サハリン

サハリン に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先週水曜日に航空機の欠航に遭い土曜・日曜にも飛行機は飛ばず
ようやく6日目の昨日待望のサハリン行きのオーロラ航空が飛びました。
急ぎホテルで準備を整え、午後から溜まってしまった仕事をかたずけに
飛び出しました。
とは言っても仕事の内容は、一つの建物の中であちこちに散らばっている
事務所を訪ねて、夕刻まで一息つきました。
ホテルに戻ったのですが、冷たい風が吹いていて気温も10℃を下回って
きましたので、夕食もホテルのレストランで済ませ就寝。
DSCN9476.jpg
明けて今朝の気温がー11℃で、さあ明日のハバロフスク行きを考えると残りの
仕事をかたずけるために出かけるぞ~!!。寒そう~です。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サハリン州南部の東海岸には、サハリン最大のトナイチヤ湖がありこの
一帯は、地元の人達にも外国人観光客にとっても観光の目玉のひとつです。
秋になると地元の釣りマニアの待望の秋サケ釣りが始まりました。
DSCN9311.jpg
最近許可制になった海のサケ釣りは、一日何匹かの許可を買いゴムボートに
載っての釣りです。
ただし、今年はサケもマスも極めて漁が少なくマニアも元気がありません。
DSCN9314.jpg
海から近くにあるイズメンチャイ湖では、9月から鴨撃ちが解禁になっており多くの
マニア達がテントに泊まり込みで、早朝と夕暮れのチャンスを狙っています。
すでに大量の鴨たちが居るように見えたが、これは鴨を集めるための「デコ」でした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

仕事の休みを利用して、オホーツク海方面へ出かけてみた。
街中の天気と違い小雨が降っていて肌寒く、海岸で釣りをする人たちを
観察しながらも、寒さに耐えきれず車に戻ったのだが、この日も漁業監視員
がいるらしくタラバガニ売りの叔母さんたちの姿も見えない。
戻りの途中イズメンチャイ湖の鴨打ち様子を見たのち引き上げる。
DSCN9352.jpg
そこでj間調整を兼ねていつもの釣り場へきて、早速小魚を釣り始める。
やはりいつもの年に比べて、魚体も小さく楽しみが少なかった。
それでもロシアの友人はめげずに釣りを続ける。
DSCN9355.jpg
その後、時間を気にしながらかねてから準備していたピロシキと、増野スープ
(ウハ)をいただく。
初秋のサハリンの郊外で、きれいな空気とおいしいアウトドア料理に満足。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

食欲の秋、前の晩は久々に長い付き合いの店主が居るとと聞いて
ロシア料理店で、季節の魚のおつまみやスープなどにVODKAで
満足でした。
一夜明けて予定通り山を目指して出発しました。
前の日と違いお陽様が心地よく朝のうちは、冷んやりとした空気で
した。車窓には、見慣れた景色が流れて行き1時間弱で林道へ突入
です。
DSCN9344.jpg
今年はサケやマスの漁が少ないために、この林道を行きかう輸送の
トラックが少ないようだ。
先週末降ったといわれる雨の水溜りが陽に映えて眩しい。
DSCN9349.jpg
エゾ赤松の林を散策して、おむすびとお味噌汁で昼食を済ませて、また
午後も林の中を歩き回り、疲れたところで早めにハイキングを切り上げました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

秋晴れの札幌を後にして、千歳空港から今月2度目のサハリンへ
向かいました。
道内の上空は、気持ちの良い快晴で車窓から見る景色も心地いい。
曜日の関係で今日のフライトは、DHC8で乗客は極めて少なく、時間も
ジェット機よりも遅い。
ジュースが配られて、くつろいだ後に気が付けば紋別上空まで来ていた。
DSCN9341.jpg
海面に当たるお日様が目に眩しい。
ここまでく来ると残りの飛行時間は、残り20分くらいです。
DSCN9343.jpg
この後サハリン島の南端が見えるころに高度を下げて行き、ユジノサハリンスク
空港へ着陸しましたが、こちらの空は2段に雲が重なりそこを突っ切って着陸して
みると、なんと15℃で風があり寒いと感じました。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。