カムチャツカ

カムチャツカ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

北海道新聞12月15日朝刊の一面で、カムチャツカ観光について
大きく取り上げていただいた。7月カムチャツカ 003
かつては新潟からハバロフスク経由で、続いて成田から夏場に限り運航で
したが、今年は成田からハバロフスク経由でした。
今年誕生した新航空会社「オーロラ航空」は、母体がアエロフロートで
サハリン航空とウラジオストク航空がジョイントして出来た会社。
機材と路線の拡張を行う段階で、是非とも新千歳かたの直行便を飛ばしてほしい。
本州からお客様も見込んで、サハリン経由でも良いと思う。
7月カムチャツカ 041
カムチャツカの世界遺産を。多くのお客様に楽しんで欲しいと思います。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

暑い地方の皆さん! もうひとつ涼しさをサービスしましょう。
気温20℃前後の涼しい風が吹き抜けるカムチャツカです。
カムチャツカ1
滑走路から見るアワチャ山とカリヤーク山には、まだ雪が残っています。
暇とお金があれば、ここの高地で景色を眺めながら、夜は星を眺めながら露天風呂に
入り、地ビールにスモークサーモンなんて贅沢なもんですね。
昼間は、健康的にトレッキングで汗を流し足腰を鍛え、この季節花々も最高です。
高地の美味しい空気を満喫したら、ひと気のない平原に下りてみよう。
カムチャツカ2
ここは、先住民族のキャンプ村で馬を育て犬を飼い、トナカイなどの動物の角や
毛皮から民芸品を作り、のんびりと生活しているかれらも羨ましい。
この近くの温泉の露天風呂もなかなかいいもんですよ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

夏の短いカムチャツカでは、夏にも解けない万年雪の山のスローもあり
水着でスキーを楽しむ人々も見られます。
日焼けか雪焼けか判らなくなりますね。
海の記念日1
夏の最大イベント「海の記念日」のステージの準備が、州政府庁舎横の
レーニン広場で行われています。
こうなるとレーニンさんの像も、絵になるよですね。
海の
やはりイベントにつきものはバザールです。
民芸品や子供のおもちゃなど、皆さんテントのお店をだしています。
その他海に関係して、「ウハー」魚のスープが無料で配られます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ロシアの東い位置するカムチャツカ半島の夏は短い。
半島の内陸地方を除いて南側の海に面した部分は、比較的気温は下がらない。
特にアワチャ湾に面した部分については、夏は穏やかな気候に恵まれている。
ご承知の通り火山の半島として知られる通りで、あちこちにある温泉が楽しみです。
7月の中旬から8月の中旬が夏の最盛期で、短い海水浴の時期を楽しむ人々の姿が
見られる。
ふわふわ
この時期を狙って急遽現れたのが、移動フワフワランドの施設です。
このような遊びが珍しいカムチャツカの子供たちには、数少ない遊戯施設です。
キヨスク
さてこちらは、子供達を引率すら立場の大人達のの為にも嬉しい移動用キヨスクで、
コーヒーもあれば、冷たいビールやスナックおつまみもある嬉しいお店です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

この春ロシアのカムチャツカ半島に渡ってくる渡り鳥は、ガンが約10万羽でカモが約100万羽
飛来するといわれています。
その多くは、日本列島からといわれ、福島原発事故による放射能汚染地区の上空を通過している
可能性がある。
ガン
ロシアの関係当局は、カムチャツカ半島で、飛来した渡り鳥を捕獲して検査を行なうと発表した。
その結果、今年の渡り鳥の狩猟を許可すかどうか検討される。
カム
カムチャツカでの渡り鳥の放射能検査は、昨年も春に行なわれているが、汚染は見つからなかった。
さて、カムチャツカへの観光ですが、昨年まで夏場のみチャーター運航していたウラジオストク航空
が、当路線から撤退したため今年の運航は予定されていない。
アエロフロート国際航空に引き継いでもらいたいが、今のところ見込みがないようです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。