽子も脱げないまましっかり手すりにしがみついて乗っておりました。
「SU-Z」に久しぶりに出会って、最初に訪れた頃のサハリンと、当時お世話になったロシアの友人を懐かしく思い出しました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サハリン航路の出発点・間宮林蔵もここから出港しました。
稚内駅
1988年フェリー航路開設の為、学生時代から久々に稚内へ訪問して以来もう何回訪れたことか、今まで数えたことはありません。
1989年航路開設以来私なりに、この街の変化を見てきました。
漁船の往来・サハリンプロジェクト関係などが、多少落ち着き見せてきておりますが、今サハリンからの観光客が目立ち始めています。
稚内市が持ちえている経験を、今こそロシア人観光客の受入分野に発揮してください。週末のサンダルばき観光の実現を目標に・・・・。
稚内市

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ユジノサハリンスクでの買い物コースです。
ゲルメス
民芸品店「ゲルメス」は、サハリンで老舗のお土産店です。
サハリンに限らずロシアの代表的な民芸品を豊富に揃えて、お店を訪れる観光客を楽しませてくれる。店主の一人娘アンナちゃんは、日本語教育をうけ従業員も日本語を勉強する日本人に優しい店で、小物から高級品まで選べる。

スーパーマーケット
「スラビアンスキー・バザール」は、観光客にとっても食料品のお土産を選べる店です。
ウオトカ+コニャーク・ワイン+缶詰め類+チョコレート+お菓子類+パン+魚介類など、必ず立ち寄りたいところ。一部のクレジットカードも使え、スーパー方式で手にとって選べるのが便利です。

自由市場
売られているものは、主に市民の生活用品だがここも観光コースとして楽しみなところ。豊富な種類のキムチも評判で、季節ごとに出てくるキノコや山菜など市民の生活も覗けるようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。